人気ブログランキング |

体が2つ欲しい

先ほど、知人のSさんから職場に電話が。

交換からSさんの名前を聞いた途端
あっ、またN響定期のチケットかしら?と思いました。

というのも、Sさんからの電話は、
Sさんが忙しくてN響の定期に行けない時にしか、かかってこないのです。
自分が結構コンサート好きなのをご存知で、まず自分のところへ
連絡がくるのです。

電話つないでもらうと、案の定
用件は今夜のチョン・ミョンフン指揮N響のマーラー9番のことでした。

でも今夜はサントリー・ホールでハーディング指揮のマーラー6番を聴きに行くんです。

サントリーがなければ、もう、チョンミョンフンのマーラー9番の
チケットは喉から手がでるぐらい欲しいのですが。。。

体がふたつあるなら、両方聴けますが、
ほんとに残念なのですが、、
丁重にお断りしました。

一年に1回か2回こういうことがあるんです。
同じ夜にマーラー6番と9番が、どちらも素晴らしい指揮者とオケで演奏されるとは!

こんな贅沢なプログラムなんて滅多にありません。
それが同じ夜に重なるとは皮肉なものです。

明日もマーラー9番ありますが、明日は午後3時まで講習会があるので
NHKホールまで行くのは無理です。

チョン氏のマーラー9番聞いてみたかった!

ところで今夜のサントリーの東京フィル定期ですが
昨年ハイドンのチェロ・コンチェルト1番のソロを弾かれた
ルイジ・ピオヴァーノさんが客演でチェロ首席を
弾かれるのだそうです。
 
ピオヴァーノさんがチェロを弾く様子を眺められるので
今夜はコンサートの楽しみが2倍になりました。

すこしだけですがリハーサルの映像を見られます。

by hideonoshogai | 2008-02-15 14:15 | 音楽 | Comments(0)  

<< 東京フィル第748回サントリー定期 本日レッスン(53回目) >>