ベートーベンチェロソナタ全曲演奏会

ルドヴィート・カンタさんのベートーベンチェロソナタ全曲演奏会聞いて来ました。

カンタさんの第一印象。とても良い音を出すチェリストです。
見ていて驚いたのは、ほとんど弾きながらからだを揺らさないこと。
ほとんど無駄な体の動きがない。
ボーイングもうまい。
テクニックもほぼ完璧。

でも、体動がないのが、聞き手にどう伝わるかは
聴衆にとってはさまざまでしょうね。
僕は、ちょっと物足りないところが
たくさんあったですね。

もっと激しく弾いてほしい。
ベートーベンなんだから。
っていう箇所が何回もありました。

たとえば4番のアンダンテからアレグロヴィヴァーチェに移るところなんか
もすごく迫力不足って感じがしました。

ベートーベンのソナタは昨年11月にヨーヨーマで1,3,4番を聞きましたから
どうしてもカンタさんとマを比較してしまいます。
カンタさんには気の毒ですが。

決定的な違いはやはり音のインパクト。
音の強さ。
迫力。
これがマとカンタさんでは全然違う感じを受けました。
マは↑のアレグロヴィヴァーチェのところは、ほんとうに全身で
弾いていましたね。

ベートーベンのソナタ全曲を一晩で演奏するには相当の集中力と体力、気力が
必要と思います。
どこかで、集中力が切れるのではないかと心配していましたが、
2番のソナタの冒頭のなんでもないところで完全に一箇所落ちてしまった。
アダージョの7章節目の、僕が一番すきなところ、レ~~、ドーラ、シーソ、ラ~~ドラ
ああ、なんて美しい旋律だ!!と聞き入っていたら
次の章節の16分音符を3つ完全に弾き損ねた。
ふっと気がぬけたんでしょうね。

でも、オケの首席奏者ですからテクニックはあって
2番のロンドなんかすごく軽快にとばして
100小節からの難所なんか凄くうまかったですね。

全体に自然な弾き方で変な癖がないので
聞いていて疲れません。
6時半に始まって、休憩15分はさんで、8時45分には
5番がおわっていました。

でもこの一晩でソナタ全曲演奏会って企画いったい誰がかんがえたのでしょうね。
故・岩城宏之さんが大晦日に一晩でベートーベンの交響曲全曲を
演奏していましたが、
意外に岩城さんがカンタさんに
「おい君も一晩でベートーベンのソナタ全曲演奏してみたら、どう?」
なんてこと、言ったのがきっかけだったりして

でも↑は、あくまで僕の勝手な推測ですから。

CDは2枚購入しました。
一枚はダヴィドフ(有名なロシアの名チェリスト)の
チェロとピアノのための作品集。

全音から楽譜がでていて昨年から持っていたんですが
どんか感じかCDがあれば聞きたいとおもっていました。
今そのダヴィドフの作品集聞きながらこれ書いていますが
カンタさんやはりうまいです。

カサド、コダーイの無伴奏も買ったので今度ききます。
楽しみが増えました。

明日の大阪はどうなんだろう。
今夜、東京で大きな失敗をしたので
開き直って今日よりは良い演奏するような気がします。

ミスはあったけど2番が一番良かったような気がします。
ちなみに曲順は
1番
2番
休憩
3番
4番
5番
アンコールはぐっとムードを変えてジャズっぽい曲。
これ一曲だけでした。
やはり相当スタミナを使いはたしてお疲れだったのでしょうね。

ベートーベンは譜面づらは易しいところでも
ちゃんと聞かせるには相当の技量が必要だということを
再認識させられた一夜でした。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-02-21 00:01 | チェロ | Comments(6)  

楽譜注文

昨日、せっかく銀座ヤマハまで行ったのに
シベリウスのロマンスの楽譜が買えなかったので
今日、メールでK楽譜へ注文してしまいました。

自分は、他のことはかなりルーズなのにチェロのことに関しては
ものすごく行動がすばやいんです。
在庫がないとなると、なんとしても欲しくなってしまう性分なんです。

ロマンス(作品78-2)と一緒に作品78-3のReligioso も注文してしまいました。
早ければ明後日には楽譜が届くので週末には音だし出来ますね。

今からなんだかとても楽しみです。
新しい曲、あたしい楽譜を始めて弾く時ってわくわくしますね。

とろで、今日、これからベートーベンチェロソナタを聞きにいく
ルトヴィート・カンタっていう名前を以前どこかで
聞いたことがあると思っていたんですが。

実は石川県の某弦楽器専門店のHP上で
チェロを試奏している眼鏡かけて口ひげのおっさんがいて
彼がカンタさんでした。

故・岩城宏之さんにその技量を認められて
アンサンブル金沢の首席チェロ奏者に抜擢されたそうです。
岩城さんの追悼演奏会でも
「鳥の歌」を演奏したらしいですね。

カサドの無伴奏が結構良いらしい。
(昨日もヤマハにカサドの無伴奏の楽譜ありましたが
開いてみてすぐにこれは演奏不能と諦めました。)

カンタさんのカサドの無伴奏のCDは↑の楽器屋に注文すれば買えるようです。
今夜のベートーベンのソナタ聴いてから
買うかどうか決めましょう。
会場でCD販売しているかっもしれないし。

では行ってきます。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-02-20 16:06 | チェロ | Comments(2)  

教則本

昼間、都内で所用があり、5時前に終ったので
サントリーホールのチケットセンターで
2月25日の大阪フィルのチケットの払い戻しをし
その足で銀座ヤマハへ向かいました。

チケット売り場の御姉さまに
大植さんの怪我の具合はいかがなんでしょうか?
と尋ねたら、
事務所からは何も聞いておりません、
とのことでした。

銀座ヤマハでは
シベリウスのロマンスが欲しかったんだけど、
シベリウスの楽譜はひとつも在庫がなかったです。

↑は隠れた名曲ですね。
ロマンスといえばショスタコの映画音楽「馬あぶ」の中の
ロマンスもバイオリンソロで有名ですが
これはチェロ版の楽譜も出ています。でもショスタコの
ロマンスは難しそう。

シベリウスのロマンスはシュスタコほどは難しそうではないので
弾いてみたいんです。


ロマンスがなかったので
いろいろ楽譜を眺めてきました。

クレンゲル大先生の親指ポジションの教則本や
フルニエ版の無伴奏や、バッハのビオラダガンバソナタや

いろいろそそられたけど
結局、買ったのは

J. LOEB という名前の(パリのコンセルバトワールの教授らしい)
スケールの教則本。

すべての音に指番号がふってあってとても実用的だと
思ったのと、
3度、6度のスケールが3オクターブ各調であって
これは毎日の基本練習には必須と思って買っちゃいました。

師匠も以前スケールならLOEB だって言ってたような
記憶があるのですが、違っていたら、ショックだな。
6度の3オクターブスケールなんてちゃんと弾けるのかどうかわからないけど
これは練習あるのみです。(←かなり無謀だ by 自分)

明日は浜離宮ホールでベートーベンソナタ全曲演奏会聞きにいって来ます。
全曲を一晩で聴くのはかなり疲れそう。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-02-19 23:44 | チェロ | Comments(2)  

チェロ弓試奏してきました

弓の試奏に行ってきました。

いつもそうなんだけど、まず、最初に弾くのはC線。

C線を鳴らすには、けっこう力が必要で
腰の弱い弓では毛がへたってしまって音がでません。

できるだけゆっくりしたスピードで駒よりで弾いて音が
潰れないかどうかも重要なポイント。

あとはC線の1ポジのDを弾いて楽器の響きぐあい
特にD線の共鳴の程度を体で感じる。

これをやると腰の弱い弓は自然に除外されていきます。

勿論、今日、試奏した弓は以前一度弾いていて
↑はクリアしていて、でも価格が高いから
買うかどうか迷ったあげく諦めたんだけど
すごく気になっていたのでもう一度弾きました。

結論から先にいうと


買うのはやめました。

昨日の日記に書いた
1)弓と価格差が約3倍あるのに音の差はそれほどない

しいていえば音が明るく音量がある
あとは発音がいい、音の通りがいい。
でもほんの僅かな差でしかありませんでした。

今のメインの弓ともあまり差がなかった。

ということで
また弓探しは振り出しにもどりました。

やはりお金もっと貯めて
今の弓より2グレードぐらい上の弓が欲しいですね。
でもいったい、そんなお金がいつ貯まるのだろう(←かなり疑問)。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-02-18 23:20 | チェロ | Comments(2)  

大植さんがマラ9をキャンセル

2月25日にサントリーで大植英次さんが、手兵、大阪フィルとマラ9を演奏することに
なっていて、25日を心待ちにしていたのですが。

一昨日、梶本音楽事務所から一枚のファックスが届きました。
なんと、「大植英次は怪我のため、指揮ができませんので
代わりの指揮者がモーツァルトの40番とチャイコの悲愴を演奏します」ですって!!

が〜〜ん。ショックです。
大植さんのマラ9を楽しみにしていたのに。
マラ9が聞けないなら、チケット払い戻します。

とっても残念です。
でも、がっかりしている場合ではありませんね。

大植さんの怪我の程度はどうなんでしょうか。
指揮ができないほどの怪我というと右腕かな。
首かな。
足なら椅子に座って指揮するだろうし。

とっても心配ですね。

ところで明日はチェロ弓の試奏をします。
一年前から二本目の弓を探していて
あちこちでいろんなチェロ弓を弾いていました。

明日弾くのはフランス製の新作弓です。
12月に某弦楽器工房で弓フェアーをやっていて
たまたま弾いた3本のうち、一番、弾きやすくて
発音も良くて、弦に吸い付いて、音量もあって
とても気になっていました。

今もっている弓は一応
フレンチ・オールドなんですが
いままで、この弓よりも良い音がする弓には
出合ったことがなかったんです。
(勿論、値段が250万とか300万とかの
サルトリーとかラミーとかになれば話は別でしょうが
そんな高額弓にはとても手がでません)

でも明日弾く弓は今の弓の1.5倍の価格なので
12月の時には即決せずにじっと我慢し

もっと安くて良い弓があるだろうと
あちこち探しましたが、探した範囲では
ありませんでした。

2本目の弓になるので
1)今の弓と同等の弾きごこちで、音量も同じで
  価格がもっと安いスペア弓を探す。
2) 値段は多少高くても、今の弓よりも
  明らかに音量、弾き心地で優れている新メイン弓を探す。

1)は現実的なのですが、あんまり夢がないのですね。
仮に、1)弓を買っても同じレベルの弓を2本持つ事になるので
将来的にはきっと、もっと良い弓が欲しい
ということになるんじゃないか。
そんな気がします。

だったら、やはり多少お高くても
2)の方針で探すほうがよいのかな
っていう気持ちが強くなってきました。

明日は、今持っている弓と1)の候補の弓。それに2)の弓
の3本を引き比べます。1)は今の弓の半分の価格。
2)は今の弓の1.5倍の価格。
つまり2)の弓は1)の弓の3倍の値段です。

1)と2)に3倍の価格の差があるのかどうか
これは弾き比べてみないとわかりません。
おそらく値段の差がそれほどはっきり音の違いとしては
あらわれないでしょうね。

弾きごこち、操作性、音量、pppが楽にでるか
などで差がでるんだと思います。

ちなみに今の弓と1)の弓。
今日ICレコーダで録音して聞き比べましたが
それほど大きな差はありませんでした。
ある意味ショックでした。
だって、1)弓は価格が半分なのに音がほとんど変わらないんですから。

ただ弾いていて、勿論慣れもあるんだけど
今の弓の方が吸い付きがいい感触があります。

明日午後3時半からじっくり時間かけて試奏して
結論だします。

また明日以降に結果をアップします。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-02-17 21:57 | チェロ | Comments(2)  

はじめまして

はじめまして hideo です。

チェロにどっぷりはまった毎日を送っています。
といっても一日中弾いているわけではありませんが。

簡単に自己紹介すると
18歳の時(大学入学時)にチェロを始め大学オケで10年ぐらい弾いていました。

このときは先輩からほんのわずかな手ほどきを受けただけで
ほとんど自己流でチェロを弾いていました。
今思えばかなり無謀でしたね。
若かったからできたのかもしれません。
大学時代は授業そっちのけでチェロ漬け、オケ漬けの日々。

大学時代一番の思いでは、故石丸 寛さんの指揮で
フォーレのレクイエムとその翌年に第九を演奏できたこと。

あとはチェロ始めて3年目でチェロのトップまかされて
モーツァルトのピアコン23番を弾いたことかな。

他にも思いではたくさんたくさんあるのですが
かききれないので随時アップしていきます。


そのあと、
ずっと、ず~~~~と
チェロとは無縁の生活を送っておりましたが

2003年12月に何を思ったか
チェロをケースから取り出しところ
「コロコロ」と魂柱がころがる音が~~~。

さすがにあわてて修理に。
速攻で新宿のS弦楽器に行って
弓の毛替え、弦の張替え、楽器調整、
おまけにハードケースまで買ってしまって
10万ほど散財しました。

これを契機にまたチェロを再開することに。
で、チェロを弾いてみたら
全然弾けない。ボーイングも左手もまったくダメ。

それはそうですよね。
25年以上も弾いてなかったのですから(年がばればれ)

てなわけで先生を探し
個人レッスンを受けることにしました。
2003年12月18日に最初の
レッスンに行きウェルナーの開放弦のボーイングから開始。
2005年7月にウェルナーはめでたく終了し、
2005年12月から、ドッツァウアー2巻開始
今48番と格闘中です。
後半の重音が弾けない。音程がはずれる。

今年の1月から、めでたく(←何が?)
チェロ再開4年目になりました。

チェロのことがメインになると思いますが
思いつくままにいろいろ書いていこうと思います。

どうぞ宜しくお願いします。
[PR]

# by hideonoshogai | 2007-02-17 16:24 | 自己紹介 | Comments(9)