<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

毛替え

d0010720_23253485.jpg


Carvalho弓。
昨年12月に毛替えしてから、ちょうど半年たち、
毛がだいぶ緩んできたので毛替えしてもらった。
この弓は購入した時からもうすでに刻印のところのニスが薄かったのだけれど
(きっとかなりの人が試奏したからだろうけど、もともとニスがはがれやすいのかも)
この半年、汗でかなりニスが剥がれてきていたので
ニスも塗ってもらった。5回重ねて塗ったらしい。
でも塗りはサービスだった。

今月の職場ボランティアの音源をi-pod に入れ繰り返し聴いている。
録音は本当に正直だ。
弾いている時にはまったく気付かない
僅かな音程のずれ、
八分音符などの短い音が「チェロ挽き」になっている、
(特に「夏の思い出」の出だしの八分音符など)
音符の長さが短い(とくに符点4分音符)
など欠点ばかりがめだち
聴いていて、まだまだ、ダメだと思う。

あらためてプロの演奏と自分の音源を聴き比べると
一番の欠点は音のつながりがないこと。
音が柔らかくないこと。
今日はその辺を意識しながら2時間ほど次回ボランティアの曲を練習。
新曲が6つもあるのでちょっと大変。


明日はサントリーでベルリンフィルの12人のチェロ。
両陛下はまた聴きにおいでになられるだろうか・・・?
[PR]

by hideonoshogai | 2012-06-30 23:25 | チェロ | Comments(0)  

tanya tomkins 2

tanya tomkins cello で検索していたら
彼女が自らアップした無伴奏1番全曲の動画がありました。
投稿日は今月1日。
まだアップされたばかりです。



もう寝る時間をとっくに過ぎているのにとうとう最後まで見てしまいました。
この方のプレリュードはゆったりしていて好きです。
全体を通してとにかく躍動感が素晴らしい。
5番も見てみたいですね。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-06-19 00:09 | 音源 | Comments(0)  

Lachezar Kostov

今回、白鳥を弾くことでYou Tube の動画をたくさん見た。

以前紹介したAmyさんの白鳥も素晴らしいが
このブルガリアのチェリストも気にいった。



このLachezar Kostovさんいろいろ調べてみたら
来月来日され7月7日にチェロを演奏する。
なんとチェロ4重奏のバッハのシャコンヌ(渡邉辰紀さん 高橋 泉さん 富永佐恵子さん)もプログラムにあった。
このかた一度聴きに行ってみたい。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-06-18 00:29 | Comments(0)  

備忘録

備忘録
職場ボランテイア(8回目)終了

Pure water
G線上のアリア
アヴェ・マリア(ピアソラ)
主よ人の望みの喜びを

夏の思い出
浜辺の歌

川の流れのように
知床旅情
見上げてごらん夜の星を

峠の我が家
ロンドンデリーの歌

無伴奏1番プレリュード
家路
白鳥

故郷

15曲を1時間で弾く。

「白鳥」を無事弾き終えて正直ほっとした。
「白鳥」はこれまで人前で弾くことなど絶対にないと思っていた曲だった。
今回リクエストされたことで久しぶりにかなり練習したが本番が一番気持ちよく弾けたような気がする。

無伴奏1番もこれまでかならずどこかで事故がおきていたが、今回はソウルで購入してきたtanya Tomkins のCD演奏に刺激をうけかなりゆったり弾いた。今回はなんとか最後まで無事に弾けた。これまでの中で一番いい感じだったかも。
家路は今回もまた最初でつまづく。G線5ポジでミを取りにいくとウルフが酷いのでそれで音程が微妙に狂ってくるようだ。次回からは素直にD線1ポジのミで行こう。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-06-17 23:22 | 音楽療法 | Comments(0)  

美しき天然ー2-

オケ版の演奏があるか探していたら
フルオケの伴奏による声楽の動画がありました。
(ちなみにオケは東京フィルです)



改めて聴くと素晴らしいし詩、素晴らしい歌です。
そして日本語の響きがこんなにも美しいとは。

チンドン屋やサーカスの曲としてしか見ていなかった自分の認識
を反省しなければ・・・・
[PR]

by hideonoshogai | 2012-06-03 23:31 | 音楽療法 | Comments(0)