人気ブログランキング |

夕張メロンオケ詳細レポートーその2-

第2日目

6:00 ホテルには温泉がありました(露天風呂つき)。前の夜は風呂にはいらず休んだので、朝風呂で眠気をしゃきっとさせました。

9:00~12:00全体練習
 ニュルンベルグのマイスタージンガー(オリジナル版)
と学生オケのためにアレンジされた簡易版のマイスタージンガーを
弾きくらべる。簡易版はやさしい。難所がまったくない。でも
マイスタージンガーとして聞いてまったく違和感がない。

ここで菊地先生が持論を展開。
子供のオケで難しい曲を暗譜させて弾かせている指導者がいるけど
あれは全然子供のためになっていない。
子供たちのためではなく自分の名誉の為に演奏させているだけだ。
本当に音楽をおしえたいなら、難しい曲を弾かせるのではなく
もっと基本的なところをトレーニングしなきゃならない。

これにはまったく同感でした。自分が住んでいる千葉県は
小学生から高校生までやたらオケが多いのですが、
ほんとに難しい曲を弾かせるのですよ。
すごく有名なS先生とかがいて、いちどNHKで
S先生の特集番組みましたが、指導法を見ていてすごい違和感を覚えました。バイオリンを弾く小学生の右手をS先生がもって弓を弦に叩きつける場面がありました。
「ベートーベンはもっと激しく叩きつけるように弾かなきゃダメ!!」
     小学生はすごくおびえているように見えました。

自分たちが大学時代に菊地先生にまず最初にうけたトレーニングは
ティルマン・スザートの4声の舞曲。
アップ・ビートとダウン・ビートをいかに弾き分けるか
そのためにはどういうボーイングで弓どの場所を使って弾くか
ということ徹底的に教え込まれたことを思い出しました。

休憩後に

運命4楽章
ベルリオーズのラコツィ行進曲(楽譜にはハンガリー行進曲とかいてある)

13:30~15:00本番1回目

まず威勢のよいマイスタージンガーを演奏。練習の時よりもみなのっていたようで良い音していました。
次は運命の1楽章と4楽章を解説つきで。
1楽章の冒頭の「ジャジャジャジャ~~ン」を譜面どおりに
弾くとどうなるか、実際に弾いてみせて、なぜフェルマータが必要なのか市民の皆様に解説されていました。
あとは主題の影にかくれて聞こえていないパートがあるけど
実際にはそのパートが曲の構成上すごく重要な役割を演じている。
ということを解説するために、まずチェロパートなしで弾いて
チェロパートだけ弾いて、また全体で弾くというようなことをして解説しました。で、なんと4楽章の例の3連符の難所を、金管の主題の陰にかくれてチェロはこんなに大変なことをやっているのですよ。
とチェロだけであの難所を弾かされました。あれは疲れた!!

運命4楽章が終わってから
先生がお客さんに
「元気がでましたか?」と話しかけたら
最前列の70代の男性が「とても元気がでました」と答えてくれて
その一言はほんとに嬉しかったです。

その後は
威風堂々とアンコールでラコッツィ行進曲。
威風堂々では最後のチェロの主題で譜面を見失い
一番かっこいいところが弾けなかったのが悔しかった。

15:00に演奏会終了。
どっと全身に疲れが。
その後待ちに待った夕張メロン半玉をいただきました。
お代わりはできたのかもしれませんが、自分は半玉でやめておきました。

15:45~17:45
本番の後の練習はきついですね。
運命の2楽章と3楽章。
やはり一番難しいのでたっぷり時間をかけましたが、
自分はやはりちゃんと弾けなかったですね。
全体練習に臨む前にきちんと弾けないところは、本番直前になんど
練習してもやはり弾けないことを再認識。
18:00~18:20は有志メンバーによるモーツァルトのモテット。

18:30~20:00まで打ち上げ。
赤ワインをグラス2杯いただいたらもうかなり酔いがまわってきてしまったです。
インスペクターをつとめていたピカリンさんに声をかけ
「チェロアンサンブルをやりましょう」と誘いました。
ピカリンさんは普段はバイオリンとビオラが専門ですが
一年前から密かにチェロもさらっていて、アンサンブルデビューを
目指していること、彼のブログの書き込みから情報を知っていたからです。

宴会の途中から各自スピーチをすることになったのですが
トランペットのOさんに「菊地先生と同級生の○○さん、まず最初に一言お願いします」と言われ指名されたのにはびっくり。

菊地先生は自分より、17歳年上です。
菊地先生慌てて「彼は同級ではなくて教え子です」と訂正してくれくれました。

21:30~23:30
ピカリンさん、自分、千葉のOさんでチェロアンサンブル。
メンデルスゾーンのクリスマスキャロル。
見上げてごらん夜の星を
アベベルム

途中から札幌のNさん室蘭のOさんが参加し
ゴルターマンのレリジオーソ。
で16日の本番前にロビーコンサートでチェロアンサンブルをやること決定。曲は見上げてごらん、とアベベルムの2曲。

23:40アンサンブル終了後速攻でお風呂に入り
「さあ今日はねるぞ」と思って部屋へもどると
同室のNさんとSさんが話しこんでいて自分もその話に参加。

25時に「じゃそろそろ休みましょうか」ということで
ベッドにもぐりこんだらその日はなんと真っ先にSさんが鼾を。
続いてNさんも鼾を。なんと鼾の2重唱。
さすがに昨夜寝ていないので、自分も眠ったのですが

3時前にまた鼾で目が覚めてしまって、それから
また朝の6時までひたすら鼾に耐え忍んでいたのでした。
さすがに二晩連続の睡眠不足は堪えました。

3日目へ続く。

by hideonoshogai | 2007-07-18 18:21 | 夕張メロンオケ | Comments(6)  

Commented by mototyo at 2007-07-18 21:01 x
いびき対策は、なんと言っても、先に寝て先にいびきをかくことです。はい。
Commented by ninja at 2007-07-18 21:23 x
メロンレポートのおかげで、メロンの食べ方の常識が覆され、私もメロンを半割り強、いただいてしまいました!いっぺんにではないですよ。
あ~、でもお腹一杯。
お見舞いにいただいたメロンが食べごろになったのでつい。。。
夕張ではありませんが、美味しいアンデスメロンでした。
Commented by mototyo at 2007-07-18 22:54 x
お見舞いではたと思い出した。ninja姉、腰のおかげんはいかが?
Commented by ninja at 2007-07-18 23:13 x
連休中安静にしたおかげで7割は回復です。ご心配ありがとうございます。さっき恐々チェロを弾いてみたら、案外大丈夫なものですね。さほど負担はかからないみたいです。ほっとしました。
hideoさま、いびき寝不足回復に努めてくださいね。
メロン映像つかの間でしたね。なぜわかったかって?
I don't know why...but ,
瞬時に<hideoさんだ!>ってひらめきましたです。
Commented by hideonoshogai at 2007-07-19 16:34
mototyoさん、ふだんはすごく寝付きがいいのですが、やはり神経が高ぶっていて眠れなかったのでしょうね。実は、自分も鼾はそうとうひどいらしい(自分で聞いたことがないからわからない)のです。
普段まわりにどんなに迷惑かけているかよく解りました。
Commented by hideonoshogai at 2007-07-19 16:37
ninjaさん、腰が良くなってよかったです。これが「hideo
さんだ!」てひらめいたって、すごいインスピレーションですね。恐れ入りました。

<< 夕張メロンオケ詳細レポートーその3- 夕張メロンオケ詳細レポートーその1- >>