<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

春分の日

春到来を感じさせる暖かな日々が続いています。
さて本日は3月1日の職場でのボランティア演奏から「朧月夜」をアップします。
前回「朧月夜」をアップしたのも2年前の3月20日でした。



「今回も前回同様、春分の日にアップ」と思い先ほどYou tubeに投稿したのですが
アップしてみたら、日付が3月20日ではなく、3月19日。
You tubeの基準時刻は米国時間なのでしょうか?

春の歌を5曲メドレーで弾きこれは一番最後に弾きました。
今回はしっかりイントロが入っています。

演奏途中でバックにはっている「ピ〜」というノイズは、患者さんの輸液ポンプの
警告音です。たまたま冒頭の「ファファレ〜」の「レ〜」の音にうまく重なってしまいました。
ライブ版なので他にもノイズがたくさん入っており、お聞き苦しくて恐縮です。


話はまったく変わりますが、実は、私もとうとう「がん患者」に仲間入りしました。
5年前から、年一回、大腸がんの便潜血検査を必ず受けていましたが
今年1月の検査で初めて陽性(2日法の2日目のみ異常あり)。

2月に大腸の内視鏡検査を受けたところポリープが4ヶありました。
3月にその中の一番大きな(9mm)ほどのポリープを摘出していただいたのですが
良性腺腫の中に早期の大腸がんが隠れていました。

幸い粘膜内に限局する「上皮内がん」で、リンパ管にも静脈にも浸潤がなく
切除断端にもがん細胞はいなかったので、今回の治療でほぼ「完治」です。

いわゆる「ステージ0」の早期大腸がんです。

勿論、自覚症状などはまったくなく、今年の便潜血検査で異常を指摘されていなければ
発見が一年以上は遅れ、確実にステージも進んだ状態で見つかったかも知れません。
今回は、たまたま、運が良かっただけです。

残りのポリープは半年後に予防的切除の予定です。

今回、大腸がんになったということは、自分もそういう年齢に達したということ。
次の、がんもまた必ずやってくるということなので、検診は今後も受けていかなければ
なりません。

当たり前過ぎますが、がんは早期発見、早期治療が第一です。
50歳過ぎたら、大腸がん検診を是非受けられるよう強くおすすめします。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-03-20 15:41 | 人生 | Comments(6)  

春の音楽のプレゼント

3月1日に職場(緩和病棟とE病棟)で3ヶ月ぶりにチェロを弾きました。


今回は、ひな祭り、春にちなんだ曲を前半に後半にはいつものバッハなどです。
9月に弦を替えて以来、ずっとそのままなので音が少しキンキンしています。
本当なら弦を替えてから演奏に臨んだほうが良かったのでしょうが
直前に張り替えると調弦で苦労するので替えませんでした。

プログラムは

うれしいひな祭り(さくらさくらのイントロ)
さくらさくら

早春賦
どこかで春が
春が来た
春の小川
朧月夜

バッハ無伴奏1番より前奏曲
家路

星に願いを
花は咲く

アヴェマリア(バッハ・グノー・クンマー)
春が来た(アンコール)

巡り逢い(アンドレギャニオン)
故郷

バッハ無伴奏1番(アンコール)
白鳥(アンコール)

当日の演奏から

冒頭の「さくらさくら」をアップします。



映像は前半が鋸南町佐久間ダムの河津桜、後半が鶴ヶ城のソメイヨシノです。
最初だったこともあってチェロは少し力みすぎ。
オクターブ上がってからの音程が冷や汗ものです。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-03-02 17:43 | 音楽療法 | Comments(4)