<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

今年のチェロのまとめ

なかなかまとまった時間がとれず、レッスンは4月と9月に二回のみだった。
4月はバッハ無伴奏4番、プレリュードとサラバンド。
9月は、ブレバール・チェロソナタ5番、1楽章(繰り返しの前までのみ)
    ブルッフのCanzone
ブレバールは、自分の最も不得手なパターンの曲であり、いまだにきちんと弾けない。
実は12月にもレッスンの予定だったが、体調不良(咳と喉の痛み)で前日に止むなくキャンセルの連絡をした。

職場のボランティア演奏は
7月に3回、12月に3回で計6回。
今年は昨年よりもずっと少なかった。

ちなみに、12月24日のクリスマス・イブのプログラムは
⬇の13曲。
これを午後2時からと午後3時40分から2回演奏したので
終わったらほんとにぐったりしてしまった。

野なかのバラ(ウェルナー作曲)
Amazing Grace
G線上のアリア(バッハ作曲)
アヴェ・ヴェルム・コルプス(モーツァルト作曲)
無伴奏チェロ組曲1番より前奏曲(バッハ作曲)
アヴェ・マリア(バッハ・グノー作曲・クンマー編曲)
アヴェ・マリア(ピアソラ作曲)
月の砂漠(佐々木すぐる作曲、加藤まさを作詞)
家路(ドボルザーク作曲)
鳥の歌(カタロニア民謡・カザルス編曲)
故郷
星に願いを(Harline作曲)
清しこの夜(Gruber作曲)

上記の曲の中から「月の沙漠」の音源をアップして
ことしのチェロ活動のまとめとしたい。




「月の沙漠」は子供心に「ラクダにのって砂漠を行く・・・のはとても不思議な世界だ」と思って
いた。今、この年代になって改めてじっくり聴くととても深い意味のある詩であることに気づかされる。これは童謡というよりも、熟年世代の為の歌に他ならない。
昔は良い歌がいっぱいあった。こんな歌が消えていかないようにしていかなければならない、
と最近つくづく思う。

今年も一年、この拙いブログを覗いてくださりありがとうございました。
それでは、皆様、どうぞ良い年をお迎え下さい。
[PR]

by hideonoshogai | 2013-12-31 20:39 | 音楽療法 | Comments(4)  

鏡の中の鏡

最近偶然見つけた不思議な曲です。
ピアノの単純な分散和音に続いて
チェロもただ音階をゆっくり弾いているだけ。
その音階も同じ音を上がったり、下がったり。
ただそれだけの曲ですが、とても魅力的な響きです。




でもこういう曲こそ弦楽器は一番難しい。
それに、これでけ同じ音が続くと
ピアノは自分がどこを弾いているのか迷子になりそう。
[PR]

by hideonoshogai | 2013-12-22 22:25 | チェロ | Comments(0)  

カウ゛ァティーナ

d0010720_16452885.jpg

横浜みなとみらい小ホールで、ウ゛ェーラ弦楽四重奏団の演奏会を聞く。ベートーベンの弦楽四重奏曲が今日の演奏で完結した。作品131は、死の前年に書かれた大作だけに、入魂の演奏で見事だった。アンコールは作品130からカウ゛ァティーナ。久しぶりに、生のカウ゛ァティーナを聴いて、心が洗われるようだった。今夜は、これから遠方より来たるチェロ朋とミニオフ。
[PR]

by hideonoshogai | 2013-12-08 16:45 | Comments(0)