<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

Profantの音源

最近話題にしているPeter Profant と何回かメールのやりとりをしていて
彼の音源をYou tube からダウンロードしてipod にいれて毎日聞いていること
を話したら、彼がスタジオ録音の音源を4曲 Wetrasfer で送ってきてくれました。
↓でアップしたveracici のラルゴ、バッハのコラール、フレスコバルディのトッカータそれに
You tube にはアップされていませんがバッハとアダージョ(BWV564トッカータからの)です。

どれもほんとうに素晴らしい録音です。
特にバッハのアダージョの彼の演奏には、ものすごく感動してしまって
このバッハを日本のチェロを愛する仲間にも送っていいか?
大震災で被災した人があなたのバッハを聴いたら精神的に癒されるのではないか?
とメールしたところ
もし自分のチェロの演奏が日本のみんなにそんな風に聞いてもれえてすこしでも癒しになるのなら
音楽をやっているものとしてこれ以上のぞむことはない、勿論OK、との返事をいただきました。

彼のチェロを聴きたい方には彼からきた音源を転送したいと思います。
音源ファイルを希望されるかたはコメント欄に(必ず鍵コメントで)メールアドレス、お名前をご記入ください。
多くの方に彼のチェロを聞いていただければ、と思います。
ファイルの有効期間が三月六日ですので三月四日までにコメントをお願いします。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-02-29 09:13 | Comments(8)  

トッカータの音源

profant の音源をYou Tubeからダウンロードしてi-pod に入れていますが
フレスコバルディの「トッカータ」は
ここからかなり音質のいいものをダウンロードできます。

マイクロフォン会社のサンプル音源ですので音質はバッチリです。

FLEA47とFLEA50と二つありますが
FLEA47のほうが高音の伸びがあって私はこちらをダウンロードしました。
FLEA50は高音はおとなしくて中低音が豊かです。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-02-20 13:11 | チェロ | Comments(0)  

6年目

このブログを始めたのが、2007年2月17日。早いものでもう5年経ちました。この間投稿したエントリーは740件を越え、5年も経つとかつて投稿した内容を忘れてしまう事すらあります。
最近は練習に関する記事よりも興味深い音源のアップが多くなって来ましたが、チェロに対する気持ちは以前よりむしろ強くなっています。これからもチェロに関する話題を中心にアップして行きますのでどうぞよろしくお願いします。

ところで、↓で紹介した教会のチェリストPeter Profant に昨日「ものすごく感激した」とのメールを送ったところ早速彼から心温まる返信をもらい感激しています。
彼はチェコスロバキアの貧しい家庭に生まれ早くにお父様が亡くなられたそうで
15歳から小遣いを稼ぐためにウィーンの路上であのように
ずっとチェロを弾いているのだそうです。

でも最近は教会で友人とチェロを演奏する機会が増えているそうです。
Peterは作曲もし、チェロだけでなくピアノ、バス(コンバス?)それに歌も歌い
最近作曲した「Hear Angelic Voice」という曲を送ってもらいました。
それと私のバッハを聴いてくれて「アリア」のオケ版のカラオケも送ってくれました。
ただ私がCdur で弾いているのでDdurの譜面をもっていないのなら、自分の譜面をスキャンして送ってあげても良いとまで言ってくれています。
とても親切で心やさしい人です。
そういう人だからこそあういう音が出せるのでしょう。
ますます彼の事が好きになってしまいました。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-02-17 04:16 | 自己紹介 | Comments(10)  

教会のチェリスト3

この方の教会でのライブ録音の最後が
これ。



Frescobaldi のトッカータ。
この演奏見る限りテクニックも完璧です。

この Peter Profant というチェリストのことは
まったく知りませんでしたが、凄いチェリストです。

この教会でのビデオを企画した
Peter Groll という方が作曲された
チェロのための「Romanca」という現代曲を
Peter Profant が初演した音源もアップされていますので
興味のあるかたはこちらでご覧下さい。

この現代曲も見事に弾ききっています。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-02-07 19:31 | 音源 | Comments(0)  

教会のチェリスト2

この曲初めて聞きました。こんな素晴らしい曲があったとは・・
それにしても、本当に音が素晴らしい!





特に3:30~4:10ぐらい
の音にはただただ圧倒されます。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-02-06 23:41 | Comments(0)  

教会のチェリスト

下のウィーンの路上のチェリスト、まさにその人です。
久しぶりに凄いチェロを聴きました。



[PR]

by hideonoshogai | 2012-02-06 23:40 | Comments(2)  

路上のチェリスト

この人のチェロ凄い。右手のテクニックだけでなく音がとにかく素晴らしい!




ジャン・ワンや藤森さんの右手もそうだけれど、ダウンボウの時に
弓を右手で「ひっぱっている」感じの弾き方。小指はほとんど離れている。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-02-06 23:39 | Comments(0)  

ジョスラン

ジョスランの子守唄を久しぶりに検索したらヴァイオリンの素晴らしい
音源がありました。



ピアノが父親、ヴァイオリンがお嬢さんでしょうか。
すごく自然に楽器を響かせて鳴らしています。
この親子?の動画シリーズは後でじっくり見てみたいと思います。

ちなみにジョスランの歌詞は↓です。

ジョスランの子守歌 近藤朔風詩

 むごきさだめ 身に天降(あも)りて
 汝(なれ)と眠る のろわれの夜(よ)
 胸のうれい ゆめに忘れん
 祈らばや ゆらぐ星のもと
 夢のまきまきに あこがれよ み空へ
 眠れいとし子よ 眠れ今は小夜中(さよなか)
 あゝ夢ぞいのち マリアよ守りませ

 愛のつばさに おおわれつ
 わが来(こ)し方(かた) かえりみれば
 流れたゆとう 波にも似たり
 あわれいく日(ひ) 祈りに泣きぬ
 夢のまきまきに あこがれよ み空へ
 眠れいとし子よ 眠れ今は小夜中
 あゝ夢ぞいのち マリアよ守りませ
[PR]

by hideonoshogai | 2012-02-02 19:30 | 音源 | Comments(0)