チェロよ歌え!

先日のチェロアンサンブルで
丸山泰雄さんが1st solo 、芸大同期の渡邉辰紀さんが2nd solo を
弾いた
ソッリマの「チェロよ歌え!」 -2つのチェロと弦楽の為のバラード(チェロ8挺版)ー
の旋律が頭の中をぐるぐるまわっています。

実はこの曲気に入って会場でCDを購入し、通勤時にずっときいていました。

動画を検索したら
作曲したソッリマが1st solo 、ヨーヨーマが2nd solo を弾いている動画がありました。



左端がソッリマ、右端がヨーヨーマ。
あつい演奏ですね。6:50でソッリマが絶叫している!

この演奏ではチェロ10本で弾いています。
先日の演奏はわざわざチェロ8本と書いてあるからオリジナルは
チェロ10本なのかも知れません。

この曲はほとんど知られていないので
以下、CDの解説からコピーです。

「ジョヴァンニ・ソッリマはイタリアの名チェリスト、マリオ・ブルネロの作品提供者として著名な
チェリスト兼作曲家。ブルネロに献呈されたこの曲は、2挺のソロ・チェロと弦楽合奏のための作品。2003年12月の日本初演には丸山泰雄がソリストとしてブルネロと競演。・・・・
・・・・・曲は3連符の刻みにのってテーマの予告が現れ、やがて2挺のソロ・チェロが人声を思わせるようね妖艶な絡み合いを展開する。(動画の1:20,3:23,7:57)・・・・
2挺のソロ・チェロによる技巧的なカデンツァがひとしきり奏され、テーマの再現を経て急速なコーダにはいり、最後は勢いを減じて静かに曲を結ぶ。」


ソッリマのソロも動画もありました。
サンタ・マリア・ディ・ソリナ
どういう意味だろう?
ソッリマ、すごく柔らかくて綺麗な音をだしていますね。




ソッリマの演奏は初めて見ましたが
なんだか弾き方や表情がブルネロとすごく似ているような感じがします。
[PR]

by hideonoshogai | 2009-01-14 18:46 | 音源 | Comments(8)  

Commented by ninja at 2009-01-14 23:37 x
コメントが一瞬のうちに消えました。
ブルネロとソリマの演奏、聴いたことがありますが、すごく親密は感じがこの曲に合っていて、魅力的でした。
日本でもいろんな人が弾き始めていますね。辰紀さんも菊地知也さんと弾いた事がありますね。
Commented by pearblossom at 2009-01-14 23:54
このメンバー凄いですね。こんなコンサートやってしまうなんてやっぱりヨーロッパって凄いなあと思います。ソッリマさんが絶叫している場面、もう音楽と魂が一体化してるようでゾクゾクしました。ソッリマさんもソロの映像見ると、温かくておもしろい人柄が伺えますね。
丸山泰雄さんの演奏ますます聴きたくなってきました。
Commented by mototyo at 2009-01-14 23:59 x
あ、その丸山さんとブルネロが弾いたとき行きました。ものすごく印象に残っていて、私の中では丸山さんの代名詞は「ソッリマ弾いた人」です。
Commented by hideonoshogai at 2009-01-15 00:12
ninja姉、こんばんは!せっかく書いたコメントが投稿前に消えちゃうのはショックですよね。ブルネロとソッリマは、日本でこの曲演奏したことがあるんですか?二人なら雰囲気がピッタリですごく良いでしょうね。ソッリマってまだ来日してないのかと思ってました。
辰紀さんもこの曲いろんな方と演奏されているんですね。辰紀さんの音も艶があって、ほんとに見事でした。
Commented by hideonoshogai at 2009-01-15 00:19
mototyoさん、↑の日本初演を聞いていたんですか!その頃はソッリマもブルネロの事も知らなかったです。記念すべき演奏会をきいていたもとちょーさんが羨ましいです・・。
今年は是非、丸山さんの、ソロを聴きに行きましょうか。
Commented by hideonoshogai at 2009-01-15 00:23
pearblossomさん、こんばんは!ソッリマのソロの映像は弾き始める前と後のギャップが大きくて、なんだか面白かったです。すごくそわそわして落ち着きなく、弓をこっちにしたりあっちにしたり・・・。
でもいったん弾きはじめたらもうまるで別人。それにしても凄いメンバーですね。動画とっている人もヨーヨーマをほとんど映さずにソッリマだけのアップが多いし・・。ソッリマのソロをライブで聴きたくなりました。
Commented by チェロ右衛門 at 2009-01-15 09:44 x
hideo様本年もよろしく。一昨年だったか、ブルネロさんの演奏会でソッリマさんの曲を聴いてすごく惹き付けられたので早速見ました! 日本でお会いしたい!
ところでサンタ・マリーナ・ディ・サリーナって長靴の指の付け根、足の甲部分にあるサリーナ島で、西欧の金持ちさんがスローライフを楽しみに行くらしいです。こんな所で聴きたいなあ! 昨年渡辺辰紀さんの演奏を聴けたのも嬉しかったです。
Commented by hideonoshogai at 2009-01-15 12:41
チェロ右衛門さん、こんにちは!一昨年のブルネロというと私も墨田トリフォニーでラメンタチオを聞きました。ジャズっぽいところもあり声を出したりほんとに体全体でノリノリで弾いていましたね。
サンタ・マリーナ・ディ・サリーナって地名なんですか!情報ありがとうございます。確かに客船かなにかの上で弾いていますね。
こんなリゾートでのんびり過ごしてチェロ弾いたら気持ちがいいでしょうね。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

<< 1cm=7000Kcal 初コンサート >>