人気ブログランキング |

夕張メロンオケ おまけ

昨日までのレポートで書ききれなかったことがあります。

今回の夕張メロンオケ、指揮者の菊地先生と後輩のH君以外は
まったく知らない人ばかりだったのですが、
そんな中で多くの人と自分との間にいろんな接点があることが
判明しました。

改めて、世間は狭いな、と思いました。

新千歳空港で搭乗までの間に仙台のHさんとお茶しながらいろいろお話してい
ました。Hさんは以前は東京ムジークフローでチェロを弾かれていて
現在は仙台にお住まいなのだそうです。

Hさんの現在のチェロの師匠はM○K○さんとのこと。

あれっ、どこかできいたことがある名前だとおもったら
自分が大学時代に小学生のチェロ弾きと一緒に合奏したことが
あったのですが、その小学生がまさに仙台のHさんの師匠であることが判明。

これにはほんとに驚きました。いま、お年は40台後半だそうですが
合奏したのがもう34~35年ぐらいまえなので、当時は小学生でも今は
40台の年齢になっているのですね。

あとはバイオリンのNさん、某国立大学をリタイアされておられます。
そのNさんの専門はすごく特殊な分野です。
自分が勤務している職場で15年以上一緒に働いていて7年前に某国立大学へ
栄転したOさんの専門分野がまさにそれ。

でNさんに、もしやと思って

自分「Oさんのことごぞんじですか?」と伺ったら
Nさん「ええ、よく知っていますよ」
自分「ほんとですか!!Oさんとは、ずっと15年ぐらい一緒に仕事して先週も会った
   ばかりですよ」
Nさん「えっ!、そうでしたか。それは意外ですね」
    「こんどOさんに会ったら、夕張メロンで一緒に演奏したことお話しますよ」

で最後にチェロのOさん。
参加者名簿に千葉県とあったのですが、今回ずっとおなじプルトで
練習・演奏しチェロアンサンブルもご一緒させていただきました。
現在のお住まいはY市なのですがご実家がなんとF市とのこと。
自分も今同じF市に住んでいますので、ほんとにご近所であることが判明。

ほんとに、世間は狭いです。

by hideonoshogai | 2007-07-20 16:33 | 夕張メロンオケ | Comments(0)  

<< ロストロポーヴィッチを偲ぶ会 夕張メロンオケ詳細レポートーその3- >>