<   2007年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

ケラス初ライブ

ジャンーギアン・ケラスのドボコン聞いてきました。

演奏は東京交響楽団。
東京交響楽団を聞くのは今回が初めてで、
勿論、指揮者のユベール・スダーンも初めてでした。

演目は
ハイドンの交響曲3番
ドボコン

休憩

田園

ハイドンは弦が3-3-3-2-2+チェンバロと室内オケの編成。
音は綺麗でそつのない演奏なのですが

先日の東京フィルのガランタ舞曲の超名演を聞いたあとだけに
ハイドンを聞いただけでは、なかなかすごく感動というレベルまでは達しません。

今回のシートがRA4-26という一番P席よりの場所だったので
音がいつもの場所にくらべて篭る感じがしたのもl関係あったかも知れません。

ハイドンが終ったあとは舞台のセッティングに10分ぐらいかかりいよいよドボコン開始。

ケラスは今まで映像でしか聞いたことがなかったのですが
端整な顔立ちで、しかもチェロを弾くときの姿勢がすばらしい。
椅子に浅く腰掛け背筋がピーンとまっすぐで
とても美しいボーイングと正確な左手が生み出す音は
ほんとうに素晴らしく一度ケラスの音を聞いたら誰もがきっと虜になってしまいます。

ドボコンはまさに期待通りの名演でした。

今年の3月にも古川展正さんのドボコン聞いたばかりで古川さんも凄かったけど、
ケラスのチェロは、柔らかい音から硬質な音まで音の変化がダイナミックで
とても美しい。ビブラートは音の出だしからかけずに最初はノンビブラートで
じっくり響かせ、音の中盤から最後にかけてたっぷりビブラートをかける。
なのでビブラートがとても効果的で音がつやっぽく聞こえます。

サントリーは音響の良いホールですが
それを抜きにしてもケラスのチェロは良く鳴っていました。
いや、ケラスの無駄のない奏法がチェロをすごく鳴らしているのでしょうが
低音は重厚で高音は華やかで、しかも音程をほとんどはずさずに
一見すると、とても軽く弾いているようでいて
音はとても充実している。

まさに理想的な演奏スタイルです。

演奏中は終始、首を左に向けて弾く癖があるようですが
3楽章のコンマス・ソロとの掛け合いではコンマスと視線をずっと合わせ
弾いていました。

1,2,3楽章があっと言う間に終ると
熱狂的な拍手とブラボー。
ケラスのチェロを聴くために来ていた聴衆が多かったのかもしれません。
アンコールにはバッハ5番からサラバンドを弾いてくれました。
ケラスのサラバンドの解釈は
音をわりあい音符よりも短めに弾く演奏。
一度目は語りかけるような小さな音量で繰り返しの後はうったえるように音を盛り上げる。
とてもよいバッハでした。

ケラスはライブで聴いてますます好きになりました。
10月2日と3日に王子ホールでバッハ無伴奏の連続演奏会が
あります。両日ともに平日で午後の部と夜の部で6曲を演奏する
のですが平日なので休みがとれません。
バッハ全曲聴きたかったですが、これから
また幾らでも聞くチャンスがあるでしょう。

田園はズダーンの指揮も見事でしたし、演奏もミスもなく
上手いのですが、ドボコンが良すぎたため
自分はあまり集中できず、2楽章からは睡魔に襲われてしまいました。

演奏後の拍手もドボコンの1/3 程度で、ブラボーもなかったです。
聴衆のみなさんも自分と同じように感じられたのかもしれません。
やはりベートーベンなどの古典派の曲を演奏して聴衆を感動させるのは
とても難しく、単にうまく弾くだけでは駄目なようです。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-30 00:45 | 音楽 | Comments(11)  

レッスン49回目

昨夜8時から1時間レッスンでした。
レッスンの日はいつも1時間年休をとり、1時間ほど
音出ししてから師匠のお宅へ伺いますが
昨日は職場でるのが遅くなったので自宅では30分しか音だせませんでした。

まずはLOEBのスケール。C-dur4オクターブ。

d0010720_0442856.jpg

昨日は八分音符のスタッカート。低音では弓の幅は少なくて引っ掛けるだけでいいのですがA線の高音部にいっても同じ弾き方だと
音が貧弱で潰れてしまいます。なので、高い音では、もっと弓を使って弾くようにとのこと。
八分音符のスラーと附点八分音符とボーイングをかえてやはり4オクターブ。

ドッツアウアー54番は一回でOK。
音程が難しいですが、いちおう弾けているということで、55番に。

d0010720_0472633.jpg


55番は重音の連続で、課題がたくさん。
弓の毛を寝かせて弾かないように。
一本の弦だけだったら寝かせてもいいけど
2本一度に弾くので毛の面が全部弦に触れるように弾くこと。

↑↑↑ 1段目最後の小節のミ・ラの音程が決まらないです。
G線4指のミがどうしても低めになってしまいます。
D線2指のラも微妙にずれる。
ここばかり相当弾かされました。
弾くたびに音程がずれます。
小指の力が弱いようです。
もっと強化するようにというのが課題です。
課題はあるものの、一応OKでした。
今回はこの55番を一番時間かけて予習したので
その成果がありました。


ゴルターマンのLa Foiはやはり冒頭の音が潰れるので、

d0010720_050258.jpg


弓を押し付けないで弓をもっと速く使ってたっぷり弾くように。
テンポは守り勝手に遅くしないこと。

最後の重音↓は音をつなげることと
音が全部聞こえるように弾くこと。

d0010720_051618.jpg


次回はドッツアウアー56番とラ・フォイです。
ラ・フォイの次はゴルターマン5番の3楽章を弾くことになりました。

今夜はサントリーでケラスのドボコンを聞きに行きます。
ケラスのライブは初なので楽しみです。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-29 00:56 | チェロ | Comments(0)  

「さようなら、故郷の家よ」

icecello さんのブログで紹介されていた↓のCD。

エッケルト・ルンゲがチェロ・ソロを弾いている「cello cinema」を最近良く聞いています。
4年前に、このCDを購入したときにはあまり「これ、いいなぁ」と
思わなかった曲の中で
最近すごく、はまっているのが、カタラーニ作曲の「La Wally」。

映画「ディーバ」の中でも歌われていたそうなのですが、
「ディーバ」は残念ながら見ていません。

この「La Wally」の旋律が頭から離れなくて、楽譜があるかどうか検索したら
○カ○ミ○に在庫がありました。
チェロ+ピアノのアレンジです。

ならばYou Tubeでも誰かがチェロでこの曲を弾いているか
と検索したらチェロではなく声楽でたくさんのビデオが
アップされていました。
もともとオペラの中のアリアなのですね。

曲名は「ああ、わがふるさと」もしくは「さようなら、故郷の家よ」。

自分はオペラにはあまり詳しくないので、この曲がオペラの
どういう場面で歌われる曲なのか?
また映画「ディーバ」の中でもどういう場面で歌われたのか?
まったく知りません。

でも、この曲、オペラのアリアの中では所謂、名曲中の名曲なのでしょうね。

マリア・カラスのに強く心を奪われてしまいました。




特に2;20からの旋律はたまりません。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

投稿した後で、Angela Gheorghiu の映像を見てみたら
英語訳が出ていました。

So I shall go far away
Like the echo of the church bells
Far away, admistamidst the white snow
…and the golden clouds
There , where hope become regret
…regret and sorrow

I leave my mother’s happy home
to go far away from you
and perhaps I shall never return
you shall never see me again

I shall go away, alone and far away
Like the echo of church bells
Admistamidst the white snow

愛する母の家を離れ、もう二度と戻ることはない
という決別と望郷の歌だったのですね。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-28 14:21 | 音楽 | Comments(10)  

液晶TVがフリーズ?

昨日の午後、家内からメールがありました。

「またTVが壊れたみたい。
電源オンにしても画面に何も写らないし、こんどは
電源もオフにできない」

そんなバカな、と思いながら
早々に帰宅しました。

4月に古いTVが壊れ購入したばかりの最新型液晶TVなのですから
そんな簡単に壊れてもらっては困るんです。

帰宅してみると、確かに
電源ランプが緑色で電源はオンになっています。
(電源オンだと電源のランプが赤から緑色になる)

でもリモコンでスイッチオフにしてもまったく反応せず
映像切り替え(TVからビデオ、ビデオからTV)しても
画面は真っ暗なまま。

TVの本体にも電源スイッチがあるので
それを操作してもまったく反応しません。

とにかく何をしても画面は真っ暗なまま

突然こういう状態になったらしいのです。

しばらく考えた挙句

自分がとった次の行動。

TVの電源プラグをコンセントから抜き、
もう一度、コンセントに電源プラグを入れてみました。

そしたら何と、画面に映像が映りました。
その後はちゃんといままでどおりにTV映ります。

パソコンで画面がフリーズしてどうしようも無いとき
再起動させますが
再起動もできないときに電源をコンセントからぬいて
もういちど電源を通すという、あのやり方を

液晶TVにも試みたのですが
それで直るってことは

液晶TVも突然フリーズしちゃうってことですね。

購入して半年でまた修理かと半分諦めムードで
いたのですが、↑の方法で簡単に直ってしまって
驚きました。

今のTVにはきっとパソコンと同じような
基板がたくさん使用されているから
パソコンと同じ現象がおきても不思議ではないと
思いますが、

あんな簡単に直るとはびっくりしました。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-26 17:03 | その他 | Comments(7)  

49回目レッスン予約

48回目レッスンが8月25日でしたから
もう一ヶ月も空いています。

ほんとは先週夏休みの間に一度
レッスンを希望していたのですが、師匠の都合が悪く
今週ならOKと連絡をうけていました。

今週は金曜の夜なら時間があるので
先ほど連絡したらOKとのこと。
これで9月中にぎりぎりセーフでレッスン受けられることになりました。

次回は通算49回目。
チェロ再開して3年9ヶ月で49回ですから、やはり平均月1回しかレッスン行けてないですね。
ほんとなら月2回は行きたいところですが、なかなか時間がありません。

24日(月)はさすがに琵琶湖と会津の旅の疲れが出て、1時間半で練習を切り上げ
夜も10時半には就寝してしまいました。

昨夜は、サイレント弓(松脂を塗っていない弓)で30分ほど弾きました。
弦に松脂が残っていてそれが弓の毛に付着するので
どうしても音が出てしまいますが、通常の弓に比べれば音量は1/10ほど。

昨夜はエアコンつけずに窓を開放して弾いてので
夜風が心地よかったです。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-26 10:41 | チェロ | Comments(2)  

帰省余話

22日に郡山から会津若松へ向かう快速はすごく混雑していて
人が車内をあるけないぐらい、ぎゅ~ぎゅ~でした。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-26 09:56 | その他 | Comments(0)  

これから帰ります

d0010720_147458.jpg

実家から会津若松駅に向かう途中で、たまたま会津藩公行列の最後尾の長刀隊の行列の脇を通り過ぎました。気温は25度、曇。雨はどうやら降らずに済みそうで、昨日までの暑さも和らぎ藩公行列を歩いている皆さんには最適の天候でしたね。自分にとっても、今回の帰省は、本当に充実した有意義な時間になりました。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-23 14:07 | Comments(12)  

今朝の鶴ヶ城

d0010720_841820.jpg

朝食後の散歩で、本丸まできました。実家からは五分ほどの距離です。なので実家来ると必ずお城を散策します。これから藩公行列が行われますが、その出陣式の舞台が設営されていました。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-23 08:41 | Comments(5)  

実家から

郡山から磐越西線にのって会津若松まで向かいました。

6両編成の快速は満席でたっているお客さんもおり
乗車率は150%ぐらいでした。
途中の猪苗代駅ではSL郡山会津路号が停車していて
線路の脇にはSLの写真をとろうと鉄道愛好家が沢山
カメラを構えて立っていました。

実家は会津若松市の鶴ヶ城のすぐそばです。
↓↓↓は家からほんの数分歩いていけるお堀ばたを携帯で撮ったものです。
春は桜、秋は蔦の紅葉がとても綺麗です。

d0010720_20281366.jpg


会津若松では今日から三日間、会津祭りが行われます。
目玉は、なんといっても明日の藩公行列ですが
どうやら明日は朝から一日雨のようなので
今回の藩公行列の準備をされてきた方々には少々気の毒です。

午後からルイーズで「ジョスランの子守唄」弾きました。
母親はとても喜んでくれて
「もう一回」
「もう一回」と何度もリクエストされ
5回ぐらい弾きました。

女学校の歌唱の時間に皆で
歌ったらしく、一緒に歌詞をくちずさみながら
聞いてくれました。

大学入学して2,3年目の夏休みに
やはりジョスランを弾いたことがありますが

「あの頃とは、音が全然違う」といってくれました。

ショパンの別れの曲も弾いたのですが
これは兄が大好きな曲だったようで
兄からもう一度弾いてくれとリクエストされました。

古い弓(Morizot)と新しい弓(ベルナルド)で
ジョスランを弾き比べてみましたが
兄はベルナルドのほうが断然音が良いといってくれ
やはり弓の違いによる音の差がはっきりでるようです。

夕食は母が手作りの田舎料理をおなかいっぱい
食べました。昔からいつも同じ味付けで
いくつになっても母の手作りの料理はうれしいです。

明日は午前中に父の墓参りをし、
午後には、帰京します。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-22 20:28 | Comments(5)  

これから出かけます。

今、東京駅に着きました。この前の琵琶湖旅行の時よりも、混雑しています。当日券販売みたらすべて売り切れです。郡山まで行くのに、やまびこ、は指定とれないので、各駅停車のなすの号にしました。郡山までなすの号で行くのは、初めてです。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-22 08:21 | Comments(0)