<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

アクセルペダルが戻らない


先週報道されたト○タ車のリコール。

あの記事を見て、30数年前のある夜の恐怖を思い出しぞっとしました。
福島から会津若松まで、49号線を夜間、快調にドライブしていた時に
それは突然起こりました。

時速70kmを超えたとたん、エンジンルームからキューンという異音が発生。
音がどんどん強くなりどんどん加速してアクセルを離してもスピードが速くなるだけ。

アクセルがもどらない~~!!

咄嗟に、イグニッションキーをオフにして、惰性で走って、
減速してなんとか止まった。

恐る恐るまたキーを廻すと
エンジンは始動。

またゆっくり走り始めると、走行は可能。
で、時速40kmぐらいを維持して
なんとか目的地まで到着し
翌日修理工場へ車を持っていって見て貰いました。

原因は「キャブレターのバルブが
あるポイントを超えるとひっかかり戻らなくなる」
という想像もつかないような不具合によるものでした。

今思えば、あの車もト○タ車だった。

ところで、今の車は電源をオフにするとハンドルがロックされたりして
かえった危険だから、そういう状況になったら
変速をドライブからニュートラルにしてとにかくエンジンと車輪を
遮断し惰性で走り減速したらブレーキを踏むというのが一番ベストなのでしょうか?
[PR]

by hideonoshogai | 2010-01-25 18:51 | その他 | Comments(2)  

ウェルナーのチェロ4重奏


ウェルナーの教則本は、チェロ弾かれるかたならどなたでも必ず練習されている
定番中の定番です。
実は、このかたがチェロアンサンブルの曲を作曲されいることを最近まで
ずっと知らずにおりました。

昨日、IMSLPのチェロの楽譜をいろいろみていたら
ヨセフ・ウェルナーでチェロ4重奏の曲が2曲ありました。

エレジーという名の曲は
前半がDmollで後半がDdur の小品ですが、メロディがすごく美しい曲です。
4番チェロに一番、目立つとこがあるのが、すごく面白い。

譜面はこちら
スコアとパート譜が見られます。

音源をさがしたらひとつだけありました。

アダージョはもアレグロも、自分はもうすこしテンポを遅めにした方がチェロ
4重奏の雰囲気にあうと思いますが、どうでしょうか?

録音と映像はあまりよくないですが
譜面を眺めながら演奏を聞くと各パートの動きがよくわかります。
チェロ弾きが作曲したチェロ4重奏なので、なかなか良い曲ですね。
これはチェロ4重奏としてこれまであまり演奏されないけど、隠れた名曲ではないでしょうか。

そのうち一度機会があったら是非あわせてみたいです。
[PR]

by hideonoshogai | 2010-01-19 13:12 | チェロ | Comments(2)  

今年の課題



松の内も明けましたが、今年初めてのカキコミですので
まずは「本年もどうぞよろしくお願い致します」で始めたいと思います。

2003年12月にチェロ再開したので昨年12月でいよいよ7年目に突入しました。
この7年でチェロの音がどれだけ変わったのか
自分では何も記録を残していないことに気づいたので
これからは節目ごとに何か同じ曲を録音して記録を残すことも考えなきゃ、と思った次第です。

年末の弾き納めは、大掃除で出てきたラフマニノフの交響曲2番3楽章。
とても甘美なメロディーで有名ですが、これをチェロ・ソロとピアノにアレンジした譜面があって
それを一日ずっと弾いて悦に浸っておりました。

弾き初めは1月2日。
クンマーのチェロ2重奏、ハ長調を1番2番パート1~3楽章をさらったので
全部で6楽章(?)。
これを年が明けてからずっと弾いていますが、やはり3楽章を軽快に弾くのがとっても難しい。

譜面はすごく簡単なのですが、ハイドン、モーツァルトと同じで
とにかく軽やかに、もたつかず、弾くのがこんなに難しいのか・・と弾くたびに毎回思い知らされます。

それから2楽章の1stチェロ。
テーマを柔らかくたっぷりと音をつないで弾くことができない。

今年は、クンマーop22の2重奏3曲をまともに弾けるように、じっくり取り組みたいと思います。

それから、どんな曲でも
     ゴツゴツした音ではなく柔らかい音で弾けるように
     (弓を返しても)メロディが切れないで音をつないで弾けるように
     難しいところも力まないで楽に弾けるようにする
     が課題です。

いろいろあって仕事が昨年よりもかなり忙しくなりそうなので、チェロ弾く時間は
かなり少なくなるのは間違いない(涙)のですが
これぐらいの課題はなんとか一年かけてクリアしたいと思っています。

今年最初の音源は、今年また来日される
ペレーニの無伴奏3番サラバンド。
今から13年前のN響定期のアンコールです。
この演奏をNHKホール3階席で実際に聞いていたのですが、このサラバンドを聞いたことを実はまったく覚えていません。
その当時はまだチェロを再開していなかったので
今ほど真剣にきいていなかったに違いありません。なんとも勿体無いことをしました。








     
[PR]

by hideonoshogai | 2010-01-12 19:58 | チェロ | Comments(2)