<   2008年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ

昨日、川口リリアホールで聞いてきました。

会場でなんと、ロッキージョンさんが自分の右後ろに。
びっくりしました。
昨年10月の東京チェロ以来だったので、
懐かしくて思わずしっかり握手してしまいました(笑)。

終演後、mototyoさん、ぽちぽちさん、ロッキージョンさんと
いろいろお話しながら電車で帰路に。

はらしまさん、shinovskyさんはお仕事の都合で会場に
いらっしゃれなかったようで残念です。

演奏中咳発作は起こらずなんとか無事聞けました。
感想はまた後でアップします。


////////////////////////////////////////////////////////////////


ブルネロやソッリマと交友があり、ソッリマ作品を日本初演されているチェリスト丸山泰雄さん、丸山さんと芸大同期の渡邊辰紀さんが中心となり12名で活動しているスーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ。
その演奏会を昨夜聞いて来ました。

開場の川口リリア・ホールは京浜東北線川口駅から徒歩2分ほど。
駅からのアクセスは大変よいです。

ホール内はほぼ満席、結構年配の方から若い人まで。チェロアンサンブルが
幅広く大勢の皆さんに受け入れられているのが良く分かります。

椅子も譜面台も12個。
ステージ左右にほぼいっぱいに並べられていました。
各プレーヤそれぞれに譜面台が用意されていたので、一曲ずつ、編成やパートの受け持ちが変わるのだ、と思いました。

前半は
バーンスタイン:トゥナイト
ブラームス:6つのピアノ小品 Op118-2 よりアンダンテ・テネラメンテ
ヴィラ・ロヴォスのブラジル風バッハ 一楽章
                  二楽章

12人のチェリストが颯爽とステージに登場すると
みなさんの美しいチェロ12台が並んでいる光景に圧倒されます。
赤、茶、そして黄色。
ニスの色は大きく3つに分類されますが
どのチェロも美しく、艶があって目移りしてしまいます。

女性はドレス、男性はネクタイ組とシャツ組と半々。

1曲目のバーンスタイン、トゥナイトはすごく有名な曲なのですが
チェロアンサンブルで聞くのは初めて。
海野幹雄さんのアレンジとのことでしたが、ときめく恋心の雰囲気が出ていて良いアレンジでした。

1曲目が終わったところで、丸山さんがマイクを持ってメンバー紹介。
その間にメンバーが移動し、林 裕さんがトップの椅子へ。
2曲目のブラームスはこの林さんのアレンジだそうで、とてもしっとりと晩年のブラームスの心情を歌います。これも良い曲でした。

ブラジル風バッハでソプラノ菅英三子さん登場。
ブラジル風バッハ5番のアリアは、ヴィラ・ロボスの作品の中ではおそらく一番有名です。
哀しげで叙情的なアリアに丸山さんのソロが伴奏しますが、このチェロがまた絶妙。
チェロがソプラノよりも目だったはいけないし、伴奏だからといってあんまり萎縮した弾き方もダメだし。すごくいいバランスで聞いて心地よかった。

アンコールはフォーレ・レクイエムからピエ・イエズス。
原曲では伴奏がオルガンなので、チェロもノンビブラートでオルガンに近い響きをだすように弾いていました。フォーレにはチェロがとても似合います。

休憩後は現在実際に活躍している作曲家の作品ばかりという意欲的なプログラム。

ソッリマ:ヴィオロンセル・ヴィブレ 2つのチェロと弦楽のためのバラード
西澤健一:2群のチェロ6重奏のための協奏的小ソナタ
     (委嘱新曲)
フランセ:オーバード(朝の歌)

ヴィオロンセル・ヴィブレは、ソッリマとブルネロ二人の師匠であるアントニオ・ヤニグロへの想いを込めて作曲されたそうで、とても回想的なゆったりした主題が二人のチェロソロで交互に歌われます(ソロは丸山さんと渡邊さん)。
最後を弾き終えると、二人とも身動きせず弾き終えたままのポーズを維持。
伴奏も消え行くように終わると照明が消えて場内が真っ暗になるという
凝った演出つきでした。

西澤さんの作品は今回の演奏会のために作曲されたそうで
前日の仙台がまさに初演、昨夜の川口が再演ということで
作曲家の西澤健一さんご本人が客席においででした。
作曲家とのことで、とても気難しい感じなのかと思っていたら
澁谷や原宿の街にとても似合いそうなイケ面の青年だったので
びっくり。
曲は現代作品とはおもえないしっかりとした構成で、古典を思わせる響きでした。

オーバードはベルリンフィルの12名のチェロのために作曲されたそうで
す。良い曲なのでしょうが、あまり印象に残りませでした。現代曲が3曲つづくと聞き手にはさすがにちょっと辛いものがあります。

アンコールは西澤さんのアレンジによる
ピアゾラのアディオス・ノニーノとリベルタンゴ。
このソロを丸山さんが弾かれましたが、昨夜の演奏の中で一番光っていました。
ビブラートやポルタメント駆使してピアソラらしい怪しげな美しさがとても良かった。

アンコールが2曲もあったので終演は9時20分過ぎでしたが、
重厚なチェロの音色を堪能しとても満ち足りた一夜でした。

チェロ:丸山泰雄、渡邊辰紀、山本裕康、林 裕、上森 祥平、石川祐支、三森未来子、
荒 庸子、水谷川優子、海野幹雄、石 豊久、瀬尾 彩
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-29 00:20 | チェロ | Comments(21)  

先週の金曜日に風邪ウィルス保有者と面談したのがいけなかったのか
今週は体調がイマイチです。

風邪をひくとまず喉の痛みと鼻づまりで発症し
最後には気管支炎になり、咳と痰が落ち着くと
風邪も治るというのがお決まりのパターン。

気管支炎になると、気道が過敏になりますから
食べものの湯気を吸い込むだけでも
それが気道を刺激して激しく咳き込んでしまいます。
この咳発作が結構辛いです。

でも、自分は普段あまり咳止めを飲みません。
気管支炎で咳が出るのは、痰を排出するために
体が自然に反応している訳ですから
咳を薬で無理に抑えることは、痰の排出が抑制され
体には良くないのです。

今日は一番咳が激しいです。

薬には頼りたくないけれど、
明日川口でチェロ・アンサンブルを聴きにいく予定。

この咳のままでは、自分自身も辛いけど
周りの人にも迷惑をかけますから
今夜はやはり咳どめを購入して早めに服用しておいたほうが
よさそうです。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-27 16:25 | その他 | Comments(6)  

弦劣化?

今夜は早めに帰宅できたので夕食後に
チェロをケースから取り出しました。

昨日一日チェックしなかっただけなのに、
A線とC線が緩んでいました。この時期はやはり
こまめにチェックしないと駄目ですね。

ペグを巻き直して弦をいつもと違う角度からみていたら
D線がもうかなり黒っぽく変色しています。
FとGの場所が特に酷く、Gのところは
錆びているんじゃないか?と思えるほど。

自分は手にかなり汗をかくので、練習後は
いつも丁寧に汗を拭き取っているつもりなのですが、
もう劣化がはじまっているのかもしれません。

12月11日に張り替えたので、まだ2ヶ月ちょっと。
4月の発表会の2,3週前に弦替える予定なので
あともう少しだけ頑張ってもらわないと。。

調弦してから弓は使わずに
左手だけで指板叩きと運指の確認を何度も繰り返しました。

ドッツアウア60番はやはり2小節目がどうしてもうまくとれないです。
A線 3指 C
D線 4指 Fis
G線 2指 A
C線 1指 Cis

これを一度に押さえなくてはなりません。

2指と3指がくっついてしまって、Aは高め、Cは低めになってしまう。
これは何度やっても同じ。
なにか良い解決法があるとよいのですが。。。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-26 23:11 | チェロ | Comments(2)  

東京フィル第750回サントリー定期

昨日も午後5時過ぎに職場を出、タクシーでC駅まで。
先週は新橋から銀座線がものすごいラッシュだったけれど
昨日はかなり空いていた。

コンビニでおにぎりとお茶を求め
カラヤン広場のベンチに腰かけ
サントリー・ホールにどんどん
人が吸い込まれてゆくのをぼんやり眺めながら軽い夕食。

昨晩はとても暖かで風もなく、
腰掛けていてもまったく寒さを感じなかった。

昨夜もチケットは完売だったが、空席は先週よりも目立ち
10%以上は空いていた。自分はRAブロックだが、真正面の
RBブロックは半分ぐらい空席だった。

こういう状況は、ほんとに勿体ない。
あれだけ空席があるんだから
自由席みたいなチケットを発売したらよいのではないかと思う。

さて、昨夜はオールラフマニノフ。
ピアノ・コンチェルト3番と交響曲2番という
ラフマニノフ・ファンにはたまらない演目。
しかもピアノは小山実稚恵さん、とくれば
これはもう聞くしかない。

実は3番はこれまでCDでしか聞いたことがなく
生は初めてだった。

小山さんのピアノはとても力強く、エネルギッシュで
かつたっぷり歌い見事でした。
1楽章のカデンツァは圧巻。

生で聞いていて、オケの休みが意外に多いことに驚いた。
まあ、コンチェルトだからソロだけのところがあるのは
当たり前なのだけれど、CDで聞いている時はあまり
気にならないのに、生できいているとオケの休みがすごく
気になる。
やはり視覚的な効果が大きいのだろう。

休憩後の交響曲2番。
冒頭の4分間は哀しみと甘美さといづれも兼ね備えたメロディで
一番好きなところ。
指揮の渡邊一正さんは、すごくゆったりしたテンポでタクトを振った。
いままで聞いたなかで一番遅い。
1stヴァイオリンの主題が始めるところもあまりにゆったりなので
「まさかこれで最後まではいかないだろうな」と驚いた。
2回目からは普通のテンポに戻った。

ラフマニノフ2番は甘美で、官能的で美しい。
演奏は完璧でとても素晴らしかったのだけれど、やはり
先週のマーラー6番のショックがまだ体の中にしっかり残っていて
これはとても贅沢な悩みかもしれないが
「凄く良かった」という感動が先週ほどはなかった。

音楽の持っている方向性というか「ベクトル」が
マーラーとラフマニノフでは全然違う。

マーラーの激しさとラフマニノフの激しさは全然違うし
その音楽から受けるエネルギーも全然違う。

ラフマニノフをせめてマーラーの2,3ヶ月後に聞いていたら
おそらく感動jも印象も違っていただろう。
きっと先週のマーラーを聞いてしまった人はみな
同じように感じたのではないかと思う。
それぐらいマーラー6番の演奏は強烈だった。

ピオヴァーノさんは昨夜はRA-18からみたので
ちょうど真後ろから眺めていたけれど
ほんとうに上手い。

もうピチカートなど、弓の動く様子を見ているだけで
どんな音ではじいているが手に取るようにわかるし
カンタービレで歌うところは体を左右に揺らしながら
弾いていてその動きがとてもメロディにぴったりで
もう昨夜もずっと目はピオヴァーノさんに釘付けだった。

弓へ加えるの一瞬の力がすごくあるので
音も相変らず凄い。2楽章までで毛を6回も切っていた。

3楽章のクラリネットのソロの伴奏のチェロが
あんなに美しかったとは、昨夜のピオヴァーノさんの演奏聞いて初めて
気づいた。

4楽章のフィナーレは圧巻だった。
渡邊一正さんは曲のまとめが上手い。
どこか一番きかせどころかよくご存知で
つぼをおさえている。

昨夜はNHKが収録していたので
しばらくしてから日曜午後のFMクラシックアワーで昨夜の
演奏がオンエアされるはずである。
昨夜の熱演を改めて聞けるのがいまからとても楽しみだ。

先週楽器のトラブルでオーボエソロが本調子ではなかったが
昨夜はコールアングレをとても美しく奏でていた。
ブラヴォー!!
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-23 23:19 | 東京フィル定期 | Comments(4)  

ピオヴァーノさんの画像

先週の東京フィル・サントリー定期で客演首席だった
ルイジ・ピオヴァーノさんがチェロ・ソロを弾いている
映像を見つけました。

こちらの「ローマの松」

2:22-2:39
2:56(映像なし:チェロソロの音声のみ)
3:05-3:12
4:07-4:19

かなりアップで写っています。

楽器は
マッテオ・ゴッフリラ。
ほんとに綺麗な楽器ですね。
勿論、音も素晴らしい!!

来年2月にサントリーでピオヴァーノさんのチェロ
チョンミョンフンさんのピアノで
ブラームスのピアノ4重奏1番ト短調
とドッペル・コンチェルトがあります。

今から凄く楽しみです。

////////////////////////////

補足です。

ピオヴァーノさんのチェロはもう来シーズンまで
聞けないと思っていたら、

なんと本日の
オール・ラフマニノフにも客演首席で
弾かれるとの情報、たった今入りました。

今夜はNHKが収録するので
後日FMでオンエアされるはずです。

いや、今夜もピオヴァーノさん楽しみです。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-21 18:43 | チェロ | Comments(8)  

マーラー9番 (思い出1)

先日東京フィル定期でマーラー6番の圧倒的名演を聴いて以来、
マーラー9番を初めて聴いた時の感動を思い出しています。

マーラーは若い頃はまったく聞くことができなかったのですが
35歳過ぎてから、だんだん聴き始め、
しだいにその麻薬のような響きの虜になりました。

9番を最初に聴いたのは勿論CDで
バーンスタイン指揮ベルリン・フィルとの一期一会の名演。
終楽章がもう圧倒的な演奏で聞き終えたあと
すごくショックを受けました。

それ以来一度機会があったら「マーラー9番を生で聴いてみたい」
と思っていました。

そんな時1996年にケント・ナガノがHalle管を率いて来日し
マーラー9番を演奏することを知りました。
コンサートのチケットを予約したのも学生時代以来のことで、このコンサートへ行った
ことでライブの演奏に触れる喜びを味わい、それ以来ずっと
またコンサート通いが始まったのです。

忘れもしない1996年6月9日のサントリー・ホールでの一夜。

演目はハイドン1番とマーラー9番。
指揮はケント・ナガノ。
オケはハレ管弦楽団。

ハレ管弦楽団はイギリスで最も歴史のあるオケですが初来日は意外に最近の出来事だったのです。

ハレ管弦楽団はバルビローリが手塩にかけて育てたオケで、黄金時代の名録音が多数残されています。第二次世界大戦で男性はほとんど戦地にいって団員不足となったため、バルビローリは女性奏者を積極的に入団させたらしいです。

これからお話しする2nd violin の女性奏者もきっと
バルビローリが採用した団員に違いありません。

2nd violin の女性奏者とは
こちらの映像の4:16から5:38までデュプレのすぐ左後方でヴァイオリンを
弾いている女性がその人です。
今からもう40年ぐらい前の映像でしょうか?

実はマーラー9番のコンサートの模様が後日NHKで放映され、その演奏を見てから気がついたのですが
多くの団員が演奏後涙を流していました。

中でも、セカンド・バイオリンのトップサイドの女性(仮にSさんと呼びます)は指揮者のすぐ後ろに写りますから
表情がアップで写り、大泣きしているのが解りました。

髪型・風貌とめがね、それに全体の雰囲気から
TVの中で涙を流している女性が約40年前?ビデオの中の女性であることが後日
判りました。

どうしてSさんがあれほど涙を流したのか。
それは謎ですが、自分にはそのわけがわかるような気がしました。



次へつづく
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-20 12:31 | 人生 | Comments(0)  

マーラー9番 (思い出2)

デュプレの画像は、もうかなり前にNHKで放映されたことがあります。

恩師との2重奏、ダヴィドフとの出会いなどお宝映像満載なのですが
私にとってはデュプレ以上に興味のある人物が写っていたのです。

デュプレがバルビローリ指揮でコルニドライを弾いている
すぐ内側でセカンドヴァイオリンを弾いている眼鏡をかけた女性。
映像の中でオケの名前は紹介されていませんが、

ずっと後でオケはハレ管だということが
その女性バイオリストを通じて分かったのです。

1996年6月9日。
繰り返しになりますが
この日は生涯忘れることができない一夜でした。
ハレ管弦楽団の初来日コンサートがサントリーで行われたのです。
指揮はケント・ナガノ。
曲目はハイドンの交響曲1番とマーラー9番。
私はマーラー9番をライブで聴くのは初めてだったので大変期待していました。

ハレ管はバルビローリと20年以上も良好な信関係を保ちハレ管の黄金時代を築きあ
げ、ことにマーラー演奏に関しては、あの時代にハレ管の演奏レベルは
ものすごく高く、マーラー3番ではベルリンフィルよりも素晴らしい演奏が
BBC legend シリーズからリリースされています。

バルビローリは1970年の大阪万博の際にフィルハーモニー管と初来日する
予定でしたが、日本公演のためのリハーサル中に心筋梗塞で急死し
来日することができず幻の指揮者となりました。

ケント・ナガノはハレ管の初来日に際して、マーラー9番を選曲したのは
そんなバルビローリのエピソードを知っていたからかどうかは、わかりませんが
とにかく素晴らしい演奏でした。

一楽章の冒頭から、もう涙があふれてきて
4楽章などはもうずっと目がうるんでしまって、舞台がかすんで見えました。

後日この日のコンサートの模様がNHKで放映されましたが
演奏が終わって団員が立ち上がりケントナガノが拍手を浴びアップで写っている
すぐ後ろに、涙をながしながら必死にこらえているセカンドバイオリンの女性
奏者がいました。その女性が、デュプレのコルニドライの伴奏をしていた
セカンドバイオリン奏者(Sさん)の30年(+α)後の姿だったのです。

Sさんが何故あんなに涙を流していたのか思いをめぐらせました。

バルビローリの指揮で数々のマーラーの名演奏をしてきた過去。
初来日の直前に急死して日本へくることがかなわなかったバルビローリ。
バルビローリが果たせなかった夢をその夜サントリーで実現できたこと。
あるいはSさんは、定年で退団が決まっていたのかもしれません。
そうするとSさんにとってこのサントリーでのマーラー9番がラストコンサート。
きっと、さまざまな思いが交錯し、涙が溢れ出たのでしょう。

とにかく演奏後にあれだけ涙を流している奏者を見たのは始めてで
ライブの時には舞台右側のRAブロックで聴いていたのでその女性バイオリニストの
後ろ姿しか見えず後日のNHKの放映で初めてSさんの存在を知ったのです。

マーラー9番を聴くと、ハレ管の初ライブの感動と
Sさんの涙を今でも鮮明に思い出してしまうのです。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-20 12:28 | 人生 | Comments(0)  

Leeのエチュード

今夜は早めに帰宅できたので夕飯後に
チェロを弾こうと思いましたが、
息子が一日休んでいたので、音出しできませんでした。

なので、楽器をケースから出して
左手の押さえのみを20分ほど。

ドッツアウア60番はCis moll のアルペジオ。
4弦をあがったりさがったりが延々と連続。
数小節押させるだけで左手が痛くなります。

2小節目は一番苦手なパターン。
1指→C線 Cis
2指→G線 A
4指→D線 Fis
3指→A線 His
これをいっぺんにおさえるとまるで拷問。

いつも2指が高め、3指が低めになります。
このA線が3指、D線が4指のクロスする押さえはすごく苦手です。

ところで、ドッツアウア2巻も62番までなのであと残り3曲のみ。

次はLeeのMelodious and progressive Studies 2巻。

さあっと譜面眺めてみましたが、一曲ごとにポイントが。
23番は cantabile
24番は double stops
25番は staccato
26番は various Bowing
27番は Arpeggios
28番でやっと Use of the Thumb で親指ポジション登場。

今年はきっと27番か28番ぐらいまでしか進まないでしょう。
Leeの2巻は40番まであるので、Lee終るまでやはり2年以上かかるということ。

思わず、ため息がでてしまいます。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-19 23:44 | チェロ | Comments(0)  

忘却

結局、今夜は文化会館へ行けませんでした。
夕方緊急の用件がはいり、職場を出たのが6時45分過ぎ。
その時刻だと文化会館到着は8時20分ごろ。
休憩も終っているので、カンタさんはパスしました。

帰りに○野楽器の楽譜売り場で、鈴木チェロの8巻を探しました。
エレジーの伴奏CDが目当てだったのですが、8巻は在庫なし。
左隣のスコアを見ていたら、先日のマーラー6番があったので
即、衝動買い。

自宅へもどってからマーラー6番のCDを聞こうと思ったのですが
どのCDを聞いたら良いか分かりません。
というのも、CDがたくさんあって、
どの指揮者がどんな演奏をしたのか、まったく覚えていないのです。

マーラー6番のCDは
シノーポリ、ジョージ・セル、ズビン・メータ、バーンスタイン(ウィーンフィルとニューヨークフィルの2枚)、バルビローリ、それにスヴェトラーノフ。
7枚ありました。

お気に入りの1枚をそればかり聞いていればきっと特徴を覚えているのでしょう。
自分は特定の曲ばかり、ある期間ずっと聞く悪い癖があります。
でも、これだけあると、CDを手にとってもテンポが速かったのか遅かったのか
録音状態はどうか、などとても思い出せないのです。

考えてみるとチェロを再開してから、休日にのんびりCDを聞く機会がなくなりました。
まとまった時間があるとチェロ弾いているからです。
なので、もう5年以上マーラー6番のCDはじっくり聞いていないということです。

実はもう一枚6番のCDを持っていました。
エド・デ・ワールト指揮+オランダ放送フィルのライブ版。
このマーラーのシリーズは結構お気に入りでした。
演奏会場がコンセルトヘボウなのですごく音響が良く、ライブなので
熱気のある演奏で、またジャケ写にマーラーの写真が作曲された年代ごとに
プリントされていて、CD聞きながらその神経質そうな風貌を見ているだけで
マーラーの世界に入り込めたのです。

もう10年以上前にある知人にそのCDを貸してしまったのですが
それっきりになり今手元にはありません。
エド・デ・ワールト指揮+オランダ放送フィルのライブ版のマーラー6番。
中古CD屋へ行くたびに探していますが、見当たりません。

もう入手不可能と思うと、どんな音だったのか
ますます聞いてみたくなります。

今年はスコア眺めながら、時間をかけて6番を聞き比べてみます。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-18 23:03 | 音楽 | Comments(0)  

一年

ハードケースのショルダーが破損し、
鞄のショルダーでも探そうかと思っていましたが
適当なものが見当たらず
昨日、御茶ノ水の○ロサワ楽器で、
ハードケースのショルダーを購入してきました。
GEWA用のオリジナル・ショルダーです。

GEWAのIDEAを買ったのは2003年12月。
その当時は、ショルダーも一本しか付いてなくて
それもかなり細いため肩に食い込んで痛かった。

最新型は幅広い肩当がついていて、裏もすべり止め
付きで同じケースかと思うぐらい担ぎ易いです。
これで腰への負担も軽くなりそう。
とても気に入りました。

明日の東京文化会館小ホール。
ルトヴィートカンタさんのチェロ・リサイタルがあります。
招待券をもらったので、都合をつけて聞きに行こうと思います。
さすがに5時に職場でるのは無理なので
休憩の後から聞くことになるかもしれません。

カンタさんは昨年2月にベートーベンのチェロソナタ全曲演奏会
聞いて以来です。
端正で正統派のチェロを弾かれます。明日は小品が中心。



ところで
このブログを始めたのが、昨年2月17日でしたので
今日でちょうど丸一年が過ぎました。

大好きなチェロの事、コンサートの事がほとんどですが
こんな拙い日記に、これまでいろんな方々から暖かいコメントをいただき
ほんとうに感謝しています。

これからもどうぞよろしく御願いします。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-17 23:18 | チェロ | Comments(4)