<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

今年のチェロのまとめ(2016年)

個人レッスンは、1月21日、12月1日、12月29日と昨年同様に3回のみ。
バッハ無伴奏3番プレリュードとセバスチャン・リーの
チェロ2重奏、作品60の6番を見ていただいた。
3月の発表会には今年都合により参加できなかった。

7月には、夕張メロンオーケストラに9年振りに参加し、カリンニコフの交響曲1番を弾いた。
夕張メロンオーケストラには来年も是非参加したい。
来年のメインプロは、ブラームスとの噂もあるので、今から楽しみだ。

職場でのボランティア演奏は、3月1日、4月12日(2回)、4月21日、6月26日、7月7日(2回)、9月13日、10月6日(2回)の計10回弾く機会に恵まれた。

毎回、患者さんとの一期一会がありそれぞれ思い出深い。
ボランティア演奏は、諸事情により今年で終了し、残念ながらもう職場で弾く事はない。
そんな想いの中で、最後のボランティア演奏として、
音楽療法士さんのピアノ伴奏で弾いた「ジョスランの子守唄」は生涯忘れられない思い出となった。

これまで、職場でのボランティア演奏は2011年12月から5年間で39回演奏した。
この5年間、こんな拙い自分にチェロを演奏する機会を与えてくれた音楽療法士Rさんはじめ
職場の関係者には心から感謝したい。

そういう訳で、今年、最後の音源アップは
10月の職場ボランティ演奏から、「ジョスランの子守唄」です。



12月には大分市のギタリストkaoさんとの遠距離コラボし、初めてギターとのアンサンブルをした。
来年は九州在住のギタリストの皆さんと共演する機会が増えるかも知れない。
新たな音楽仲間が増えるのは、今からとても楽しみだ。

この一年間、拙いブログを覗いてくださってありがとうございました。
それではみなさま, どうぞよい年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願いします。

[PR]

by hideonoshogai | 2016-12-31 22:22 | チェロ | Comments(4)  

ベラチーニのラルゴ

2013年の3月に一度アップしているベラチーニのラルゴを久しぶりに弾いてみました。

前回はコンポでオルガン伴奏を鳴らし、それを聞きながら録音していますが
今回はオルガン音源をヘッドフォンできき、チェロ音源を単独で録音し
Garage bandで重ねました。

なので音が前回よりも断然クリアです。



クリアになったので、チェロの粗も目立ちます。
音が繋がらない、音が切れる。音程が悪い。
音が潰れる。など反省箇所が多数ですが、現時点での記録としてアップします・

伴奏のオルガン音源はウィーン在住のチェリストPeter Profantから頂いたものを使用しています。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-12-23 13:15 | チェロ | Comments(2)  

ギターとの初コラボ

2年程前からこのブログを通じて知り合ったギター弾きのKaoさんと今月はじめにお会いし直接お話する機会がありました。

楽器はそれぞれちがっても、音楽や演奏の話題は共通で、約2時間があっという間に過ぎました。
そして今後「何か一緒に演奏できたらいいですね」ということになり
その第一弾として出来上がったのが本日紹介する動画です。

曲は、わたしが職場で頻繁に弾いてきた賛美歌「鹿のように」(as the deer)です。
まず、こちらから譜面(チェロの旋律のみ)をメールに添付してお送りしたところ、
すぐにkaoさんからギター伴奏譜とそのギター伴奏の音源が届きました。

ギター伴奏はkaoさんのオリジナルです。
このkaoさんのギター伴奏が何とも素敵で何度も何度も繰り返しききながらチェロの弾き方をイメージしました。

ドードーシラはA線で弾くのとD線で弾くのとふたつパターンがありますが
賛美歌のイメージで穏やかな響きの方がよいだろうとの判断で
あえてA線はつかわず、全部D線で弾いていみました。

録音したチェロソロの音源を昨年秋に習得した多重録音の方法で、
Garage bandでギター伴奏に重ねたものがこちらになります。

そしてkaoさんが音源を素敵な動画に仕上げてくださいました。



直接合わせたわけではないのでやはり細かいところでほころびがありますがご容赦ください。

[PR]

by hideonoshogai | 2016-12-23 12:48 | ギター | Comments(2)