<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

糖質制限ダイエットと糖負荷試験


毎年12月中旬に職場の成人病検診を受けている。
2010年12月の時点では体重が標準体重を16Kgもオーバーし、
空腹時血糖は113mg、ヘモグロビンA1Cが5.8と高めであり
75gr経口糖負荷試験(OGTT)でも境界型を示し糖尿病の一歩手前。

1年後の2011年12月には体重がさらに1kg増え空腹時血糖114mg
ヘモグロビンA1Cが5.9と上昇した。
勿論、75gr経口糖負荷試験(OGTT)では境界型だった。
さすがに、これでは危険ということで
2012年10月末から12月の検診に向け減量のための食事療法を開始した。

私が選んだのは、今、糖尿病の食事療法として何かと話題になったいる、糖質制限ダイエット。

一日に摂取する糖質だけをできるだけ少なくし、あとは普通に食べてよい、というのが簡便で魅力的だったからだ。
自分の場合、朝食はいつもトーストにマーガリン・ジャムをつけて食べるというのが習慣だったが
朝のトーストをやめ、チーズとヨーグルト、ゆで卵のみにした。
夕飯もご飯をやめおかずだけを普通に食べた。
昼は、日によっては主食を抜いたり食べたり(主食を食べる場合にはハムサンドが多いが)。
野菜サラダとヨーグルト、野菜ジュースだけ、そんな食事を約60日続けた。

この食事療法で、体重は6Kg減り、12月中旬の検診に臨んだ。
結果は空腹時血糖 105mg 正常値。ヘモグロビンA1C 5.7 高めだが一応正常値。
糖質制限ダイエットの効果は凄いと実感した。

ところがである、75gr経口糖負荷試験のデータをみてびっくりした。
糖負荷試験では2時間値がなんと206mgもあり、完全に糖尿病型を示していた。
過去の糖負荷試験2時間値は2011年が113mg、2010年が134mg。
今年に限ってすごい高値に跳ね上ってしまっていた。

食事に気をつけ体重も落し、体脂肪率も落ち、空腹時血糖、ヘモグロビンA1Cもともに正常化したのに糖負荷試験だけが極端な異常値を示し、糖尿病型。

そして検診の結果についてのコメントは、「糖尿について医療機関または主治医にて治療を受けてください」だった。

自分は昨年10月から糖尿病の治療に準じた食事療法をすでに行っており
空腹時血糖、ヘモグロビンA1Cもともに正常化したにも拘わらず
糖負荷試験だけが、異常値を示すのはどうしても解せない。

それからというもの、何故こんな結果になったのかいろいろ調べてみてある事実に気づいた。

それは75gr糖負荷試験は、ある一定の条件で行なわれなければ精確なデータを示さない
ことがあるということである。

そして、その条件というのが
「75gr経口糖負荷試験(OGTT)の実施にあたって正確な判定をうるには次の条件を守ることが必要である。糖質150gr以上を含む食事を3日以上摂取した後・・・」
である。

糖尿病の専門家が2010年10月に糖尿病の分類と診断基準に関する報告書を作成したが

(糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告PDF

http://www.jds.or.jp/uploads/photos/946.pdf  )

その中に(495p右段に記載)

「糖質150gr以上含む食事を3日以上摂取した後、早朝空腹時にグルコース75grを経口負荷し・・・略・・・
飢餓時や食事からの糖質摂取が少ない場合には耐糖能は低下する。」
との記載がある。
このことはまだあまり知られていないのではないか。

2時間値が異常に高かった原因はこれだ、と胸のつかえがとれた。

自分の場合、検診の直前ほど糖質制限を厳しくし糖質摂取が極めて少ない状態で検査に臨んだ。

一日に摂取する糖質が少なければ、体はこの糖質に見合ったインシュリンしか分泌しない。
インシュリン値を測定していないのでこれは推測でしかないが
ずっと糖質が少ない状態であった体にいきなり75grもの糖質を2,3分で一気に飲んだため
インシュリンの分泌が充分行なわれず、206mgもの高血糖になってしまったのではないか。

そもそも糖尿病の治療で一番大事なことは「高血糖にしないこと」である。

ヘモグロビンA1cは過去1,2箇月の血糖値を反映しているので糖尿病治療でよい指標になる。
これが低ければ血糖はよくコントロールされていると考えられる。

従来は血糖値(空腹時血糖126mg以上、随時血糖200mg以上、75g糖負荷試験2時間後血糖値200mg)の
いずれかが異常を示せば糖尿病と診断していたが

これらに加えヘモグロビンA1C値を用いた糖尿病の新たな診断基準が昨年から使われている。

国際医療センターの基準参照
http://ncgm-dm.jp/center/info_06.html

この規準によれば自分は糖尿病の治療をすぐに受けるのではなく一箇月以内に再検査
を受け、再度、75g糖負荷試験2時間後の血糖値が200mg以上であった場合に
糖尿病と診断が確定される。

しかし、もし再検査の際にも、糖質制限をして臨んだら、そう考えると、ぞっとする。
いやむしろ糖尿病型と判定されたことで過剰に反応し
むしろもっと糖質制限を厳しくして、再検査に臨み
またもや糖負荷試験で2時間後の血糖値が異常値(200mg/ml)を示してしまったとしたら、
再検査でも糖尿病型であることから、今の診断基準では残念ながら
糖尿病と診断が確定されてしまう。

こんなこと、あってはならないことではないか!

実際に職場の検診でも、試験をうける際の注意書きにこの糖質制限が検査に与える影響に関する記載は一切なかった。

例えば
「糖質制限ダイエットをされている場合には、少なくとも検査前は3日以上、一日150gr以上の糖質を含む食事をされてください。
もし、糖質摂取が不足していると、糖負荷試験で正しい値が得られない可能性があります」
ぐらいの注意書きをしたほうが良いだろう。

で、糖質150grってどれぐらいなのか改めて調べて見ると
これが結構すごい分量だ。

http://toushitsu.nobody.jp/list.html

ごはんなら茶碗で約3杯。
6枚切り食パンなら約6枚に相当する、

これはかなりの分量だ。
糖質制限ダイエットをしていなくても、肥満対策で糖質や炭水化物を
日常的にあまり摂取しない人がもし糖負荷試験をうけると
私の場合と同じ結果になる可能性があるということだ。

まして糖質制限ダイエットとしている人は夕飯で主食を抜く、または朝食、昼食でも主食を抜く場合がほとんどなので
糖質150gr以上を摂取することはないだろう。

結論というか今回の教訓として
糖質制限ダイエットを行っている時に糖負荷試験を受けると異常値を示す場合がある。
しかしこれは糖質を十分摂取しないで検査をうけたために偽陽性である可能性がある。
したがって、糖質制限ダイエット中に糖負荷試験を受ける際には適量(一日150gr)の糖質を最低でも3日以上は摂取してから
糖負荷試験を受けることをお勧めする。

ちなみに、私はまだ再検査は受けていないが、先週のある日の昼食後2時間半の血糖(
随時血糖)が92mgだったのであまり心配はしていない。

しかし、恐らくは、まだ、糖尿病境界型であることに変わりはなく、もうしばらくは(少なくとも
半年ぐらい)糖質制限食を続けていこうと思っている。
[PR]

by hideonoshogai | 2013-01-24 20:28 | その他 | Comments(34)  

聴覚過敏

明けましておめでとうございます。

昨年末に右顔面神経麻痺に罹患してしまい、瞼が閉じられない、パピプペポが発音できない、笑うと口元が醜く変形するという状態で新年を迎えました。
今年は本厄です。
二日にチェロを弾いてみて困ったのはチェロの高音がものすごく耳に響く事。
鼓膜の機能も低下し聴覚過敏になってしまったからです。
治るまで2、3ヶ月はかかるでしょう。すぐ耳栓を買い求めて、つけて弾いたら少しは響かなくなりました。
何だか前途多難な一年になりそうな年明けでした。
今年もチェロの事をメインにアップして行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by hideonoshogai | 2013-01-04 21:11 | Comments(4)