<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

ソルガベッタのモーツァルト

モーツァルトもこのように攻めのスタイルで演奏したい。
14分ぐらいから。
ハイドン1番の主題。そのあとファゴットとチェロのためのソナタ1楽章。
これぐらい大げさに弾いてみても音だけ聞いていたらちょうど良い具合なのかも。


[PR]

by hideonoshogai | 2012-05-20 21:03 | 音源 | Comments(0)  

備忘録


職場ボランティア(7回目)終了

Pure water
G線上のアリア
アヴェマリア(ピアソラ)
主よ人の望みの喜びよ

夏は来ぬ
夏の思いで

川の流れのように
知床旅情
見上げてごらん夜の星を

無伴奏チェロ1番 プレリュード
家路(ドボルザーク)

埴生の宿
モーツァルトの子守唄

ロンドンデリーの唄
故郷

15曲をちょうど1時間で弾く。

無伴奏1番はすごくいい感じで弾けていたが最後の最後で
突然左手の運指が一瞬わからなくなるという、到底かんがえられないような
ハプニングがおこる。いままでずっとこの曲は必ず弾いていたがこんなことは初めて。
暗譜しているはずなのに、譜面をちょっと見たのがいけなかったのか、集中力が一瞬途切れたのか。
とにかく本番ではほんとに予想しないようなことがおきてしまうことを身をもって体験。

次回は是非「白鳥」をと、リクエストされてしまったので、いまから凄いプレッシャー。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-05-19 23:13 | 音楽療法 | Comments(0)  

雲のパン

今年3月にチェジュドを旅行した際、朝食後ホテルでたまたま猫の兄弟(姉弟)が主人公のア
ニメを見ました。
幼児向け番組なので韓国語の発音がすごく明瞭で韓国語が苦手な自分にもとても聞きやすい。
二人の表情・セリフがとても可愛らしくて、二人と母親のやりとりだけでなく
祖母が母親に「そんなに子供を怒ってはだめ」と躾のありかたついてもさりげなく触
れていたり実に心温まるアニメでした。

実は先月の京都旅行でホテルに(韓国旅行客向けに?)KBSチェンネルがあり
それを朝みていたらチェジュドで見たアニメを放送していたのでびっくりしました。
「雲のパン」という名のアニメだということもその時知りました。

「雲のパン」で検索しましたがまったく見当たらず
ハングル語のタイトルで検索したところ↓のようにこの「雲のパン」の動画がたくさんみつかりました。

第一話があったのでアップしておきます。
猫の兄弟が雲のパンを母親に作ってもらうというストーリー。
この雲のパンを食べるとなんと体が浮遊してしまうのです。


韓国語オリジナル





英語版



ちなみに主題歌はこちら。




追記(2012・5・25)
家族の温かさ・思いやりを楽しく描いた人気アニメ。
韓国版「さざえさん」みたいな感じか・・・。
KBS world に5・22に詳しい紹介記事がアップされました。
こちらで見られます。

[PR]

by hideonoshogai | 2012-05-12 00:11 | その他 | Comments(2)  

祝典序曲

↓で演奏されたショスタコービッチの「祝典序曲」。
この曲を知らない方には、福島市音楽堂での金管の響きの凄さを想像できないと思うので
音源をアップしてみます。



福島音楽堂のアウローラの演奏会でバンダが加わったのは4:46あたりのフィナーレ。
トランペット5本、トロンボーン5本が加わり
両側の2階バルコニーからも凄い音が飛んできました。

当日はどんな響きだったか想像してみてください。

しかしこの演奏とても威勢がよくかっこいい。
どんどん前へ前へと突き進む感じが快感。
眠気をしゃきっとさせたい時に聞くとよいかもです。

4:11のバイオリンもかっこよい!!
[PR]

by hideonoshogai | 2012-05-11 12:20 | 音源 | Comments(0)  

懐かしい家、街、人々

d0010720_0284092.jpg

福島には11時に到着。大学時代に下宿していた家(大家さんはとっくの昔に家を手放した)がまだ取り壊されずに看板だけが不動産屋に変わっただけで古い家のまま残っていた。銭湯は取り壊され更地に。学生時代から馴染みの中華料理屋でお昼をいただき、マスター奥様と話しが弾む。福島音楽堂は内装がタイルばりで響きが凄い。響き過ぎる。まるで巨大な浴室の中で聴いているようだと言ったらよいか。
演奏は素晴らしかった。祝典序曲は今まで聞いた中で一番の迫力だったし、ラフマニノフのピアノ協奏曲二番はソリストが実に堂々とした演奏。最後のチャイコの二番も懐かしい旋律と迫力ある響きがうまく調和していて聞き応えがあった。できればもっと沢山の人に聴いてほしかった。終演後は旧友の家族十数年ぶりに再会し懐かしい話しに花が咲き、在福当時の事をいろいろ思い出した。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-05-07 00:28 | Comments(4)  

八重の桜

d0010720_9453883.jpg

昨日は高速バスで会津若松へ。鶴ヶ城の染井吉野は散り八重桜が咲いていた。
城内には来年の大河ドラマ「八重の桜」の宣伝広告があちこちに見られる。
天気が良かったせいか鶴ヶ城は凄い人。
今日はこれから福島市まで高速バスで移動し福島市音楽堂でアウローラ管弦楽団の福島演奏会を聴く。指揮は田中一嘉さん。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-05-06 09:45 | Comments(0)  

昨日の演奏

今日も昨日の辰紀さんの右手をイメージして2時間ほど練習しました。
できるだけ力を抜いて駒よりでゆっくりたっぷり弾くことを意識しつつ。

///////////////////////////////////////////////////////

DasHeidenroeslein さんが
昨日の無料コンサートの模様をもうアップされていました。

まずはヴォカリース




そしてベートーベンのソナタ3番1楽章。


[PR]

by hideonoshogai | 2012-05-04 23:06 | Comments(2)  

本日午後2時より

突然ですが、
本日午後2時よりTOKIA ガレリアで渡邉辰紀さん、田中知子さんの無料コンサートがあります。


詳しくは、こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の無料コンサートのことは今朝初めて知りました。
午前中に用事をすませお昼も食べずに東京駅まで出かけました。

東京駅からTOKIAまで10分以上かかります。
開演20分前に到着しましたが、もう30人ぶんの椅子席は満席。
そのあとどんどん人が増え最終的には100人ぐらいは立ち見で
聴いてたんじゃないかとおもいます。

演奏はラフマニノフのヴォカリースとベートーベンのチェロソナタ3番。
湿気が多い悪条件のなかでもしっかりチェロが鳴っていました。

お二人の演奏からたくさんの刺激を受け
夕食後1時間半ほど音だし。
力を抜いて弾くといつもより楽器の鳴りが良いように感じました。

明日もこの感触を大事にし練習します。。。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-05-03 11:47 | チェロ | Comments(2)