カテゴリ:旅( 51 )

 

6月の十勝(その2)

六花の森を訪ねて来ました。

初めてここを訪れたのは一昨年9月でしたが、バスツアーで時間の制約があり
ゆっくり時間をかけてみる事ができませんでした。

今日は時間を気にせずじっくり見る事ができました。
外気温は低く約7度ほどで吐く息が白く見える程です。

エントランスから出口まで順に
紅花一薬草
九輪草
稚児百合
蝦夷甘草
風露草
黒百合
浜梨
アヤメ
鈴蘭

などが可憐な花を咲かせていました。
九輪草は今が見頃で新緑とのコントラストが素晴らしかった。

花だけでなく
真野正美、坂本直行、池田 均等の絵画が展示してあり
静かな森の中でこれらの絵をゆっくり眺める時間がとても贅沢に感じられました。

動画はBGM無しです。
静寂と鳥のさえずり、川のせせらぎを感じていただけたら幸いです。


[PR]

by hideonoshogai | 2016-06-04 21:33 | | Comments(2)  

6月の十勝

昨日から帯広に来ています。

気温は13℃ですが、風がとても強く「爽やかさ」を通り越し、6月とは思えない寒さを感じました。
足寄(あしょろ)では昨日の朝うっすらと雪が降ったそうです。
勿論、こんな寒さは滅多にないことです。

空港到着後北海道ガーデン街道の一つ、真鍋庭園に直行しました。

新緑がとても美しかった。
そして、強い風に草花や木々が大きく揺れ動いているのを眺めていると
ちょっと極端かも知れませんが、自然の「命」「生命力」を感じました。

その光景が今の自分の心情にぴったりで、とても印象深かった。
この美しい自然の姿をずっと心に留めておくために、動画を作ってみました。

携帯での撮影で、ほとんど編集もせずにただ繋げただけなので手ブレも多く画質も悪いです。
「風」「命」「生命力」を感じていただければと思います。

BGMはバッハの平均律クラヴィア集からプレリュード(チェロ版)です。




[PR]

by hideonoshogai | 2016-06-03 17:50 | | Comments(4)  

彩凛華

昨日も帯広は快晴で朝の気温は氷点下1度ぐらいで暖かです。

d0010720_5333939.jpg

d0010720_5343199.jpg


8時21分発バスで駅から15分程の目的地に移動。
バスの中には、家庭からでる廃油の回収ボックスが設置されていました。

d0010720_534612.jpg


帯広は環境再生モデル都市に指定されていて
牛の糞や廃材からのバイオマスの生成や廃油の再利用に取り組んでいます。
家庭でのゴミの廃棄についても市役所のHPのPDFはなんと32Pもあり
実に細かく細分化されています。

午前中は、目的地でずっと作業をし8割がた完了。
お昼は、前回帯広に来た時にその美味しさにはまった「たんた家」の
カレーうどんを食べました。

d0010720_5353481.jpg


大エビミニ天丼とカレーうどんのセットです。

d0010720_5361085.jpg


カレーうどんと言ってもカレーの味はそれほど強くなく
和風のダシと十勝の新鮮な牛乳でトロミをつけた
実にクリーミーな味つけで、うどんも自家製でこしがあり喉越しが実に滑らかです。

午後からまた作業を再開し9割まで完了。
夜は十勝川温泉まで彩凛華を見に行きました。
帯広駅ターミナル18時11分発バスで十勝川温泉までは35分ほどです。
バス停を降り約10分程なだらかな雪道を登って会場に到着すると
突然雪上に華やかなイルミネーションが輝いています。

光のトンネルをくぐり

d0010720_5363648.jpg


円錐の光の塔を眺め

d0010720_537457.jpg


一昨年9月に見た花時計も奇麗にライトアップされていました。

d0010720_5372743.jpg


昨夜は幸い風がほとんどなく寒さはそれほど厳しくはないものの
20分も表にいるとやはり下半身が冷えて来ます。
帯広市内よりも相当気温が低いのでしょう。

頭上を眺めると寒空に満月が凛と佇んでいました。
とても静かで美しい月でした。

帰りはもうバスが無いのでタクシーを手配し、
いつも定点観測している十勝川白鳥大橋を
通り、帰路に着きました。

初日ということもあり会場はかなりの賑わいでした。
今日は昼過ぎの便で羽田に戻ります。



追記(2016年1月25日)
1月22日放送のNHK北海道ニュースWEBの「彩凛華」動画がこちらでみられます。

[PR]

by hideonoshogai | 2016-01-24 05:37 | | Comments(2)  

意外と暖かい

とかち帯広空港に定刻通り13時に到着しました。
天気は快晴に近く、襟裳岬が機上から窓越しにはっきり見えました。

前回来たときは右側の窓から景色を眺めていたので
気づかなかったのですが、今回は左側の窓だったので
襟裳岬に続く山々が美しい。

空港から表にでると日差しが暖かく
それほど寒いという感覚はありません。

夜は「かかし」という居酒屋で3人で食事。

味付けが全体に濃いめ。
北国だからこれが普通なのかも。

ホテルの真ん前が帯広駅。
イルミネーションが奇麗です。

d0010720_21215453.jpg


駅北口の寒暖計をみたらちょうど氷点下0度ぐらいでしたから
今夜は暖かです。
でも、目盛りを見たら下は氷点下40度まであるので、寒いときはほんとに
寒いんでしょうね。

d0010720_21231254.jpg


明日は日中は市内で所用があり夜は
彩凛華(さいりんか)
を見に行く予定です。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-01-22 21:25 | | Comments(2)  

厳冬の十勝へ

今日から日曜まで真冬の十勝へ行ってきます。
十勝は一昨年の秋に旅してとても気に入った場所

今朝は氷点下12度で
十勝川白鳥大橋には川霧がでていますが

d0010720_6465475.png


天気は快晴のようです。

d0010720_6475651.png


暖かくしてでかけます。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-01-22 06:48 | | Comments(0)  

鏡山展望台からの絶景



鏡山展望台から眼下に広がる「虹の松原と唐津湾」。

2015年6月6日午前11時30分頃にスマートフォンで撮影しました。
前日は活発な梅雨前線の為、九州北部は大雨。
翌6日は前日の大雨が嘘のようにからりと晴れ上がりました。
幸運にも、滅多に見る事ができない絶景を拝むことができました。
鏡山展望台まで案内してくれたタクシー運転手によると
「ふだんは晴れていてもPM2.5や黄砂が酷くて沖のほうは霞んで遠くまで見えない。
昨日の大雨で奇麗に洗い流されたので、こんなに遠くまで奇麗にはっきり見えるのでしょう。
こんな日は滅多に無い」と少し興奮気味に話されていました。

左に唐津市街、中央に唐津湾そして眼下に幅5キロにわたり「虹の松原」の黒松林が広がります。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-06-09 18:29 | | Comments(0)  

佐賀の旅

d0010720_1737367.jpg

今日から佐賀に来ています。家を出てから6時間かけ午後1時前に有田に到着。
和食「保名」で陶箱弁当をいただきました。そのあと県立陶磁文化館を見て武雄に移動。
明日は唐津です。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-06-05 17:37 | | Comments(0)  

みわ亭

昨日から大阪に来ています。
お昼に環状線・福島駅界隈の
「みわ亭」でランチをいただきました。
エビのピリ辛ソースランチ

d0010720_22164728.jpg


肉厚のエビが8匹ぐらいあったかも。
いや~,これはほんとに美味しかったです。

明日か明後日も日替わりランチを食べに行きたい程の美味さです。

d0010720_22194070.jpg


なには橋から見た夜の大阪市中央公会堂。
なかなか美しいです。

もし時間があれば明日は大阪市内の楽器屋さんを訪ねてみたいです。
[PR]

by hideonoshogai | 2014-11-06 22:21 | | Comments(2)  

十勝の旅

二泊三日で帯広に行って来ました。

幸い三日間とも天候に恵まれ、「十勝晴れ」を見る事ができました。
北海道ではどこへいくにも車が必要ですが、最近車を運転するのは面倒で
車を借りなくても観光できるツアーが無いか
いろいろ検索していたら十勝バスが「ガーデン巡りのバス」を企画していました。
しかも一日コースを二日間の午前・午後に分けて予約すると割引があり
帯広空港までのチケットもサービスという特典まであることから
このバスツアーで二日間十勝を観光しました。

d0010720_1391385.jpg


初日は午後帯広空港に着いたので駅まで移動し
バスターミナル裏の十勝ガーデンホテルで
ホテルオリジナル味付けの「豆豚丼」を頂きました。

d0010720_1144543.jpg


肉が柔らかくあっさりしていて、十勝の豆がご飯にまぜてあり
美味でした。

一泊目は十勝川温泉に宿泊。
部屋には小さめながら露天風呂があり風呂から十勝川を眺めながら入浴できます。

d0010720_114646100.jpg


二日目はまずホテル近くを散策し
日本一大きな花時計まで20分ほどで到着。

d0010720_1149763.jpg


この日は雲一つない快晴で
この公園から日高山脈が奇麗に見えました。

d0010720_19554324.jpg


民謡「十勝馬唄」の歌碑がありました。そしてこの「十勝晴れ」の美しさ。
青から紫にグラディエーションがかかっているようです。

午後はバスで
まず紫竹ガーデン

d0010720_1310246.jpg


次に 六花の森

d0010720_13104299.jpg


最後に道の駅中札内
十勝野フロマージュのアイスクリームは濃厚な味で美味しかった。
鳥の唐揚げは時間切れで食べられなかったのが残念。

の3カ所をまわり夕方北海道ホテルに到着。

三日目の午前はバスで

まずは、真鍋庭園

d0010720_13134388.jpg


次に シープドッッグショー
 これがなかなか面白かったです。

最後に 池田ワイン城

d0010720_13142573.jpg


を周りました。

北海道はこれまであちこち観光してきましたが
帯広の豊かな自然に恵まれた環境とゆったりした町並み
に魅せられ、すこしの期間だけでも十勝に住んで、十勝をもっとゆっくり探索してみたい
と思いました。

追記(2014・9・24)
十勝に魅せられ、長期間滞在してみたいと思われる熟年世代むけに
こんな宿泊施設があるようです。
空港からここまで車まで15分だそうです。
ここだったら、がんがんチェロを弾いても苦情がくることもないでしょう。

[PR]

by hideonoshogai | 2014-09-23 10:20 | | Comments(4)  

郡山

明日9時から福島県鏡石で仕事があるので、前日に郡山入りしなければならず
それならば、一日休みをとって実家へ寄ることにし母に一年振りであってきた。

平日の東北新幹線はガラガラ。

d0010720_2159727.jpg


この車両は両側とも二人掛けなのでシートもゆったりで快適だった。

郡山は梅雨の晴れ間で清々しい青空。

d0010720_2203020.jpg


郡山から高速バスで会津若松へ向かう。
途中猪苗代では磐梯山が山頂まではっきり見えた。
この山を見ると、小学5年生の時に授業の一環で山頂まで登ったこと、
それがとてもしんどかったことを、今でも思い出す。

d0010720_2235284.jpg


終点から歩いて実家まで向かう。
途中で西出丸のお堀が見えてくる。
すっかり緑が濃くなって、天守閣は見えにくくなっていた。

d0010720_22141467.jpg


正午に実家に到着し、久しぶりに母といろいろ話をしてきた。
7月の誕生日がくると87歳になる。昨年よりもだいぶ体重も増え話もしっかりし
ていたので安心した。
夕方実家を出また高速バスで郡山に戻って来た。
市役所前で下車し、トンカツ「仁亭」まで15分程歩き夕食に揚げヒレカツ定食を頂いた。

d0010720_22133723.jpg


サラダもかなりのボリュームでお腹いっぱいになる。

お店を出てから郡山駅行きのバス停で時刻表を見ると
バスがくるまで25分待ちだったので
腹ごなしにお店からホテルまで約40分かけて歩いた。
おかげで今日は一万歩を超えた。

明日は昼前には仕事が終わる予定なので午後4時頃までには帰宅できそう。
帰宅したら明後日に備え、すこしチェロを弾くことにしよう。
[PR]

by hideonoshogai | 2014-07-01 22:17 | | Comments(0)