十勝の風景

十勝白鳥大橋のライブカメラの定点観測にはまったいることは以前にも書きました。

ライブカメラを観察し、「これは美しい!」「これはすばらしい!」と思った瞬間を
スクリーンキャプチャーで録りためてきました。
たった一枚の映像でしかありませんが経時的にこの場所の景色を眺めていると
映像から厳しい冬が終わりを告げ、生命の躍動感溢れる春の訪れを感じとることができます。

2月1日から本日4月15日まで録り貯めたスクリーンキャプチャーの中から16枚選んで
動画にしてみました。



1  2月1日 8時2分 厳しい寒さで川霧が出ています。霧の中をトラックが
   走っていました。氷点下20度ぐらいになると水温の方が外気温よりも
   高いので水上から細かい霧が発生し、霧になります。
   いつかライブで見てみたいものです。

2  2月2日 12時45分 タンチョウ鶴が餌場(中央の△)の近くに2羽います。
   ツガイでしょうか。画像が小さいので雪上のごましおのように小さな点としてしか
   見えないかも知れません。

3  2月8日 7時55分 雪の上に円形の地上絵が描かれています。
   どなたかが早朝踏み固めたものです。雪を冠った日高山脈が美しい。

4  2月9日 14時39分 墨絵のような光景。

5  2月14日 14時31分 タンチョウ鶴が4羽遊んでいます。
   ツガイが二組なのかツガイとその子二羽なのか想像が膨らみます。

6  2月23日 16時9分 この日は厚い雲に空が覆われていました。
   太陽が丁度橋脚の先端に重なりまるで巨大な裸電球のようでした。

7  2月24日 9時3分 タンチョウが一羽。仲間とはぐれてしまったのか、
   びっこをひいて脚に怪我をしているようでした。

8  2月25日 8時5分 円形の地上絵の上に直線状の地上絵が新しくできています。

9  2月29日 16時15分 猛吹雪が十勝を襲いました。

10 3月1日  8時47分  ライブカメラの前にも新しい雪が積もっていました。

11 3月1日  11時31分 3時間しか経っていないのに太陽でもう
                雪が融けています。

12 3月22日 8時37分 雪がだいぶ融け、地面が見え始めています。
               もうすぐ春です。

13 3月26日 5時12分 雪がほとんど融けた朝の景色です。幻想的な光景です、

14 3月29日 9時    雪が融けた。

15 4月10日 7時51分 春です。芝生の緑がだんだん濃くなっています。
               丹頂鶴の餌場(△)が片付けられてなくなっています。

16 4月15日 8時10分 空の雲が春の嵐を予感させます。
               この日の午後、十勝は20mを超える強風で
               一日大荒れでした。

BGMは⬇の4月の職場でのボランティア演奏からバッハ無伴奏です。
相変わらずヘタクソな演奏ですが、これも記録として十勝の風景と一緒に残しておきます。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-04-15 17:39 | Comments(2)  

Commented by ao at 2016-04-17 10:29 x
おはようございます。
画像見させていただきました。
同じ場所を同じ位置から撮っているのに、随分と色の変化が多様であることに一番関心致しました。
やはり色が出てくると、なんだかホッとしますね。
Commented by hideonoshogai at 2016-04-17 16:07
aoさん、こんにちは。見て下さってありがとうございます。
ライブカメラをフル画面で見ているともっと細かいところまではっきり見えますので、結構、楽しめます。
丹頂鶴は一番多い時で6羽一度に見れました。

雪景色が、春の訪れとともに緑色に変化してくるとホッとしますね。

<< 春のボランティア演奏 part3 春のボランティア演奏part2 >>