<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

冬の旅

シューベルトの「冬の旅」のチェロ版の音源を見つけました。
演奏は勿論ですが、恋に破れた青年が雪に覆われた山を
弓を杖替わりにとぼとぼと歩いていくジャケ写のセンスも素晴らしい。

ドイツのアマゾンで購入できるようですが
独語があまりよく分からないのでこの「おやすみ」だけ
mp3音源にダウンロードして聴いています。

いろいろ調べたら「冬の旅」のチェロ版CDはNAXOSからもでているようです。


[PR]

by hideonoshogai | 2013-06-15 15:51 | 音源 | Comments(6)  

Mahler

このところ週末はでかけていることが多くあまりチェロを弾く時間がなかったのに加え
久々に風邪でダウンしてしまい普段あまり聴かない音源を聴く時間が増えました。
そんな曲の中からマーラーのアダージェットを自分でも弾いてみたくなり
今日録音してみたのでアップします。

実は、私のチェロ演奏を良く聞いて下さっていた患者さんが、
最期にこの曲をチェロで聞きたいとリクエストされたのですが
間に合いませんでした。その患者さんに捧げたいと思いアップしました。

フルオケの曲をチェロ1本で弾くには無理がありますが
スコアから旋律の部分だけを拾い出し、繋げて弾いてみました。
音程の悪さはいつもの事ながら
音符の長さがかなりいい加減の箇所がいくつかありますがどうかご容赦を。

弓はいつものCalvalho ではなくMorizot
こちらの方がすこし音が柔らかいです。



[PR]

by hideonoshogai | 2013-06-09 14:33 | 音源 | Comments(4)  

新緑の京都

金曜から一泊で京都へ行ってきた。
先週末の天気予報では週末は雨とのことだったが、
金土どちらも雨に降られなかったのは何よりだった。
31日(金)はむしろ日差し強く暑かった。

11時前に京都駅に到着し在来線に乗り換えまず二条駅まで向かった。
二条駅前のイタリアンレストラン「タヴェルナ・イル・ヴィアーレ」に
開店時間(11:30)に到着。
パスタランチ(通常のコースと一日10食限定のコース)をオーダーする。
カウンター越しの調理場でテキパキと若いシェフが調理・盛りつけていくのを眺めていると
美味しそうな前菜それにメインのパスタそしてコーヒーがこちらのペースに合わせ出てくる。
味はとても美味しくあの価格のランチとしては絶品だった。

昼食後まず向かったのは「もみじの永観堂」。
紅葉の名所は新緑も美しいので、一度この季節に「永観堂」を見にいきたかった。

永観堂は以前秋にきているが、はっきり言って人が多過ぎあまり良くおぼえていない。
今回はとにかく人が少なくたっぷり時間をかけてゆっくりと見て歩くことができた。


d0010720_1628863.jpg



総門を過ぎて塀越しにもみじを見る

d0010720_1628286.jpg


釈迦堂から庭のもみじを見る

帰り際に売店で三鈷(さんこ)の松葉を記念に頂いた。
三鈷の松とは、枝先が3本に分かれている珍しい松の古木。
この三鈷の松を持っていると「思いやり」「知恵」「慈悲」の3つの福を授かるとのこと。

永観堂から次の真如堂まで歩いて行く。
真如堂は永観堂よりも更に人が少なく
写真のようにほとんど境内には人影がない。

d0010720_16293186.jpg



やはりもみじの新緑が素晴らしかった。

真如堂から黒谷へ抜け道を進むと直ぐに
松平容保が京都守護職の時代に京の都で戦死した会津藩士のお墓がある。

d0010720_1630154.jpg



ここでしばらく墓石に刻まれた藩士の名前を見ながら時を過ごした。

夜は四条烏丸の「串たなか」で串揚げを頂いた。
12名がすわれるカウンターの中央でご主人が手際よくネタを一本ずつ揚げてくれる。
このご主人とても品があって誰かに似ていると思っていたが
何となくアンドレ・プレヴィンに雰囲気が似ている。
もう還暦は過ぎていると思うが職人技とも思える手際の良さで
出てくる串あげはどれも美味だった。

20種類の串揚げがこちらがストップをかけるまで一方通行で出て来る。

順不同だが

最初はもち
牛肉
エビ
豚バラ
パン
豚とネギ
トマト
ホタテ
つぶ貝
マッシュルーム
みつば
アスパラ肉巻き
かぼちゃ
アジ
とうもろこし
まいたけ
うずらの卵
チーズ
豚ひれ
最後に林檎
そしてデザートにショウガとグレープフルーツのシャーベット。
このお店は是非また食べに行きたい。

土曜日は岩倉の実相院門跡に向かった。

d0010720_16303441.jpg


ここは今まで一度も行った事がない。
お庭はこじんまりとしていた。
ちょうどこの日(6月1日)
石庭作りに一般市民が参加する「第1回庭づくりワークショプ」が開催されていて
数十名の参加者が集まっていた。

d0010720_16305589.jpg


実相院からは法然院に移動した。
法然院でもほとんど人がおらずゆっくり新緑を楽しむことができた。

d0010720_16312336.jpg


法然院から四条烏丸までバス、
四条烏丸からは阪急で大山崎の大山崎山荘美術館に向かった。

ちょうど6月2日まで春のコレクション
「フラワー・オブ・ライフ」が開催されていて
クロード・モネの「睡蓮」を3枚見る事が出来た。
モネの「睡蓮」は水面にうかぶ睡蓮の色と水面に移る空や雲の色合いが素晴らしかった。
中庭にもちょうど白い睡蓮が咲いていた。

d0010720_1632262.jpg


お庭の新緑も美しかった。

二階にはテラスがあり京都盆地を眺めることができる。
喫茶室では期間限定3種類のオリジナルケーキ
「桜の苺のケーキ」「バラとクランベリーのケーキ」「すみれとブルーベーのケーキ」から
私は「すみれとブルーベリー」を家内は「桜と苺」を頂く。

d0010720_16322211.jpg


修学旅行生でホームがごった返す午後3時半過ぎに
京都駅を後にした。

今回は1泊2日と短時間だったので訪ねる場所は限られたが
京都の爽やかな新緑と美味しい食事を堪能しリフレッシュできた2日間だった。

(今回のお昼と夜をいただきた2軒のお店はmorpheus cello さん
ブログでお奨めのお店です。
両店とも雰囲気、味ともにほんとに素晴らしかったです。
また行きたいと思います。ご紹介ありがとうございました。)
[PR]

by hideonoshogai | 2013-06-02 16:41 | | Comments(0)  

アンリ・ドマルケット

下の「無言のミロンガ」を弾いているチェリストは
アンリ・ドマルケットさん。フランスのチェリストです。

サンサーンスのチェロ協奏曲の動画がありました。


[PR]

by hideonoshogai | 2013-06-02 00:17 | チェロ | Comments(0)