ジュリアン・ラクリン

昨夜のBSハイビジョンクラシックでヤンソンス指揮コンセルトヘボーを聴きました。バイオリンがラクリンでブラームスのコンチェルト。一楽章の途中から聴きましたが凄くスケールが大きくてダイナミックな演奏でした。解説の黒田恭一さんも、まだ34才なのに巨匠の域に達している、と絶賛していました。 ラクリンは昨年のグリークガラで初めて演奏聴きましたが、とにかく熱い演奏です。今度ライブを聴きたくなりました。コンセルトヘボーは巧いオケですね。二楽章のオーボエソロも絶品でした。コンチェルトの後はブラームス三番。この三番は、一四楽章は激しくて 二三楽章は美しくて大好きなのですが、素晴らしい演奏でした。三楽章のチェロ綺麗でした。四プルトだけでしたがNHKホールを十分鳴らしていました。さすがです。


追記2008.11.24
NHKのHPで検索したら、12月1日BS2で0時40分から再放送されます
かなり「激しい」系のヴァイオリンなので、好みが分かれるかも知れませんが、
自分は凄く好きな演奏です。
ブラームスのコンチェルトの後にアンコールでバッハ無伴奏パルティータ2番から
サラバンドを演奏したのですが、これがまたあの熱きブラームスを弾いたのと同じ人の
音か?と思うぐらい内省的で深い音色で自分はびっくりしました。
このラクリンのブラームスとバッハはほんとにお奨めです。


ラクリンの動画、検索したらたくさんありました。
ロストロポーヴィッチやマイスキーとの室内楽が一番多かったけど、
音色からこれをアップします。

ショスタコービッチ「馬あぶ」からプレリュード。ヴァイオリン2重奏。




[PR]

by hideonoshogai | 2008-11-23 13:13 | Comments(4)  

Commented by スパン at 2008-11-23 20:49 x
NHKラクリンのプログラムは、たしかへボウのあと
イタマール・ゴランと組んだリサイタルをカップリングしていると思うのですが、このプログラムがとにかくブッちぎりですごいんです。
(評判がいいのか、この秋にもう何度も再放送しています。)
言葉で説明するような音楽を越えてます。とにかく「すごい」の一言。
また再放送されるんじゃないかと思いますので、その機会には是非
ご覧になってみて下さい。

ゴランは伴奏ピアニストですが、現役プレイヤーのMyベスト3に入ります。

Commented by hideonoshogai at 2008-11-24 11:10
ゴランとのリサイタルは聞き逃しました。そんなに凄かったですか?12月1日にブラームスの再放送があるので、その後にまたあるかな?今度は必ず録画します。情報ありがとうございました。昨年5月ベルゲンでのグリーグ・ガラのグリーグのヴァイオリンソナタも素晴らしい演奏でした。ちなみにその時の伴奏はアンスネスでした。ゴランはそんなにいいですか?ゴランは知らなかった。今度から注意して聞いてみますね。
Commented by hideonoshogai at 2008-12-01 23:08
ガ~ン!録画失敗です。何故だろう?ちゃんと予約しておいたのに。
Commented by hideonoshogai at 2009-01-02 00:11
スパンさん、明けましておめでとうございます。ゴランとラクリンのリサイタル、見ましたよ!大晦日にETVで昨年のクラシック特集を放送していて、その中でサンサーンスの「序奏とロンドカプリチオーソ」やってました。ほんと・・凄かった。ゴランのピアノもラクリンに負けないぐらい激しかった!あれをライブで聴いたら、びっくりでしょうね。
今年はゴランに注目したいと思います。情報ありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いします。

<< マリオ・ブルネロ 私の好きな曲 2 >>