<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

ウルフ音

自分のチェロはG線の第4ポジションのEのあたりでウルフ音がでます。
一番最初に張った弦はスピロコアでその時にはウルフキラーをつけ、
すこしだけウルフ音が少なくなりました。

でもウルフキラーをつけると楽器全体の鳴りも変化してしまい
特にD線の鳴りが70%ぐらいまで抑制されてしまうような気がします。

その後いろんな弦を試しました。
ベルカントではウルフがあまり出なかったように記憶していますが
一番ウルフ音が出ないG線は,なんと一番定価が安いプリムでした。
これは意外でした。

自分の中では
定価が安いプリム弦=あまり良い弦ではない
というような認識があったからです。

先日たまたま佐々木ヴァイオリン工房のHPを眺めていたら
弦の張力一覧が出ていました。

G線では11kg~14Kgぐらいの張力がかかっているのですが
佐々木氏のデータによればプリムはスチール弦では一番張力が弱いのです。
プリムのmediumで11.06 Kg orchestra で 11.29Kg でし
た。

ウルフ音がひどかったスピロコアは13.97Kg でプリムとは、約3Kgも差があります。
ちなみに今A線はラーセンソリストを張っていますが18.31Kg 。
押さえるのがシンドイわけです。

このG線の張力の強さとウルフ音が逆比例するのかどうかは
解りませんが、興味深いデータだと思って眺めていました。

でもプリムのG線も、はって1ヶ月ぐらいはウルフが気にならないのですが時間の経過とともにウルフがだんだん出てくるようになります。

G線も含め今の弦は4月21日に張り替えていますが最近G線のウルフ音が気になりはじめました。
いわゆる弦の劣化という現象があらわれているせいなのかもしれません。
D線もプリムなのですが、一番押さえてる場所(例えばFis, G)は汗で弦の表面の色が変色しはじめています。
もう張り替えたほうがよいのか、もう1ヶ月は待ったほうがよいのか悩むところです。プリムは定価が安いのでD、G線は30%引きで2本買っても約4000円。

ちなみに今月28日発売のサラサーテには弦の特集がでていて、いろんなメーカーのことや弦の特徴が詳しく書いてありました。
それによればプリム弦はプロのチェロ奏者が開発した弦なのだそうです。
そうとは知りませんでした。
でも弦ってなぜスウェーデン、デンマークとか北欧に有名なメーカーが多いのでしょうか。何か理由があるのでしょうね。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-06-29 17:10 | チェロ | Comments(0)  

嘘のような本当の話


昨日の朝9時ごろ、職場に大学時代の友人H君から電話がありました。

H「おはよう、ひさしぶり。こんな時間に電話するってことは、なんだかわかるだろう」

自分「もしかして、また誰か亡くなったの?」

H「そうだよ。今朝職場にきたら、連絡がはいっていて。
  W君の細君が亡くなったそうだ。なぜ、なくなったかわからないけど、今夜お通夜。明日、告別式だって」

自分「今日も明日も仕事休めそうもないけど、とりあえず、葬祭場の場所だけファックスしておいてくれる。番号は○○○―○○○―○○○○です。」

W君と奥さんのHさんは大学1年の時から交際して、卒業と同時に結婚し、
オシドリ夫婦でした。

お通夜も告別式もF県K市で行われるので自宅から新幹線使っても
片道2時間半かかります。なので、昨夜はお通夜へ行くのは到底無理でした。
それに、自分はW君夫妻とはあまりつきあいもなく、年賀状のやりとりもしておらず、
弔電だけにすることにしました。

で、昨日は大学時代の同級生のことを思い出していました。

K市のすぐ南にあるS市にいるN君。
N君とは、良く飲みにいき
自分のことをいつも「○○ちゃ」と親しげに呼んでくれていました。

もし、K市のお通夜にいったらN君に会えるな。懐かしいな。
久しぶりだな。
まだアイツはあいかわらず訛りがぬけないのかな。
なんていろいろ考えていました。

夕方5時半ごろ、またH君から電話が

H「いや大変だよ!」

自分「今朝はファックスありがとう。やっぱりKまでいくのは無理だから弔電だけ打つことにしたよ」

H「それが、驚くなよ。N君もさっき亡くなったってO君から連絡があったんだよ」

自分「えっ、なんだって!N君も亡くなったの!!」

H「そうだよ、今日はいったいどうなっているんだ。同級生が一度に2人もいっちゃうなんて」

まるで後頭部をが~~んと殴られたような衝撃を受けました。

昨日の朝、W君の奥さん(Hさん)がなくなったって連絡受けたときに
まず頭に浮かんだのがHさんの可愛らしい笑顔。

で、そのあとはN君のことずっと考えていたんですから。
そのN君までHさんと同じ日に逝ってしまうなんて。

自分がずっとN君のことを考えていたことと
N君まで亡くなったことは、単なる偶然であって欲しい。
そう思いました。

N君の葬儀には行こうと思っています。

人生いろんなことがあるけど、昨日ほど驚いたことはありません。

HさんとN君2人のこれまでの人生に合掌。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-06-27 00:36 | その他 | Comments(4)  

新たな不安


日曜にメロンオケの演奏曲を練習しました。午前11時から正午までと午後3時半から5時半までの合計3時間です。

で正午から午後3時半まで何をしていたかというと


昼食を食べたあと、きっちり2時間爆睡していました。


普段も自分は午後の1時半から2時半ぐらいにどうしようもない睡魔に襲われます。
日曜に自宅で過ごしていると緊張感がまったくなくなるのでしょう。
もう食べ終わったら即眠る、というパターンがほぼ定着しています。

ある日曜の生活パターン

朝ご飯をたべる
眠くなって新聞よみながらソファーでうとうとする。
すこし眠ってからチェロの練習をする。
昼食を食べる。
凄い睡魔に襲われて熟睡する。
昼寝から覚めたらチェロの練習をする。
夕飯を食べる
あとかたづけのあと1時間散歩する
また眠くなるのでうとうとする。

↑のチェロの練習=おもちゃで遊ぶ、と置き換えると
まるで犬か幼児のような生活パターン。
とカミサンに話したらカミサンから↓の一言。

「犬は見ているだけで癒されるし
音あたりするような騒音はださないし
比較される犬の方が、可哀想。」

う~~ん、自分は犬以下ってことか。

で夕張メロンオケのスケジュールを改めてみてみると

7月14日(土)
14:30~16:00 公開フルオーケストラ練習1
16:00~16:30 夕張メロン食べ放題
17:00~18:30 公開フルオーケストラ練習2
18:30~20:00 夕食
20:00~21:30 公開フルオーケストラ練習3

7月15日(日)
7:30~9:00   朝食
9:00~10:30  公開フルオーケストラ練習4
10:30~12:00 公開フルオーケストラ練習5
12:00~13:30 昼食
14:00~15:00 無料コンサート1
15:00~15:30 夕張メロン食べ放題
16:00~17:30 自由時間
17:30~19:00 公開フルオーケストラ練習6
19:30~21:30 打ち上げ

7月16日(月)
7:30~9:00   朝食
9:00~10:30  公開フルオーケストラ練習7
10:30~12:00 公開フルオーケストラ練習8
12:00~13:30 昼食
14:00~15:00 無料コンサート2
15:30       解散千歳へバス出発

あらためて気づいたのが
昼食後に昼寝の時間などなくて
15日と16日とも本番の時間が、魔の時間帯、てこと。

自分が一番眠くなって集中力がなくなる時間帯に本番があるのです。
これはやばいです。
なんとか対策を考えないと。
昼食を抜いて本番に臨む、とかしないと駄目かも知れません。

今までも時々オケのトラで呼ばれることがあったのですが
開演時間がだいたい午後2時からだったりするんです。
で、そういうときにはお昼を食べないか
食べるにしても軽食で済ませるようにしています。
そうしないと、集中力がなくなります。

昼寝の時間は15日の16:00~17:30しかありません。
↑はかなりきついスケジュールですね。
これで夜アンサンブルでもやろうもんなら、本当に合宿状態です(笑)。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-06-26 16:25 | 音楽 | Comments(4)  

マリノ・フォルメンティのピアノリサイタル



昨夜はNBホールでマリノ・フォルメンティ(Marino Formenti)の
ピアノリサイタルを聞いて来ました。昨年秋にウィーンフィルのメンバーと
ピアノ四重奏の演奏会を聞いたのですが、そのときに彼がソロでモーツァルトの
ロンド・イ短調K511を弾きました。それが素晴らしい演奏だったので、
今回も彼の演奏をとても楽しみにしていました。

前半はドビュツシーの「映像第1集」(1905)「第2集」(1907)
後半は「展覧会の絵」という構成でした。

ドビュツシーの「映像」は、まったく初めて聞きましたが、
フォルメンティはp〜ppの響きと漂うような和音の表現がすごくうまく、とても美しい響きでした。
ドビュツシーの響きは独特で、古典派やロマン派を聞きなれた耳にはすこし特異に聞こえるかもしれません。

作曲されてから100年もたった現代において聞いてもそう感じるのですから、
当時のパリの聴衆にはどのように受け入れられたのだろう?などと思いをめぐらせながら聞いていました。

マーラーはドビュツシーとほぼ同時代に生きていた訳ですが、ドビュツシーに比べれば、まだマーラーの響きの方が自分にはうけいれやすいです。

後半の「展覧会の絵」は前半とはことなり、ほんとうに圧倒的な演奏でした。
「展覧会の絵」では、プロムナードのテーマが曲間に何度も繰り返されます。
毎回すこしずつ演奏スタイルが変わりますが、絵を眺め次の絵を眺めに歩いていく光景がおもいだされるようでした。

「カタコンブ」あたりから「キエフの大門」は圧巻でした。
タッチの鋭さ、すさまじい響きと和音、間合いの緊張感。

日本ではほとんど知られていないピアノストですが、海外では結構活躍しているようです。
今年5月にはウィーン音楽祭でヤナーチェクのピアノコンチェルトを演奏し
11月のルツエルン音楽祭でソロ・デビュー・コンサートを行うそうです。

N市の音楽愛好家が毎年秋にウィーンフィルのメンバーを呼んで演奏会を開催していますが、今回の演奏会もこのN市の音楽愛好家が中心になって企画したので、あまり宣伝がされなかったようです。
1400名収容できるホールに300名ぐらいしか入場者はいませんでしたが、フォルメンティは全然不機嫌そうな顔をみせず、かなりの気迫で演奏していました。前から2列目で聞いていましたが、演奏中の集中力凄かったです。
うなり声も結構すごかった。

アンコールは3曲
ショパンのワルツ
琵琶湖周遊の歌——これはフォルメンティが編曲したのでしょうがドビュッシー風でした。
最後がシューベルト?(シューベルトって聞こえたのですが)のノクターン(シューベルトにノクターンありましたっけ?)
どれもすばらしかったです。

すべて暗譜でひいていたのにも驚きました。
You Tube で彼の演奏している映像ないか検索しましたが
ありませんでした。

ただ1つだけ彼の姿が映っている映像がありました。
今年4月のサンフランシスコ・パフォーマンスにラン・ラン、
スーザン・グラハムらとともに招待されたそうですが
映像の18秒ぐらいで舞台に降りてきてピアの下にもぐりこみ
ガンガン修理しているのがフォルメンティです(笑)。
結構小柄で陽気そうなイタリア人です。




追記2009.6.8
////////////////////////////////////////////////////////////////

フォルメンティの一昨年4月のサンフランシスコでの演奏の映像がありました。

曲はKURTAG's GHOST。まったく初めて聞きますが
これは古典から現代までの作曲家のメロディを組み込んだ現代曲かな?
展覧会の絵の一部はこちらの3:40~5:50で
(不協和音が苦手な方は前半(~3:40まで)のブーレーズはとばしてください。)
スカルラッティはこちらの冒頭~3:40で聞くことができます。


この夜のリサイタルの批評はこちら



追記2009・6・25
2009年6月の来日コンサート印象記はこちら

[PR]

by hideonoshogai | 2007-06-22 14:27 | 音楽 | Comments(4)  

治った!

今、G弦楽器でチェロを引き取りました。試奏しましたが、C線開放弦のビリツキ完全に消えています。これで、思いきり楽器が弾けます。職人さんに丁重にお礼を言いました。弦の力は約7050Kgありますが、これが、すべてネックの継ぎ目に加わるのでこの部位が緩む事は、割合多いのだそうです。社長さんがいらしたので、夕張メロンオケの話しをしたら、指揮者の菊地先生の事、ご存知でした。

社長:「先生、お元気ですか?」
私:「いや、私も25年振りでお会いするんです」
音楽の世界も狭いですね。
帰りに品川駅のPAULでクロワッサンを土産に買いました。この前チェロをあづけた時に買って帰りましたが、クロワッサンが大好きな家族に好評で、今日もねだられました。美味しい夕食になりそうです。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-06-20 17:53 | Comments(2)  

修理完了

先ほど、G弦楽器から↓の連絡がありました。

「今お預りしているチェロの修理が先ほど終わったようです。
いつでもお渡しできますので、ご都合が宜しければお好きなときに
ご来店くださいませ。
内容は、ネックのはがれ付けのみで1570円でございます。
お待ちしております。」

やはり予想したとおり、ネックと本体の間の膠がゆるんでいたようです。
ネックの剥がれつけだけで、ビリツキが治って良かったです。

明日の午後もし時間休がとれたら早速引き取りに行こうと思います。

表板開ける、なんておおごとにならなくて良かったです。

3日間弾いてないので、早くチェロを弾きたいです。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-06-19 18:00 | チェロ | Comments(2)  

散策

昨日は早起きして、家事を8時半までに済ませ、9時前に近所の香澄公園まで散歩に行きました。散歩と言っても自宅から香澄公園まで、もし歩いたら1時間以上はかかるので、車で公園の駐車場まで行き、公園の中をのんびり1時間散策しました。

香澄公園は高速道路の北側に高速道路に沿って作られた公園で幅が300メートルぐらい?長さが1.5キロぐらいあり、端から端まで歩くとすごく気分よく散策が楽しめます。
公園のすぐ北側が住宅地になっています。実は、公園といっても、高速道路の騒音が住宅地まで、とどかないように緩衝帯のような目的で作られた緑地帯なのです。

でも、一旦公園の中にはいると、自然の森の中を散策しているような
錯覚におちいるほど静かで落ち着いています。

春の桜も見事ですが、四季を通じて散策を楽しめます。
犬の散歩をしている人、ジョギングしている人、家族でお弁当持参で
スポーツしている人。いろいろな光景が見られます。

芝生の広場や、バーベキュー場、もあるのですが、今の時期は菖蒲を見ることができます。

d0010720_17364533.jpg


明治神宮から株分けされた由緒ある菖蒲なのですが、昨日は時期がすこし遅かったようで、半分ぐらいは枯れかかっていました。でも遠くからみると、白、紫、紺、青のコントラスが見事でした。

秋には紅葉も楽しめ、ちょっとした日本庭園のような場所もあって
写真もアングルによっては、「これ京都だよ」っていってもわからないぐらいの出来上がりになるスポットもあります。

で、「こんなとこでチェロを弾いたら、気分が良いだろうな。」って思って、そうカミサンに話したら「騒音公害になるからダメ!!」と
即却下。

いつも狭い部屋の中でしかチェロを弾いたことがないので、一度は、公園とか、湖畔とか、夜空の下とか、そんな場所で、思い切りチェロを弾いてみたいですね。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-06-18 17:36 | Comments(0)  

チェロ入院

5月24日にG弦楽器でビリツキの修理に、膠を指板とネックの間にすり込んでもらったのですが、その後もビリツキが治らず、また、ビリツキの種類が以前とはちょっと違ってきたので、今日(正確にはもう昨日)G弦楽器へまたチェロもって行ってきました。

C線の開放弦の時しか、ビリツキが出ないのは同じなのですが、以前は部屋のエアコンで除湿かけて弾いていると部屋の湿度が下がりビリツキがなくなっていました。でも、今回は弾き始めはあまりビリツキがひどくないのですが、楽器を弾くにつれてビリツキが酷くなり、いくら除湿をきかせても改善しません。

指板の右側の一番駒よりのところをちょっと押さえてやるだけでビリツキが完全に消えるのでネックと楽器本体の継ぎ目あたりが、緩んでいるのかもしれません。

G弦楽器の職人さんに、見ていただいたら、駒の脚の裏に剥がれたニスが付着して、駒がきちんと立っていないのも原因かもしれない、と言われました。
ビリツキが出ている場所に、ビリツキの原因があるとは限らないのだそうです。
確かにネックと本体の継ぎ目あたりからビリツキがでますが、そこに原因があるかどうかはわからない、また、いろいろやってみますが、治らないかもしれない、とも言われました。
今回治らなかったら、いよいよ表板あけて修理ですかね。そうなると大変だなぁ。

はっきりと裏板や表板に剥がれがあるとか、目にみえるような不具合があれば
治すのは簡単らしいのですが、自分のチェロの場合にはちょっと厄介みたいです。

そんな訳で、チェロを1週間あづけることにしました。明日は日曜ですが、ルイーズを購入してから、ルイーズがいない日曜ははじめてです。夕張オケの練習もしなきゃならないけど、あと1週間はじっと我慢です。
ちゃんと治ってくれれば良いのですが、職人さんを信頼し任せるしかありません。

PS:このブログはじめて4ヶ月が過ぎました。またこの投稿がちょうど100件目です。始めた時には、120日で100件も書くとは予想していませんでした。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-06-17 00:15 | チェロ | Comments(6)  

フランス語がわからない!!

トルトリエのマスタークラスフランス語がわかりません。

補足:今朝でがけに、あわてて投稿したので↑だけになってしまいました。
    
    メトロノームのように弾くな、呼吸(吸気と呼気)をワンフレーズごとに
    あわせて弾くこと、

    そんなことをいっているのかな

    あっ、あと、最初のソレシラシラシラのシラシラシラの発音
    子音のことを言っているのかな

    どなたかフランス語堪能なかたいらしたら
    どんなことを教えているか是非解説お願いします。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-06-16 08:36 | チェロ | Comments(0)  

楽譜到着

YMOの楽譜が郵送されてきました。
演奏曲目はエルガー「威風堂々」ワーグナー「ニュルンベルグのマイスタージンガー」
それにベートーベンの「運命」。

どれもいままでオケで弾いたことがない曲ばかりです。
威風堂々とマイスタージンガーは、CD聞きながらパート譜を2回眺めてみたので
全体の感じはつかめました。マイスタージンガーはたまたま所有しているCDが
チェリビダッケの晩年のライブ演奏なのでテンポがすごく遅いのです。
なので、譜面をじっくり眺めることができました。
この3曲を7月15日と16日と両日ともに1時間で演奏するのですから、
けっこうヘビーなプログラムです。

日程表をみたら、練習はすべて公開練習で夕張市民のみなさんがだれでも
リハーサルを聞けるようになっています。自分は14日の夜からの練習に参加なので
15日の午後の本番までには、14日夜の練習と15日朝の練習しか出られません。
ボーイングの書き込みが全くないので、現地で決めるのでしょうね。

ボーイングは結構重要でこれが自分の予習と違っていたりすると、
とたんに弾けなくなりますから、14日夜には全部楽譜にかきこんでおかないとなりません。

で、楽しみな「夕張メロン食べ放題」は14日と15日の午後の休憩時なのですが、
14日午後の休憩には自分は間に合わないので、メロン食べ放題は15日にたった一回のみです。これじゃ話が違う(←冗談です)。

夕張でのオケ、存分に楽しんできます。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-06-13 14:58 | チェロ | Comments(5)