秋の鶴ヶ城

先週末、会津若松の実家にチェロを持って行って来ました。
来年90歳になる母は、このところだいぶ耳が遠くなったので、しっかり聞こえるうちに
生チェロの音を聞いてもらいたかったからです。

実家について簡単な昼食を済ませ
すぐにチェロを弾きました。

うさぎ
十五夜お月様
荒城の月
小さい秋みつけた
ジョスランの子守唄
故郷
見上げてごらん夜の星を
遠くへ行きたい
バッハ無伴奏

母はジョスランの子守唄が大好きで
最初はいきなり弾いたので「一緒に歌えなかった」と叱られました。
2度目と3度目は母に合図し、母の歌に合わせて弾きました。
すぐに機嫌が直り、喜んでくれました。
兄夫婦も一緒に聞いてくれ
兄には「無伴奏が一番良かった」ようです。

翌日、朝食後に鶴ヶ城を散策しました。
風が強くとても寒い日でした。お堀の水面が風に揺れ、まるで緩やかな川の流れのようです。
西出丸南側の内堀沿いをぐるっと東へ周り桜の広場、廊下橋を抜け本丸へ。
そして最後は荒城の月の歌碑まで。歩いた順に動画を繋げてみました。

今年の紅葉はあまり奇麗ではない気がします。

この動画に以前紹介したフカチョーバさんのチェロをBGMでつけてみました。
ブラジル風バッハは、この秋の寂しい風景にぴったりです。

こんな音が出せるようになるのは何時だろう。
いや、そんな日は永遠にこない気がします。



[PR]

# by hideonoshogai | 2016-11-02 21:41 | 家庭 | Comments(2)  

伊根へ

d0010720_15193231.jpg

d0010720_15193295.jpg

旅行に来る前の天気予報では、今日は雨になるとの事だったのですが、朝起きて見ると美しい朝焼でした。バスで伊根観光船乗り場のある日出まで移動し、観光船から舟屋を眺めました。これから京都に移動し夕方の新幹線で東京へ戻ります。
[PR]

# by hideonoshogai | 2016-10-22 15:19 | | Comments(0)  

成相寺と天橋立

d0010720_20433488.jpg

d0010720_20433523.jpg

嵐山駅から園部駅経由で天橋立に11 時30分に到着。観光船で一の宮に渡り傘松公園までケーブルカーに乗車し、天橋立を股覗きで眺めました。そこから、さらにバスに乗り成相寺(願いごとが必ずや成りあう寺)へ向かいました。船で天橋立に戻り、ビューランドからも天橋立を股覗きしました。 明日は伊根に行きます。
[PR]

# by hideonoshogai | 2016-10-21 20:43 | | Comments(0)  

常寂光寺の紅葉

d0010720_21165034.jpg

今日から夏休みをとり、京都に来ています。出発時間が遅かったので京都駅に到着したのは午後1時過ぎ。今夜宿泊する嵐山の近くの二尊院と常寂光寺を二時間ほど散策しました。赤く色づくのはまだまだ先ですが、もみじが綺麗でした。明日は天橋立に向かいます。
[PR]

# by hideonoshogai | 2016-10-20 21:16 | | Comments(2)  

遠くへ行きたい(チェロ・ソロ)

昭和37年5月NHKテレビ「夢であいましょう」で放送された
「遠くへいきたい」をチェロで弾いてみました。
この歌がヒットした頃はまだ小学生でした。
歌詞の意味が良くわかりもしないのに、この歌がとても好きでした。

冒頭のラシドミをA線の開放弦で弾くか、D線で弾くか悩んでいるところが
繰り返しの後、映像に一瞬写ってしまっています。
分かりにくいのでもっと詳しく説明すると(繰り返したので、2回目はA線の開放弦で弾こう、いや。やはりD線で弾こう
と考えていた)瞬間です。なので最初はA線を弾くつもりが瞬間的に
D線の4ポジションに戻りました。
後半の主題は全部A線の開放弦で弾きました。

スラーをどうつけたら良いかなどまだまだ未完成ですが
現時点の演奏記録としてアップしておきます。



ちなみに弦は
上からラーセン・ソリスト、プリム、プリム、スピロコア(クロム)で張り替えてから
3週間です。

遠くへ行きたい

作詞:永 六輔  作曲:中村 八大 歌:ジェリー藤尾

知らない街を 歩いてみたい
どこか遠くへ 行きたい
知らない海を ながめていたい
どこか遠くへ 行きたい

遠い街 遠い海
夢はるか 一人旅

愛する人と めぐり逢いたい
どこか遠くへ 行きたい

愛し合い 信じあい
いつの日か 幸せを

愛する人と めぐり逢いたい
どこか遠くへ 行きたい

[PR]

# by hideonoshogai | 2016-10-15 23:29 | チェロ | Comments(2)  

うさぎ

先月のボランティア演奏から、「うさぎ」をアップします。

リハーサルでは、2コーラス目をオクターブ上げて弾きましたが
緩和病棟では穏やかな響きの方が良いだろうということで
実際には静かな「うさぎ」として演奏しました。




上の演奏に対して、リハーサル時はピアノ伴奏も含めまったく違う雰囲気での
演奏となっています。


音楽療法士さんはいつも即興で伴奏をつけてくださるのですが
いつもこのピアノ伴奏にinspireされ、チェロの弾き方も変わっているようです。

オクターブ上がってからの音程が相変わらずきまらず
冷や汗ものです。

リハーサル音源の画像は福島県下郷町のなかやま雪月火です。

写真は
「ふくしまの旅 観光フォトライブラリ」
http://www.tif.ne.jp/houjin/photo/index.html
からダウンロードしました。
[PR]

# by hideonoshogai | 2016-10-02 09:30 | 音楽療法 | Comments(2)  

弦張り替え

来月のボランティア演奏に備え、土曜日に6ヶ月振りに弦を替えました。

いつも通り

上からA線:ラーセンソリスト
   D線G線:プリム
   C線:スピロコアクロム
です。

替える前は弦の劣化にはあまり気づかないものですが
張り替えるとやはり音が豊かで発音が良いので弦が相当劣化していたのが実感できます。
本当なら3ヶ月に一回替えたいところですがプロではないので
6ヶ月に一度にしています。

来週には弦が落ち着き、もうすこし音が豊かになるのではと予想しています。

弦を替え久しぶりに生録音したのでアップします。
⬇でアップした「鹿のように」です。
ピアノ伴奏がないとチェロの下手さが目立ちます。
特にハイポジションでのポジション移動に伴う音程の悪さが気になって仕方ありません。
八分音符は、もっと長めに弾いたほうが全体がたっぷりした感じになっていいのでしょう。
自分ではたっぷり弾いているつもりでも実際にはそう聞こえていないということですね。


[PR]

# by hideonoshogai | 2016-09-26 19:47 | 音楽療法 | Comments(0)  

鹿のように


先週のボランティア演奏で冒頭に弾いた
賛美歌「鹿のように」をアップします。



単純なメロディですが、とても心が休まる穏やかな曲です。
個人的にはオクターブ上がってからの音階のポジション移動で
音程が悪いところがあり、運指に修正を要します。

演奏後、聞いてくださったご家族から
「家路」に似ていると言われました。
冒頭のミ〜ソ〜ソ〜ミレド〜は
家路のミ〜ソソ〜ミ〜レド〜と全く同じなので同じ曲に聞こえるのは
仕方がないでしょう。

画像は、紅葉の五色沼と裏磐梯です。

写真はすべて
『ふくしまの旅 観光フォトライブラリ』
からダウンロードしました。
[PR]

# by hideonoshogai | 2016-09-24 09:52 | 音楽療法 | Comments(0)  

夕焼け小焼け・故郷(take2)

先週の緩和病棟でのボランティア演奏から、プログラムの最後に弾いた
夕焼け小焼け、と故郷を再度アップします。



前回6月の音源
と演奏の場所も録音機器も全く同じですが
チェロの響きが今回のほうがたっぷりしているように思います。
ちなみに弦もまったく同じで
上からA線:ラーセンソリスト、DG線:プリム、C線:スピロコア(クロム)
といつもの一番安価な組み合わせです。

演奏時間は前回が4分19秒だったのに対し、今回が5分で40秒も長い。
ボーイングが今回の方がゆったりしていたのでしょう。

画像は順に

夕焼けの磐梯山
夕日をあびる鶴ヶ城
花筏と廊下橋(鶴ヶ城)
紅葉の柳津虚空蔵様
紅葉の五色沼と裏磐梯

で、どれも会津で生まれ育った人間にとっては懐かしい故郷の景色です。

写真はすべて
「ふくしまの旅 観光フォトライブラリ」
からダウンロードしました。
[PR]

# by hideonoshogai | 2016-09-21 23:18 | 音楽療法 | Comments(0)  

小さい秋みつけた

先日の病棟でのボランティア演奏から「小さい秋みつけた」をアップします。
冒頭を語りかけるように弾くことを意識すると
どうしてもテンポがゆっくりになってしまいます。
最初はゆっくりでも、途中から少しテンポアップしても良いのかも知れません。

3コーラス目で1オクターブ上げて弾いていますが
ハイポジションになると1、2コーラス目にくらべて右手のボーイング
の幅が少なくなってしまいます。
どうしても音がぶち切れて繋がっていない。
音の伸びやかさが足りません。
これは次回への課題です。



伴奏をしてくださる音楽療法士さんは、私のチェロの音に反応して
いつも(伴奏譜面なしで)即興で伴奏をつけてくれますが、
3コーラス目での気持ちの高まりをうまく音に表してくださって
まるでコンチェルトでも弾いているような気分でした。

画像は、紅葉の名所、香嵐渓(静岡県)です。
[PR]

# by hideonoshogai | 2016-09-17 18:14 | 音楽療法 | Comments(0)