この人だったのか!



大学時代にはオケの全体練習が終わった後、弦楽4重奏で深夜まで遊ぶことがしばしば。
初期のモーツァルトの作品は譜面面はそれほど難しくはないので、
モーツァルトを弾くことが多かった。

そのころ演奏のお手本として良く聞いたのがバリリ弦楽4重奏団。
モーツァルトの全集を先輩がもっていて、
そのLPを迷演奏のあと酒飲みながら皆で聞いたりしていた。

モーツァルトの弦楽4重奏もハイドンセットになると、技巧的にも難易度があがり
チェロが活躍する場面も多くなる。

なかでもK465の不協和音はお気に入り。
一楽章冒頭のゆったりした八分音符の刻み。
2楽章の1stヴァイオリンとの掛け合いのフレーズ。
2楽章後半16分音符で
ファミファド・ファミファド・ファミファド・ソファ#ソド・ソファ#ソド・ソファ#ソド・・・・・・
と延々とつづいていくところ、
などなど、(ほかにもたくさんあるのですが)お気に入りの箇所をよく練習していた。

今から20年ほど前にエマーソン弦楽4重奏団がこのハイドンセット6曲をCDでリリース。
それ以来、ハイドンセットはこのエマーソンの演奏ばかり聞いていたので
自分の中では、このエマーソンのチェロ奏者の音の出し方や弾きかたが、
ずっ~と、モーツァルト演奏のひとつの基準というか
目標になっていた。

こんなふくよかな4分音符で響かせたい。
聞かせどころはこんな風にたっぷりと歌いたい。
など・・・・。

ところで、先日アップしたシェーンベルクの「浄夜」でチェロを弾いていた男性。
音も良いしチェロの弾きかたの雰囲気が凄く良くて
なんか・・とてっも上手かった。
実は・・あの映像みてから、すっかり彼に惚れてしまって
他にも彼の動画がないか名前を検索した。

「David Finkel cello」

そしたら・・・・

この方・・・

なんと・・・

エマーソン4重奏団のチェロ奏者でした。

あの「浄夜」の動画のチェロ奏者が、
自分がずっとモーツァルトで憧れていた音を出していたその人だったのだ。

エマーソン4重奏団はライブでは聞いたことがなかったし、
映像も見たことが無かったので、「David Finkel」さんのこと全然知らなかった。

その後、検索したらモーツァルトの初期の弦楽4重奏の傑作K173の動画を発見。

モーツァルトでは数少ないニ短調。
ハイドンセットのK421とともに有名な曲。
出だしの主題は、有名なディベルテイメントK136を短調にアレンジしたようなメロディ。
チェロは刻みとゆったりした裏旋律の弾き別けが難しいのだけれど
美味しいところがたくさんある。
この「David Finkel」さん、ほんとにいい雰囲気で弾いている。
ちらちらと1stやViola に目配せしてみたり、やはりチェロは弦楽4重奏の要、とこの映像みて思った。

12楽章はこちら



3,4楽章はこちら



4楽章のフーガはチェロから主題が始まる。

ちなみに、このK173はモーツァルトが17歳の時に作曲。

う~ん、いつ聞いてもこれはやはりいい曲だ。
[PR]

by hideonoshogai | 2009-04-24 12:40 | 音源 | Comments(6)  

Commented by チェロ右衛門 at 2009-04-25 13:29 x
hideoさま
いつも素敵な映像ありがとうございます。エマーソンの映像を初めて見ました。演奏は昔、FMでよく?やっていたように思います。名前しか思い出せませんが……。
Commented by スパン at 2009-04-26 12:16 x
弦四はいいですよね。ピアノトリオに次いで好きな編成です。
可能性が無限にある気がするんです。曲の構成も、演奏のスタイルも。
厳格でタイトでテンションの高い演奏も、サロン的和みを含む演奏も
どんなスタイルにも「音楽」があるという気がします。
Commented by keba at 2009-04-26 12:19 x
それにしても、こんなふうに「出会う」(再会かなぁ?)こともあるんですね。
Commented by hideonoshogai at 2009-04-26 22:07
チェロ右衛門さん、こんばんは。エマーソンはデビューしてからもう30年以上経つんですね。FMで演奏がよく流れていたのは知りませんでした。私も映像は初めて見ました。今度来日公演があったら是非聞いてみたいと思います。
Commented by hideonoshogai at 2009-04-26 22:13
スパンさん、こんばんは。弦楽四重奏はほんとに奥が深いと思います。モーツアルトの初期なんか譜面づらはすごく易しいけど、音楽的にはすごく難しくて・・いろんな弾き方ができます。もちろんエマーソンとかバリリとかの演奏とはレベルが違うけど、初心者が弾いてもそれなりに楽しめるところが素敵ですね。
Commented by hideonoshogai at 2009-04-26 22:16
kebaさん、ほんとに自分もびっくりしました。エマーソン弦四のCDはハイドンセットしかもってなくてずっとそればかり聞いていました。
こんな形で出会うとは。これもネットの力ですね(笑)
それにしてもFinkelさんのチェロかっこよすぎます。

<< 週末 たけやぶやけた >>