幻のリサイタル

今はもちろん絶対に無理だし、五年後か十年後か?
いや、その時になっても無理だと思うんだけど
もし、仮に自分がリサイタルを開くとしたら?
なんて考える時があります。

もちろん、「入場料をとって演奏を聞かせる」
なんて腕前では、決してありませんから

ごく親しい友人、いままでお世話になった人、
これからもずっとチェロを習うであろう師匠、
そしてずっと騒音公害に耐えてくれた家族。

そんな人達に自分のつたない演奏を、もし聞いてもらえたら、
どんなに幸せだろうな、って思います。

場所は50人ぐらいはいるほんとに小さな
家庭的なホールで良いのです。

そんな幻のリサイタルのプログラム。
前半はビバルディのソナタ三番、
バッハ無伴奏1番(ほんとは弾く能力があれば5番がよい)
フォーレのエレジーかラフマノフのヴォカリース、

休憩、

後半はラフソナのみ。
ラフソナはほんとに自分のいちばん憧れの曲で生きている間に一度
はちゃんと弾けるようになりたい。

アンコールにはショパンの別れの曲か
カザルス鳥の歌そして、ほんとに最後に初恋。

ブルッフのコルニドライ、ベートーベンのソナタ2番
ブラームスのソナタ1番、メンデスゾーンの無言歌も
候補の曲だけど、これ全部は時間的に無理ですものね。

演奏がおわったら、1時間ぐらいワインを飲みながら
皆さんとおしゃべりする。

実現はまず100%ないとしても、
そんなことを時々夢みています。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-03-07 19:04 | Comments(0)  

ため息

エルガーのチェロコンチェルトは
チェロ弾きならば、
いつかは一度はチャレンジしたい(←いったいいつだろう?)
名曲。

エルガーには、他にも素晴らしい作品がたくさんある。
なかでもお気にいりの一曲は

「sospiri」

和訳すると「ため息」。

うっとりするような、
けだるいような、

そして気持ちの高ぶりを
すぐにぐっと抑えるような
物悲しい旋律。

ここで
d0010720_18321490.jpg
ジェフリーテイト盤の「sospiri」の
さわりを、ほんのすこしだけ視聴できます。
↑行って視聴10をクリックです。

アップした楽譜の下段の旋律が聞けます。



5分ぐらいのオケの曲ですが

なんとこれを
あのチェロの大先生、

そう、クレンゲル先生が
「チェロとピアノのために」編曲しています。

今日アップしたのがその楽譜。
エルガーの下に小さくKlengel という文字がみえるでしょうか?

これはたまたま楽譜を見つけていつか弾きたいと
ひそかに思っていますが
曲の中ほどで音程がすごく難しい。

音が一オクターブとぶ。
それがずっと続くので
音を正しくとれません。


でもいつかチャレンジしたい一曲です。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-03-05 18:34 | チェロ | Comments(27)  

散歩

午後の部の練習終わって散歩中です。モクレンがもう咲いている。本当に今年は暖かいですね。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-03-04 17:29 | Comments(0)  

携帯からの試し投稿

午後から都内で所用があり、今、快速の車内から携帯で投稿です。 九時過ぎから十一時過ぎまで、休憩無しで一気に練習。 ハ長調、ハ短調、ニ短調スケール三オクターブ。 48番、エレジー、クレンゲルのコンチェルティーノ、バッハ無伴奏1番プレリュード、サラバンド、メヌエット。それに、昨夜コメントに出たアリオーソ。 あと、初恋、ロンドンデリー。 ロンドンデリーは主題をsol Dで弾く練習。 携帯からだと、右親指に疲労が来ますね。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-03-03 12:10 | Comments(13)  

1000時間

↑は
1000日ではありません。
(最初間違って1000日と入力してしまった)

昨日、届いたサラサーテの「倶楽部チェロ」に、2月20日に浜離宮で
ベートーベンチェロソナタ全曲を演奏された、ルドヴィート・カンタさんのインタビューが掲載されていた。

その中で具体的な数字で、とても面白い、と思ったのが
下記のコメント。(←サラサーテ編集部の方、無断引用スミマセンです)

「チェロを一通り弾けるようになるまで、だいたい1000時間かかります。
毎日1時間練習して3年かかることになりますね。」


自分の場合、チェロ再開してから、平日はよほど早く帰宅できた日以外には
全く弾けないので
土日に練習する場合がほとんどだ。

土曜にも結構仕事が入る場合があり、日曜だけの時もある。
例えば、ちょっと多めに見積もって土日で毎週平均4時間弾くとすると
一年で192時間。1000時間までには、このペースで
丸5年かかることになる。
土日で2時間しか弾けなければ単純計算で約11年必要だ。

今年の1月から4年目なので、週4時間のペースを維持していっても
「一通り弾ける」ようになるまで、あと最低でも2年は必要になる。

この「一通り弾ける」ってのが具体的にどのレベルをゴールとしているのかは
不明だが、恐らくは
「有名なオケ曲のチェロパートや
あまり難しくないチェロソナタを弾けるようになる」
と解釈したい。

1000時間って多いのか少ないのか?

自分の場合18才から28才まででもうすでに1000時間は
弾いていたかもしれない。

しかし、25年ものブランクがあったので
再開したときは初心者とほとんど同じ状態だった。

師匠もそれを知っていたからウェルナーの開放弦から
レッスンをやり直ししたのだと思う。

現在のレベルを考えてみると
第8ポジションから上はあんまり自信ないし
親指ポジションもまだだし、
スピッカートの習得もこれから。

う〜ん、道のりは遠いけど、折り返しは過ぎたのかも知れない。
でも、折り返してからの方がしんどいからなぁ。
後半とばし過ぎて失速しないようにしよう。

ちなみに、カンタさんの愛器は
スカランペラー(1900年製)とのこと。

演奏会でもスカランペラーとても良く鳴っていました。
当日購入した、コダーイ、カサド、イザイの無伴奏のCDも
重厚な響きでダイナミックで凄く良かったです。

コダーイの無伴奏も、1000時間で弾けるようになるのかしら???
コダーイ弾くには5000時間ぐらい必要かな。

5000÷192=26
26-3=23

とすると週4時間のペースで弾いてあと23年もかかる。
う〜〜ん、頭がくらくらしてきた。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-03-02 12:15 | チェロ | Comments(8)  

41回目個人レッスン

一昨日、夜8時から41回目の個人レッスン。
まずは、ドッツアウアー48番から始める。

いろいろ指摘された中で一番「なるほど」と思ったのが
すべての小節で
「2拍目と4拍目の3連符の3つ目の音が弱く聞こえなくなる」
「3連符の最初の音と同じだけの音量と長さを保つように」だった。

また、2月26日にアップした譜面で説明すると

d0010720_11364938.jpg


譜面の最下段、
一小節目、ラ・ファ・レ・レ・ファ・、ラ・ミ・ド#・ド#・ミ・
の赤字の音がどうしても短くなってしまう。

自分ではまったく気づかなかった。

あとはG・D・A線の移弦をもっとスムースにするように。
弓の中央を使って円を描くような感じで。

後半の重音は前回よりは弾けるようにはなっていたが
やはり、「まだまだ」だ。

重音部分の6小節目はハイドンのチェロコン2番の
1楽章に同じところがあるので
「ここはハイドンのチェロコンの2番と同じですね」
と練習中にいったら
師匠「あっ、ほんとだ。同じですね」

ただ練習しているだけではつまらなくなってしまいがちな教則本の中に
有名なパッセージとの、共通箇所を見つけると、
すこしだけ?練習意欲が向上するかもしれない。

48番は3連符をスラーで弾くだけではなく他に3種類のボーイングパターンで
練習するように指定がある。

次回は、このボーイングで弾くように宿題がでた。

ドッツアウアーに40分ほどかかり、残り20分で
フォーレ、エレジーを見てもらう。

30小節~34小節の音符の長さが譜面どおりに
弾けていない、と指摘された。
ここはアウフタクトで弾き出し、附点や3連符、16分音符が
あって音の長さが微妙にくるいがち。

後半36小節の6連符の運指も変更した。
ここはとくに早いので、ポジション移動があると弾くのが間に合わないので
ポジション移動をできるだけすくなくするようにした。
確かにこの運指のほうがはるかに弾きやすい。

最後に先日購入したシベリウスのロマンスの出だしの弾き方を
聞いた。

ここはメロディなのでやはりポジション移動は大変だが
ド~~ラ~~シ♭~~ラ~ソファ~~レ~~ファ~~
はすべてA線で弾くようにとのこと。

ついでにLOEBのスケールの教則本

買ったことはなしたら
師匠「あっ、それはものすごく勉強になるから
次回からさっそく始めましょう」
私「どこからやってくればいいですか?」
師匠「最初からできるとところまででいいですよ
私も昔さんざんやりましたよ」
といって師匠のLOEBの教則本を取り出し
みせてくれた。

見せてもらってビックリ。
そうとう弾きこんだのだろう。
紙はあちこち擦り切れもうボロボロになっていた。

あれほどまでに弾きこむのは自分には
はっきりいって無理だ。
でもスケールとアルぺジオーネはまだきちんと練習していないので
時間かかるけど地道にやっていこう。

なので次回はドッツアウアー48番、フォーレ「エレジー」
それにLOEBのスケールの3つ。予習が大変だ。

今日は、たまたま、午前中に所用があって一日休みをとった。
時間はたっぷりあるので、これから
さっそく腕を痛めない程度に練習開始。

ところで、昨日、発売になった季刊誌、サラサーテ

今号から、いよいよ「倶楽部チェロ」の連載が始まった。
イッサーリスのマスタークラスの記事もあるようだし
巻末の楽譜に
「ロンドンデリーの歌」のチェロ2重奏版がのっている。
今夜、届く予定。
どんなアレンジか、楽しみだ。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-03-01 11:38 | チェロ | Comments(3)  

写真位置修整

こういうブログはまったく初めてなので
まだどうやって写真を貼り付けるのか
良く理解できていない。

ロマンスの譜面とドッツアウアーの
譜面、それにチェロの写真を貼り付けたが本文の記載箇所と
位置がかなりずれていた。

今、ためしに編集作業で
位置をずらしたら、本来、
写真をおきたい場所に位置を
変更できた。

これで上から下へ何度もスクロール
せずに譜面がみられるはず。
不馴れなもので御迷惑をおかけしました。

今夜は一ヶ月ぶりに
個人レッスン。
通算41回目だ。

では行ってきます。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-02-27 16:20 | その他 | Comments(0)  

ドッツアウアー48番

昨日は本来なら大阪フィルの東京定期公演を聞きに行く予定であったが
指揮者の大植英次さんが、怪我のため、急遽、指揮者と演目が変更になった。

大植+大阪フィルによるマーラー9番が聞きたかったので
チケットは払い戻した。

実現していれば、きっと生涯記憶に残る名演になっていたであろう。
そう思うと、とても残念だ。
大植さんの回復を心から願っている。

午後2時から開演の予定だったので
もしサントリーに出かけていれば、昼過ぎから夕方まで
時間をとられる。

コンサートをキャンセルしたお陰で
昨日も、充分な時間をチェロの練習にとることができた。
といっても昨日は正味2時間ほど。

前回に続き、ドッツアウアー48番について
感じたことをすこし補足したい。

ドッツアウアー48番はD-mollの分散和音をスラーで弾く。
G,D,A線をスラーで滑らかに弾くので移弦の練習にも効果的。

スピードをかなり早くすると弓が飛び3連符をスピッカートで
早く弾く練習にもなる。

といっても、これはかなり高度なテクニックを要するので
まだ完全にはできない。

スラー、スピッカートいずれの場合でも
基本的に、左手の指はすべてG,D,A線を同時に押さえていなければならない。

さらに分散和音をスラーで弾くだけでなく、3つの音を同時に重音で
弾く練習にも応用できる。

例えば、譜面の最下段、
一小節目、ラ・ファ・レ・レ・ファ・ラ
     ラ・ミ・ド#・ド#・ミ・ラ
二小節目 レ・ラ・ファ・レ・レ・ファ・ラ・レ
はバッハ無伴奏2番プレリュードの最後5章節にそのまま応用できる。

d0010720_18584873.jpg


自分の場合、バッハ無伴奏2番プレリュードの最後5小節で
一番苦労するのが最初の小節の重音。
ラ・ソ・ド#の重音だ。

もしラ・ミ・ド#だけなら問題なく割合、楽にド#を3指でとれるが、
D線がミ(第1指)ではなくソ(D線4指)になると
A線のド#の3指が、どうしても低めにずれてしまう。

これは何度やっても同じ。
A線の3指が低めにずれる。

この場合、ド#の3指はできるだけD線ソの4指にちかづけなけらばならない。
自分にとって苦手なパターンのひとつだ。

この形もドッツアウアー48番に何度も繰り返し出てくる。
上段の1小節目の3拍目、4拍目だ。

明日は夜8時からレッスン。
早めに職場を出てもレッスンに行く前に楽器を弾く時間はないだろう。

「朝起きたらすぐに、いきなり楽器を弾いて
弾けるのが自分のそのときの実力」

大学時代の弦のトレーナーから何度も聞かされたが
確かにそのとおりだ。

何度も繰り返し練習し、弾けるようになったと
思っても、
いきなり弾いた時にうまく弾けないところはいつも
同じところだ。

こういう状態では
まだまだ曲が自分のものになっていないということだろう。

夕食後には久々にエルガーの
「南国にて」を聞く。

バルビローリの演奏が一番すきだが、昨夜はガーディナー+ウィーンフィル。
軽快なリズムと華やかな響きそれに

中間部からのビオラソロの哀愁を帯びた旋律が特に好きだ。
次はホルンそしてバイオリンと順にこのメロディーが
歌われる。

まだ「南国にて」は一度もライブで聴いていない。
今度イギリスものを得意とする指揮者で是非聞いてみたい。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-02-26 19:08 | チェロ | Comments(2)  

待ちに待った週末

休日は
普段弾けないぶんまで弾こうとするので
どうしても弾きすぎてしまう。

今日は午後2時から5時まで休憩いれて
実質2時間半ほど弾いた。

調弦には久しぶりに音叉を使ってみた。
昔は電子チューナーなどはなく、だれでも皆
音叉を使って合わせたものだ。

調弦は本来、耳で聞いてあわせるもの。
「器械の針を見ながら目であわせるものではない」
というS氏のコメントには「なるほど」と思う。

最近は針が正しくふれているかどうか視覚だけに頼って
調弦している人が多いような気がする。

先日購入した LOEBのスケール早速やってみた。
C−durを3度重音で2オクターブ+レ、ミ、ファ、ソ、ラ
おっと、もうこのあたりでもう限界だった。

一昨日届いたシベリウスのロマンス、もいよいよ
音出しした。

予想していたとおり、
冒頭の主題はドをA線の一ポジの2指でとって
6ポジの2指のラまで飛ぶのは大変だ。
遅れないようにすばやい
ポジション移動が必要だ。

もう一方の弾き方、
6ポジの1指でD線のドをとるほうが音程が正確で
ストレスもない。

来週のレッスンでどっちがいいのか師匠に相談してみよう。

エレジーはこの前考えた運指で6連符弾いてみる。
確かにこのほうが以前よりもすこしだけ楽だ。

ドッツアウアーは49番も予習し2回通して弾いてみる。
ドッツアウアーの48番の冒頭はD−mollでレ・ファ・ラ
を三連符でスラーで弾く。第2ポジションを使ってレはG線4指。
ファはD線1指。ラはA線開放弦。拡張の形なので
どうしてもレ、とファが音程決まらない。

でもこの音3つを同時に弾くとあの響き。

そう。バッハ無伴奏2番、メヌエット1の冒頭と全く同じだ。
だからドッツアウアーはあなどれない。

師匠は
「バッハの無伴奏弾くなら、まずドッツアウアーを
しっかり弾けるようにならないと駄目」が口癖だ。

明日は2月17日の日記に書いた1)候補弓を楽器屋に返却しにいく。
2週間借りていて今の弓と弾きくらべたが、やはり購入するのはやめにした。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-02-25 00:29 | チェロ | Comments(11)  

譜面到着

2月20日に注文したシベリウスのロマンスとレリジオーソの譜面が
昨日とどきました。

出版社はデンマークのWILHELM HANSEN。
きっと北欧の作曲家の譜面を多く揃えている出版社なのでしょう。

シベリウスには隠れた名曲があります。
弦楽のための「アンダンテ・フェスティボ」もそのひとつ。
演奏時間が5分ほどの小品ですが、わたしのお気に入りの一曲です。

「祝祭アンダンテ」とでも訳すのでしょうか。
とてもゆっくりしたテンポで哀愁を帯びた旋律が
弦楽5部でからみあいながらユニゾンで奏でられます。
とても重厚で美しい響き。

キリスト教では人が亡くなっても
死は人が神のもとへ行ける祝祭。

なので「アンダンテ・フェスティボ」には
結婚式は勿論、告別式でもどちらでも演奏されても全く違和感がない
独特の響きがあります。
自分が死んだら、お別れの席上で流して欲しい曲のひとつでもあります。

北欧のチェリスト、モルクのグリークのチェロソナタのCD
に、このシベリウスのチェロ作品が収録されていました。

どれも佳作なのですが、中でも
4つの小品の中のロマンス(作品78-2)がとても
美しい。

初めて聞いた時から心を奪われました。
楽譜がないけれど、どうしても弾きたかったので、CDを聞きながら
採譜を試みました。
でも12小節で断念。

4/4で譜面に音符を書き込んでいったのですが、12章節目で
音符の長さがわからなくなったからです。

とどいた譜面を見て、納得。
12小節目まで4/4 で13小節目のみが2/4になっています。
これでは音符の長さがわからなるはずです。

d0010720_1954422.jpg


2小節のピアノの前奏のあとの主題。
ド~~ラ~~シ♭~~ラ~ソファ~~レ~~ファ~~
なんという美しい旋律。

この主題をどう弾いたらよいか考えています。

音程を正確にとるには
最初のドをD線の6ポジションの1指で押さえて
ラ~~シ♭~~はA線の2指3指という運指もありかなと思いました。

それともドはA線の2指で
そのあとフラジオ気味にラでラ~~シ♭~~はA線の2指3指と行ったほうが
自然なのかも知れません。

モルクの演奏を聴いていると、
どうも最初のドはA線で弾いているようです。
全部A線で弾く方が、旋律の流れに違和感がないです。

やはりすべてA線で弾かなきゃならないかな。
でもそうすると第1ポジションから第6ポジションまでの2指の移動を
すばやく正確にしないと。

ロマンスの一番のヤマ場、譜面5段目の
レ~~レレドレド、レ~~レレドレド、ドシ♭ドシ♭、シ♭ラシ♭ラ、ラソラソ
も盛り上がりそうです。

明日は土曜日。いよいよルイーズが弾けます。
両方の弾き方を比べてみます。

チェロ弾く楽しみがまた一つ増えました。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-02-23 20:00 | チェロ | Comments(33)