<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

チェリスト長谷川陽子の世界

d0010720_12534744.jpg

朝日カルチャーセンターの公開講座。これからまもなく始まります。詳細は後程。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


土曜も昼間から土砂降りの雨。会場は新宿住友ビル7階の朝日カルチャーセンター74号室。
ここではクラシックの演奏者の講演会が頻繁に行われていて、以前にもチェリスト藤森さん、藤森さんと向山さんのお話を聞いています。

お客さんは意外に少なく30~40人ぐらい。いつもの定位置(いちばん右端)に席をとりました。この位置からだと譜面台が邪魔にならず演奏者の左手も右手も良く見えます。

1時過ぎに長谷川陽子さんと音楽ジャーナリストの伊熊よし子さんが登場。
伊熊さんと長谷川さんの対話がメインですが、演奏も充実していました。

バッハの無伴奏は3番からプレリュード、サラバンド、ブーレ、ジーグを弾いてくださいました。

プレリュードの冒頭のフレーズ。

ほとんどのチェロ奏者はダウン弓から弾くそうですが、アップから弾くかたもいらっしゃるとのこと。バッハ無伴奏は楽譜にあまり指示がなく、演奏者が自由に弾けること、いつも暗中模索で答えがみつからない、だから奥が深く演奏していて面白いことを強調されていました。

実際に冒頭をダウンとアップから2回づつ弾き比べてくださいました。

ダウンはすごく緊迫感がありますがアップからだとゆったり、たっぷりした感じがします。

サラバンドなどの重音では、和声的にどこの音を一番だすかで曲の印象が変わるとのことで、これも演奏のたびに解釈が違ってくることが多いのだそうです。

ジーグはものすごく軽快なテンポでしたが、DG、GD線の移弦の難所はスラーつきで難なくさらりと弾いておられました。さすがです。

長谷川さんのチェロをこんなまじかで聞くのは勿論初めて。
すごくテンポ感があって、自然な流れのバッハを真ん前で聞くことができ
とても感動しました。



楽器は1700年製のマッテオ・ゴッフリラ。

フィンランド留学中に米国の楽器屋にゴッフリラがでたそうです。
師匠のノラス先生がちょうど米国へ演奏旅行へ出かけられ「いい楽器かどうか見てきてあげるよ」とのことだったそうですが、演奏旅行から帰国された時に
なんとゴッフリラを持ってこられたそうで、それがこの楽器との出会いだったそうです。

弦はテールピース側は全部赤でしたが、ペグ側は上の二本はブルーだったので
AD線がヤーガー(stark) GC線はスピロコアと思います。

ここんとこ雨続きで湿気が多く楽器が鳴らないと謙遜されていましたが
とても力強く豊かな音がでる楽器でした。

バッハの後、またお話があり後半はカサドの無伴奏チェロ組曲を
全楽章弾いてくださいました。

カサドはカザルスの弟子。ノラス先生はカサドの弟子ということで
今回バッハーカサドを選曲されたのだそうです。

カサドはとてもダイナミックで躍動感のある演奏でした。
バッハの時よりも息遣いが激しかった。長谷川さんはこの曲が大好きなのだそうです。ノラス先生に教わったことは、「決めなきゃいかないところのテンポは決める。あとは自由に弾いてよい」とのことでした。

最新版CDのドボコン、シューマンの録音裏話や楽器のメインテナンスのこと、バッハ無伴奏の装飾音の解釈など、お話は大変興味深く、あっというまに90分が過ぎました。

今後の夢は、やはりエルガーのチェロコンチェルトを必ず録音する、ことだそうです。

長谷川さんの誠実なお人柄と音楽へのあつき思いに触れることができ、演奏までかぶりつきで見ることができ、大変、感銘を受けました。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////


公開講座 「チェリスト 長谷川陽子の世界」

平成20年8月30日(土)午後1時~午後2時30分

新宿 住友ビル7階 朝日カルチャーセンター

講師: 長谷川陽子(チェリスト)
     伊熊よし子(音楽ジャーナリスト)

演奏曲目:バッハ無伴奏チェロ組曲3番より
        プレリュード
        サラバンド
        ブーレ
        ジーグ
     
       カサド無伴奏チェロ組曲 全楽章
[PR]

by hideonoshogai | 2008-08-30 12:53 | チェロ | Comments(6)  

辰紀さんのアルペジオーネ・ソナタ

hakuju hall はまだ一度も行ったことがないので、早めに職場を出ようと思ったら
急に空が暗くなり、ゲリラ豪雨とまではいかないまでも表は土砂降り。

新橋から銀座線で表参道まで行き千代田線に乗り換えて代々木公園で下車。
地下鉄の駅を出ても案内板がなく、どちらの方角へ行けば目的地なのかわからない。
プリントアウトした地図で現在地を確認して左方向へ歩きだして約5分ほどで
Hakuju Hallへ到着。

このホール、とてもこじんまりしていて室内楽にはぴったりって感じです。
mototyoさんがもういらしていて前から2列目のど真ん中をとっていてくださいました。

ピアノが林田枝実さん、ヴァイオリンが瀬川光子さん、チェロが渡邉辰紀さんで
「デュオとトリオの夕べ」と題したコンサートです。

自分はチェロ弾くので、どうしてもチェロの辰紀さんの印象が強くなってしまうのですが、
素晴らしい演奏会でした。

シューベルトのアルペジオーネ・ソナタ。
一楽章の主題はとても有名でチェロ弾きなら誰でも知っているのですが
それだけに、とても歌うのが難しい。
辰紀さんは、すこし控えめで憂いを漂わせてゆっくり弾き始めました。
「良い音だ!」
冒頭から最後までずっとボーイングと左手に目は釘づけ。
いつもながら、ほんとうにゆったりした自然なボーイングなのですが
音はとても張りがあって艶があって豊かで美しいのです。
2楽章も美しかった。
3楽章はテクニックがすごく難しいところがたくさんあるんですが、見ていると力まずにすごく
自然に弾いておられるので、すごくやさしい曲じゃないかと錯覚してしまうほど。
それだけテクニックも完成されていて凄いのです。

休憩後のラヴェルのピアノ・トリオは始めて聞きましたが
ラヴェルらしい色彩感豊かな曲でした。
ピアノ・トリオなのに「ダフニスとクロエ」を彷彿させるような、激しさと和音。
3楽章のMolto Largo すごく綺麗でした。

終演後、思いがけず辰紀さんとも直接お話することができ
素晴らしい演奏だったこと、とても感動したこと、お伝えました。

今夜の演奏聞いて辰紀さんのチェロますます好きになりました。
10月の弦楽4重奏も必ず聞きに行きたいと思います。

帰りには、mototyoさんshinovskyさんと一緒に遅い夕食を摂りながら
1時間ほど音楽談義。3人で演奏の余韻に浸りました。
mototyoさんshinovskyさん今夜はどうもありがとうございました。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

EMI HAYASHIDA -伝えたい音楽Vol Iー

2008年8月29日19時開演
Hakuju Hall


ピアノ 林田枝実
ヴァイオリン 瀬川光子
チェロ 渡邉辰紀

シューベルト ヴァイロリン・ソナタ イ長調 D574
シューベルト アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D821
ラヴェル   ツィガーヌ
ラヴェル  ピアノ・トリオ イ短調

アンコール ラヴェル?ピアノの小品
[PR]

by hideonoshogai | 2008-08-30 00:55 | チェロ | Comments(4)  

Vivaldi cello sonata No6

ヴィヴァルディのチェロ・ソナタは、練習曲としては定番で
自分も5番のソナタのレッスンを受けた。

その時に1番から6番までいろいろ遊びで弾いてみたけど
一番気に入ったのが、6番の1楽章。
とてもゆったと流れるような響きが大好きだ。

フランスの女流チェリスト、オフェリー・ガイヤールが
チェンバロの伴奏つきで6番を弾いている。

ガット弦、バロック弓、なので響きがとても落ち着いている。
この映像を見ていたら、自分でもヴィヴァルディ弾きたくなって
夕飯の後に久しぶりに楽器をケースから出して弾いてみた。

久しぶりなので音がつながらない。
譜面では9小節目の後半の16分音符6ヶは全部スラーがついている。
でもこれをつなげてスラーつけて弾くのがとても難しい。
ガイヤールは弓を返して弾いている。
10小節目に向かってクレッシェンドがあるので弓を返してたっぷり弾いているのだろうか。
譜面の通りに弾くよりも、きっとどういう音が欲しいか、が
優先されるんだろう。

映像では、大好きな3番のソナタの3楽章も映像の最後に出てくる。

    
    *********


C線のビリツキが酷い。
ここんとこ、すっと雨降りで湿度が高くなっていたからか?
楽器を置いてある部屋は一日中除湿機をかけているけど
夜は除湿を止めている。
やはり一日中除湿しないとダメなのかもしれない。


    *********

明日は、Hakuju Hall で渡邉辰紀さんのアルペジオーネを、
あさっては、長谷川陽子さんでバッハ無伴奏3番とカサド無伴奏を聴く。
どちらもとても楽しみだ。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-08-28 23:40 | 音源 | Comments(6)  

23回忌

週末は父の23回忌で田舎へ帰ってきました。
いつもは東北道を使うのですが、首都高速の渋滞と堀切の合流がとても嫌なので
前回から市川―松戸―三郷経由で常磐道、磐越道を使っています。
常磐道の方がカーブが緩やかで、車も少なく、渋滞もなく快適です。
土曜の朝5時に自宅を出て途中で朝食+休憩1時間とり
10時過ぎに実家へ到着。
会津若松は最高気温が20度もなく半そでの上に何か羽織るものがないと寒いぐらい。

母も81歳になりすっかり腰が曲がってしまいました。
兄弟3人+子供ら、全員が久しぶりに集まったので母は大喜び。
お寺でお経をあげてもらい、その後お墓へ。
お墓は会津盆地を見下ろす小高い山にあり、眺めが見事です。

実家は、鶴ヶ城のすぐ近く。数分でお堀端へでるので
帰省すると必ず城址を散歩します。
土曜日は夏休み中ということもあり観光客がたくさんいました。
一年ぶりで行ってみるとあちこち様変わりしています。
子供の頃スキーをしてあそんだ坂(北出丸から本丸へ向かう椿坂)には
石段の上になだらかなスロープが造られていました。
車椅子で見学にくる人たちの為らしいです。

石垣の上を歩きながら昔遊びまわった石垣下の斜面を上から覗いてみました。
あんな斜面、まちがって転んだら、そのままお堀に落ちて溺れてしまう。
そんな危ないところで毎日良く遊んでいたものです。
もし自分の子供があんなところを遊んでいたら
「危ないから絶対にあそこへ行っちゃダメ」と厳重に注意するでしょう。

夜は、中ノ沢温泉に一泊しました。
久しぶりに兄弟や甥姪を囲んでの大宴会。
アルコールを飲みすぎてしまい、右肩が疼きました。

母は今回チェロを持っていかなかった事を残念がっていました。
五十肩だから仕方がありません。
肩が治ったらまたチェロをもって帰ると約束し、会津を後にしました。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-08-25 17:19 | 家庭 | Comments(4)  

Dudamel とSBYOV が12月に初来日?

Gustavo Dudamel の公式HPの情報によると

2008年の予定に、デュダメルはシモン・ボリヴィア・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ(SBYOV)と日本ツアーと書いてありますが、何時どこのホールでの公演なんでしょうか?
公式HPには11月の公演情報までしか掲載されていません。

以下HPから
2008
Dudamel and the SBYOV are scheduled to make their debut with a residency at the Salzburg Festival, return to the Lucerne Festival as part of an extensive tour of central Europe, and make their first tour of Japan.


(12月に東京と名古屋でのみ公演という噂ですが。。)

12月だったらもうチラシとか情報が流れているはずですが。。
どなかたご存知の方いらしたら是非教えてくださませ。


追記(2008.9.1)
やはり12月に来日するそうです。やった~~!!
詳細は↓のninjaさまのコメントご覧ください。

[PR]

by hideonoshogai | 2008-08-18 13:09 | 音楽 | Comments(5)  

PROMS 2008でのGustavo Dudamel の「幻想交響曲」


今、最も注目されている若手指揮者の一人
Gusutavo Dudamel
今年のザルツブルグ音楽祭では彼の指揮するコンサートが一番はやく
売り切れた程だそうです。

そんな彼が指揮した今年のProms 2008の演奏。
昨夜(8月13日)のロイヤル・アルバート・ホールでの演奏をオンラインで
一週間だけ無料で視聴できます(Real Playerが必要です)。

演目はベルリオーズの「幻想交響曲」。
オケはGothenburg Symphony Orchestra。

演奏はこちらで。最初の10分はお話。
11:00あたりからの解説後に演奏が始まります。
全楽章聞くのに約65分かかります。
「show information」をクリックすると詳細がでます。

全体を通して、生き生きとした音。
ダイナミックレンジが広くて歯切れがよい
4楽章~終楽章など本当に凄まじい。

観客の興奮・熱狂ぶりも凄い。
いつかこの演奏の映像がオンエアされるのが楽しみです。

やはりこの Dudamel ただものではないですね。

追記(2008.8.18)
公式HPの情報によると
10月にミュンヘン、ウィーンでこの幻想交響曲を演奏します。

» October 22, 2008
Gustavo Dudamel
Sibelius: Violin Concerto
Berlioz: "Symphonie fantastique"
Gothenburg Symphony Orchestra
Violin: Sergey Khachatryan
Philharmonie Gasteig, Munich, Germany


» October 24, 2008
Gustavo Dudamel
Beethoven: Symphony no. 2
Berlioz: "Symphonie fantastique"
Gothenburg Symphony Orchestra
Musikverein, Vienna, Austria


» October 25, 2008
Gustavo Dudamel
Beethoven: Symphony no. 2
Berlioz: "Symphonie fantastique"
Gothenburg Symphony Orchestra
Musikverein, Vienna, Austria

[PR]

by hideonoshogai | 2008-08-14 23:15 | 音楽 | Comments(2)  

パブロ・カザルスに捧げるチェロ連続リサイタル1998

今日も職場の机の引き出しを整理していたら、古い封筒が出てきました。
中をみたらとても懐かしいプログラムが。
こんな連続リサイタルがあったことすっかり忘れていました。

パブロ・カザルス没後25周年を記念して
1998年10月22日から27日まで連続6日間、カザルス・ホールで
開催された「パブロ・カザルスに捧げるチェロ連続リサイタル1998」。
プログラムは左右に見開きなのですが、
全部を一度にスキャンできないので左右に分けました。

まず左ページから。


d0010720_17395393.jpg




第一夜がスティーブン・イッサーリスで無伴奏1番。
「弓と腕が、しなやかな鞭のように軌跡を描き、素早くのびやかに弦に触れるーその瞬間生まれる音は、懐かしくも新鮮に響く「古くて新しい音色」。新世紀への旗手、待望の初登場」
と書かれています。写真が若いですね。この日が日本での初デビューだったのでしょうか。
確かにイッサーリスは今や現代を代表するチェリストですから、
彼を初日に迎えたこのリサイタルの企画者は素晴らしい先見の明あり。

第二夜は山本祐ノ介
第三夜は金木博幸

右ページはこちら。

d0010720_17402435.jpg


第四夜は山崎伸子
第五夜はミクローシュ・ペレーニ
このときにペレーニさんはN響とドヴォコンを演奏されていて、自分はドヴォコンをNHKホールの3階自由席で聞きました。NHKホールはものすごく広いので、3階席まではなかなかソリストの音が届かないことが多いのですが、ぺレーニさんの音は朗々と響いていました。
でもこの当時、自分の認識不足でペレーニさんがすごい大物だとは知らなかったです。

で最終夜が林 峰男さんで無伴奏6番
この最終日のチケットを運よく入手できこの日だけ聞きにいきました。

林 峰男さんの演奏を聴いたのはこの日が初めてでしたが
上手かった。
とても自然な弾き方をされます。
プーランクのチェロソナタも演奏されていたんですね。
実はどんな曲だったか覚えていません。理由はこの後。


この時のアンコールが「鳥の歌」でした。

この「鳥の歌」が物凄い演奏で、
最初の音を聞いたときから全身が震えるほど
感動しました。
この「鳥の歌」の衝撃があまりにすさまじかったので
その他の曲の印象がほとんどないのです。

あれほど「鳥の歌」を感動して聞いたことはなかった。
こうしてプログラムを眺めているとあの夜の数分間の興奮が
また鮮明に蘇ってきます。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-08-14 17:40 | チェロ | Comments(0)  

休日ダイヤ

今日からお盆休みのところが多く朝の電車もゆったり。バスは15日まで休日ダイヤなので、それでなくとも本数が少ないのに、しっかりバス停で待たされています。ところで今夜は朱蒙(チュモン)の日。第67話ですが、最終回の第81話までは、まだまだハラハラドキドキさせられそう。高句麗を建国するまでを描いた壮大な歴史ロマン。最近これにはまっています。早く帰らなきゃ。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-08-13 18:15 | Comments(0)  

オフェーリア

秋から年末・年始にかけて職場の改修工事があるため時間を見つけては、少しづつ荷物整理をしている。基本的にはいらない資料は全部捨てる。今後使う可能性のないものは全部捨てる。
今回の引越しは一時的なもので、改修後にまた自分の部屋に戻れるのだが、荷物の仮置き場のスペースがほとんどないので、とにかく荷物をできるだけ減らしている。もうダンボール20箱以上の資料を廃棄した。
整理していると、むかし苦労して作成した古い資料やら懐かしい写真やらがいろいろとたくさんでてくる。こんな↓絵葉書なんかも机の一番奥から出てきた。

d0010720_17501593.jpg


サー・ジョン・エヴァレット・ミレー作の「オフェーリア」(1851-52年)

1998年春に上野の東京都美術館で開催された「TATE GALLERY」を見に行った。
この絵葉書はその時に購入したもの。しかも一枚だけではなく4枚もあった。
なぜ4枚も購入したのか記憶がない。そうとう気に入って4枚も買ってしまったのだろうか。
今、この絵葉書を見て思うのだが、こんな悲し過ぎる悲劇のヒロインの絵はがきを
誰かに送るなんてできないし、送られた方も、この絵葉書を見て
送り主の意図を汲み取れずに困惑してしまうだろう。

オフェーリアが足を滑らせ川に流され、身を流れに委ねながら
今沈まんとしている瞬間を描いている。
精緻な描写。
悲痛な表情。
この絵葉書も棄てることにしたが、
10年前の思い出に画像をアップしておく。

追記(2008.8.13)
昨日投稿後、Googleで「オフィーリア」を検索していたらわかったのですが
8月30日(土)から10月26日(日)まで渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで
この絵をまた見ることができます。詳細はこちらで。
今週末の8月17日(日)までは北九州市立美術館で。

[PR]

by hideonoshogai | 2008-08-12 18:00 | その他 | Comments(4)  

週末

週末、久しぶりにチェロを弾いてみました。
やはり右肩が固まって運動制限があるので、A線のボーングは辛いです。
なのでチェロのエンドピンをかなり短くして
楽器をほとんど垂直に近い感じで構えると、少しは右手が楽。

楽器の角度が違うと弾いててとても違和感がありますが
しばらく弾いているとこの姿勢にも慣れました。

ずっとボーイングをしていなかったので
まずは、開放弦をゆっくり、じっくり鳴らすことから。
次は各弦の1指を押さえてじっくり鳴らす。

10分も弾いていると右肩が疲れてきます。
なので休憩いれながら、土曜は40分、日曜は1時間ほど。

左指のタコが消えかかっていたので、弦を押さえるのが
痛い。

いままで弾いた曲をいろいろ遊んでみました。

ドッツアウア61番(3連符のスラーがつづかない)
ゴルターマンのラフォイ(音程が悪い)
無伴奏1番プレリュード(移弦がスムースにいかない)
グリーグチェロソナタ2楽章(音程が悪い)
初恋(これは一番弾きやすかった)
バッハ・グノーのアヴェマリア(音程が悪い)

1時間が限界でそれ以上弾くと
また肩をいためそうなので楽器をよく拭いてケースに収納。
すこしだけ肩に違和感があるので
念のため痛み止めを飲んで様子を見ることにしました。

ところで、グリーグのチェロ・ソナタ。
以前、探したときには、ほとんど音源がなかったのですが
最近アルゲリッチとマイスキーの演奏がアップされました。
マイスキーの2楽章はすごく情熱的な演奏。もうすこしさらっと弾いてもよいような
気もしますが、これはこれでねっとりしていてまた良いのかも。

演奏はこちらで
アルゲリッチのピアノはさすがですね。
さらりと弾いているけど歌い方がうまい。

2:26と3:24の16分音符のところがチェロはかっこよいなぁ。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-08-11 16:41 | 音源 | Comments(4)