<   2009年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

基本からさらう

d0010720_23401850.jpg


以前,初心者のためのチェロ二重奏の譜面を購入したが、そのシリーズのバイオリンとチェロ二重奏の譜面(Ko-usagiさんご推薦)も買ってしまった。おそらく弦楽器始めてから一~二年ぐらいをターゲットにしたものだと思う。このヴァイオリンパートが実に親指ポジションの練習に良い。最初の1500年代の舞曲。音符は単純だが、躍動感をだして弾く右手の練習になる。なにせ舞曲だから踊りたくなるように弾かないと。今日は台風で早く帰れたのでチェロを一時間さらっていた。バイオリンは殆ど第一ポジションで弾けるレベル。これをチェロで弾く。簡単なヴァイオリンパートを初見で、さっと弾けるようになるのが目標。当分この譜面で楽しめそうだ。
[PR]

by hideonoshogai | 2009-08-31 23:40 | Comments(2)  

荒城の月


今回、実家へチェロをもって帰ったのは、母にチェロを聞いてもらうため。
以前書いたことがありますが、2年前に母の前で「ジョスランの子守歌」を弾いたのですが
とても喜んでくれたのです。

女学校時代に(昭和17,8年ごろ)すごく流行ったのか
歌詞をいまでも覚えていて、演奏すると一緒にくちずさんでいます。
その曲を聞くと昔の女学校時代のことを思い出すのだそうです。

今回も実家へついた日に30分ぐらいチェロを弾いて聞いてもらいました。
ジョスランは10回ぐらい弾いたかも
それと「荒城の月」

鶴ヶ城は実家の目と鼻の先なので、一度鶴ヶ城でチェロを弾いてみたいと思っていました。
しかし、鶴ヶ城が年間数十万人もの観光客がおとづれる観光スポット。
人がいない時間帯をえらばなければなりません。

人がいないのは早朝しかないと思い
今朝は6時ちょっと前に本丸へいったら・・・
びっくり。

本丸のベンチはどこも帽子をかぶったおばさんやタオルもった人でいっぱい。
なぜ朝はやくからこんなに人がたくさんいるの!?

どうやらみなさん健康のために散歩・体操・それに散歩の後のおしゃべりを
楽しむためにお城にあつまっているんですね。

いくらなんでもこんな大勢の人がいる場所ではさすがに弾けないので
急遽場所を変更し昨日偵察していた
市民プール前の桜広場に変更し
6時過ぎから7時まで小1時間チェロを弾きました。
そこはほとんど人がおらず穴場なのです。

d0010720_23581581.jpg



今朝は風もなく涼しくてとても心地よかった。
いつもマンションの狭い部屋で弾いているので
こういう広々としたところで弾くとほんとに気持ちが良い。
なによりもできるだけ音を響かせて弾く練習にもってこいです。

練習していた曲は
荒城の月、ジョスランの子守歌、白鳥、無伴奏1番プレリュードなど

実は鶴ヶ城の本丸には「荒城の月」の歌碑がたっています。
土井晩翠が作ったこの名曲は彼が鶴ヶ城をおとづれ
イメージが浮かび作詩したもの。

なのでお城で一度「荒城の月」を弾きたいと思っていました。
早朝の本丸はだめだったので月明かりのなかでこんどリベンジします。

それから桜の季節にこの場所で
ラフマニノフのソナタを弾いてみたいです。
[PR]

by hideonoshogai | 2009-08-28 23:58 | チェロ | Comments(10)  

散歩中

d0010720_17193960.jpg

家についてちょっと休んでからお城を散歩。今日は少し歩くと汗ばむほど残暑が厳しいです。
[PR]

by hideonoshogai | 2009-08-27 17:19 | Comments(8)  

車窓から

d0010720_13394768.jpg

郡山から磐越西線で会津若松へ向かっています。今日は磐梯山が綺麗に見えた。実家は一年振りです。結局チェロ持って来ちゃいました。今日は父の墓参り、明日天気が良ければ、朝一で人がいないうちに鶴ケ城でチェロ弾いてみたいです。
[PR]

by hideonoshogai | 2009-08-27 13:39 | Comments(4)  

ただの老化


採血の結果を聞きに夕方病院へ行ってきました。

血液データではリウマチの心配はまったくないそうです。
レントゲンでも指骨や関節にはまったく変化がないので
おそらく変形性関節症のごく初期でしょう、とのこと。

膝や腰の骨が加齢とともに痛みがで変形してくるのは
どうしようもないのだけれど
それが私の場合、指の第1関節に出ているのだそうです。

へバーデン結節は指骨が変形して結節ができそれによる痛みがあるので
ヘバーデン結節とも違うそうです。

「ヘバーデンのごくごく初期ではないですか?」
としつこく聞いたのですが
その可能性は低いと否定されました。

ようするに単なる指の関節の老化現象、でした。

で、今後ですが
予防するために痛みどめを飲むのはあまり奨めない。
日常生活では特に注意することもない。
痛みが強い場合に消炎鎮痛剤とシップを使う。

ということで、一件落着です。
[PR]

by hideonoshogai | 2009-08-25 22:54 | その他 | Comments(4)  

Dudamel の「死の島」

べルリンフィル公式HPの「digital concert hall」の映像のさわりが
You tube に随分アップされていて充実しています。
もちろん全曲聴くのは有料なのでしょうが
ほんの一部をきくだけでもそのコンサートの雰囲気がよく分かります。

Dudamel のラフマニノフの「死の島」。
ベルリンフィルでも、彼らしいダイナミックな指揮ぶり。
すごい迫力です。



そのほかにも見たい動画が盛りだくさん。

イッサーリスのドボコンもありました。
イッサーリスはどちらかというとこれまでしっとり聴かせるタイプかと思っていたので
この演奏聞いてびっくりしました。



[PR]

by hideonoshogai | 2009-08-22 23:05 | 音源 | Comments(6)  

BSO+ヤンソンスのブラ2


今年の秋(11月)にバイエルン放送交響楽団が来日します。
指揮者はマリス・ヤンソンス。

ヤンソンスは昨年コンセルトヘボーとの名演奏がすごく印象に残っています。
演目がなにかと調べてみたら

マ様とのドボコンが2回。
オケのみの演奏会はサントリーで11月15日(日)に
ブラームス2番とチャイコ5番をやるんですね。

これは熱い演奏になりそう。

たまたまBSO+ヤンソンスのブラ2があったのでアップします。



弦楽器の面々はどのプルトの方も右手の運動量がすごいですね。
これなら凄い音がするわけだ・・

ブラ2は「エネルギーの爆発」って感じの演奏が好きだけど
これはまさにそれ。

ヤンソンス、実に楽しそうに振っています。
しかも棒をみているだけで次にどんな音がでてくるか
よくわかる。

やはりバイエルン放送響+ヤンソンスのブラ2は聞き逃せないかな。
[PR]

by hideonoshogai | 2009-08-19 23:30 | Comments(9)  

道楽病



ここ2週間ぐらい前から、両手の人差し指の第1関節が痛みます。
朝起きた時が一番つらく、手を握って指を曲げようとすると、人差し指の第1関節の痛みが強く握れません。
第1関節の両側を圧迫するとやはり関節自体に痛みが走ります。
夕方になると少しはよくなるのですが、部位が部位だけに心配で
昨日整形外科医の診察を受けてきました。
一番心配なのは「関節リウマチ」。
「関節リウマチ」はなかなか厄介で、進行すると関節の変形、筋力低下がきますから
チェロが弾けなくなる。
昨日はたまたま某国立大学をリタイアしたベテランの先生の診察を受けました。
触診してもらい指のレントゲン写真を撮り、リウマチ因子などを採血し(結果は来週以降ですが)ていただいたのですが、
レントゲン写真では骨破壊も変形もなく、全然問題ないとの事。
リウマチの場合は第1ではなく第2,3関節に痛みが来るのが特徴だそうで
自分の場合は痛みの部位がちょっと違うようです。

帰宅してカミサンに結果を報告したら
「チェロの弾きすぎじゃないの」と一言。

最近、親指ポジションの練習を結構やっているので
左手の人差し指の第1関節が痛くなるのは理解できるのですが
チェロの弾きすぎで、右手の人差し指の第1関節が痛くなるでしょうか?
確かにボーイングで右手人差し指を結構つかうけど
痛みがくるほどの負荷がかかっているとは思えません。

でも8月8日(土)は約6時間ぐらいチェロ弾いていて
どうもその後から指の痛みが来ているような気がするのでやはり
チェロの弾きすぎなのだろうか?

となると「道楽病」?(ため息)
[PR]

by hideonoshogai | 2009-08-19 18:01 | チェロ | Comments(6)  

ペレーニのベートーベン



今までなかなか映像が無かったのですが
偶然見つけました。

ペレーニのベートーベン、チェロソナタ3番終楽章。
この曲、ジャン・ギアン・ケラスが三鷹で弾いたコンサートのライブが結構好きで何度もみていましたが、
さすがにペレーニ。
やはり素晴らしいです。

まったく力みがない自然なボーイング。
右手も左手もいっさい無駄な動きがない。
それなのに出てくる音は情感たっぷりで豊か。

無理とはわかっていても、こんな風に弾けるようになるのは
いったい何時の日か???




チェロの音、張りがあるなぁ。

3:03~3:08
一弓であれだけ、たくさんの音をスラーで滑らかに弾くのはすごいテクニックです。

何気ないけどああいうのが一番難しい。

シフのピアノも良いですね。
落ち着きがあり品のある音。
ベーゼンドルファーです。

それにしてもこの動画、音質がいいですね!
[PR]

by hideonoshogai | 2009-08-18 14:45 | 音源 | Comments(12)  

不思議!


利息

定期が満期となったので今週火曜は一日夏休みをとり銀行へ行ってきました。
夫婦でまったく同じ金額を10年前一緒に定期にし、これまで二人で、ずっと同じ日に同じ窓口で同時に更新手続きしてきのですから、利息も含め残高はまったく同額なはず。
なのに、自分の残高のほうがカミサンよりも32円だけ多かった。
窓口の担当者は、「最初の預け入れ額が違うからでしょう」と訳の分からない事いってたけど最初に預けた金額はまったく同じ。
どうして利息に差がでるのか、不思議です。
次の更新時(←といっても2年後ですが)詳しく調べてもらうことにしました。

・・・・・・・・・・・・・

ワン切

銀行へ行った夜、携帯に不在通知のメッセージ。
アドレス帳に登録した番号以外からの電話には
出ないようにしているのですが、その番号は
86で始まりこれまで一度もみたこともない数字が並んでいました。
86は中国の国番号なので
どうやら中国からかかってきたようです。
中国には一度も行ったことないし中国に知り合いもいないし
可能性としてあるのは自分の携帯番号を知っている人が中国からかけてくる・・
いやそんな人はいない。
中国からはそれ一回のみで、その後はまったくかかってこないので、
どうやら国際電話を利用したワン切のようです。
でもどうして自分の携帯に中国から電話がくるのか?
コンピュータを使い乱数表でやたら電話をかけまくるとしても手間と時間がかかりすぎるし、第一その番号が国際電話できる携帯じゃないとワン切の意味がない。
勝手な推測ですが、5月に済州島へ行く前に韓国、中国、ハワイ、カナダでもそのまま使える機種に変更しているのですが、自分の番号がどういう経緯かしらないけど
ワン切やってる連中に漏れているとしか思えません。
携帯会社から番号が漏れているんだろうか・・。

・・・・・・・

カウンタ

このところカキコミ更新の回数が減っているので、ここを覗いてくださる訪問者も少なくなっているのですが、
水曜日はいつもの2倍の訪問者がありました(←エキサイトブログのカウンタ)。でも、貼り付けている外部(WHOCARES)のカウンタではいつもどおりの訪問者数。
どうしてこういう数の乖離がでるのか・・・?

火曜の訪問者数がリセットされず、水曜にも重複してカウントされたとしか思えないのですが・・・
エキサイトブログを書いていらっしゃる方、水曜日の訪問者数いつもの2倍になっていなかったでしょうか?
[PR]

by hideonoshogai | 2009-08-14 18:03 | 家庭 | Comments(8)