カテゴリ:旅( 47 )

 

伊根へ

d0010720_15193231.jpg

d0010720_15193295.jpg

旅行に来る前の天気予報では、今日は雨になるとの事だったのですが、朝起きて見ると美しい朝焼でした。バスで伊根観光船乗り場のある日出まで移動し、観光船から舟屋を眺めました。これから京都に移動し夕方の新幹線で東京へ戻ります。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-10-22 15:19 | | Comments(0)  

成相寺と天橋立

d0010720_20433488.jpg

d0010720_20433523.jpg

嵐山駅から園部駅経由で天橋立に11 時30分に到着。観光船で一の宮に渡り傘松公園までケーブルカーに乗車し、天橋立を股覗きで眺めました。そこから、さらにバスに乗り成相寺(願いごとが必ずや成りあう寺)へ向かいました。船で天橋立に戻り、ビューランドからも天橋立を股覗きしました。 明日は伊根に行きます。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-10-21 20:43 | | Comments(0)  

常寂光寺の紅葉

d0010720_21165034.jpg

今日から夏休みをとり、京都に来ています。出発時間が遅かったので京都駅に到着したのは午後1時過ぎ。今夜宿泊する嵐山の近くの二尊院と常寂光寺を二時間ほど散策しました。赤く色づくのはまだまだ先ですが、もみじが綺麗でした。明日は天橋立に向かいます。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-10-20 21:16 | | Comments(2)  

6月の十勝(その5)

然別湖の白樺とシベリウス

十勝千年の森から鹿追町の然別湖まで約50kmのドライブです。
どこまでも続くまっすぐな道路は、ほとんど対向車がなくちょっと油断するとすぐ時速80kmになってしまいます。

然別湖は標高800mにある自然湖で、森と霧の中に静かに佇んでいました。
遊覧船に乗船し約40分間、船上から湖岸に映える新緑の白樺を楽しみました。
濃い緑色の針緑樹と白樺の黄緑のコントラストが見事でした。



実際の景色はこの画面よりもずっと明るく白樺の新緑がもっと輝いて見えました。

BGMはシベリウスの樅の木です。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-06-11 10:41 | | Comments(2)  

6月の十勝(その4)

最終日の午前に十勝ヒルズに向かいました。

これまでとは打って変わって「十勝晴れ」となり気温もどんどん上昇しました。

前日までの寒さが嘘のような陽気で、エゾハルゼミたちの大合唱が
園内のどこにいてもうるさい程響き渡ってきます。

セミの鳴き声を聞いていると、春というより、もう夏のイメージです。

映像に一瞬だけ写っていますが、糸トンボも池の周りをたくさん飛び交っていました。



鮮やかな新緑、抜けるような青空、残雪を冠った日高山脈、蒼蒼とした麦畑の織りなす光景を楽しんでください。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-06-08 21:39 | | Comments(0)  

6月の十勝(その3)

「六花の森」の翌日に「十勝千年の森」を訪ねました。
この日もあいにくの天候で気温は10度以下。
とても肌寒く千年の森のビジターセンターなど屋内ではストーブが焚かれていました。
新緑の木々に囲まれた遊歩道を抜けて広大な芝生のアースガーデンに出、そこからまた花々がさくメドウガーデンへ向かうコースにそって動画を撮影しました。



天候がよければセグウェイに乗って、広大な園内を移動できるのですが
それはまた次の機会の楽しみとしておきます。
2分30秒から草の茎に止まっている蝉は「エゾハルゼミ」という十勝特有の蝉です。
どんな風に鳴くのか興味があったのですが
翌日訪ねた「十勝ヒルズ」で、この蝉の大合唱をきくことになるとは
この日は、まったく想像できませんでした。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-06-08 21:31 | | Comments(0)  

6月の十勝(その2)

六花の森を訪ねて来ました。

初めてここを訪れたのは一昨年9月でしたが、バスツアーで時間の制約があり
ゆっくり時間をかけてみる事ができませんでした。

今日は時間を気にせずじっくり見る事ができました。
外気温は低く約7度ほどで吐く息が白く見える程です。

エントランスから出口まで順に
紅花一薬草
九輪草
稚児百合
蝦夷甘草
風露草
黒百合
浜梨
アヤメ
鈴蘭

などが可憐な花を咲かせていました。
九輪草は今が見頃で新緑とのコントラストが素晴らしかった。

花だけでなく
真野正美、坂本直行、池田 均等の絵画が展示してあり
静かな森の中でこれらの絵をゆっくり眺める時間がとても贅沢に感じられました。

動画はBGM無しです。
静寂と鳥のさえずり、川のせせらぎを感じていただけたら幸いです。


[PR]

by hideonoshogai | 2016-06-04 21:33 | | Comments(2)  

6月の十勝

昨日から帯広に来ています。

気温は13℃ですが、風がとても強く「爽やかさ」を通り越し、6月とは思えない寒さを感じました。
足寄(あしょろ)では昨日の朝うっすらと雪が降ったそうです。
勿論、こんな寒さは滅多にないことです。

空港到着後北海道ガーデン街道の一つ、真鍋庭園に直行しました。

新緑がとても美しかった。
そして、強い風に草花や木々が大きく揺れ動いているのを眺めていると
ちょっと極端かも知れませんが、自然の「命」「生命力」を感じました。

その光景が今の自分の心情にぴったりで、とても印象深かった。
この美しい自然の姿をずっと心に留めておくために、動画を作ってみました。

携帯での撮影で、ほとんど編集もせずにただ繋げただけなので手ブレも多く画質も悪いです。
「風」「命」「生命力」を感じていただければと思います。

BGMはバッハの平均律クラヴィア集からプレリュード(チェロ版)です。




[PR]

by hideonoshogai | 2016-06-03 17:50 | | Comments(4)  

彩凛華

昨日も帯広は快晴で朝の気温は氷点下1度ぐらいで暖かです。

d0010720_5333939.jpg

d0010720_5343199.jpg


8時21分発バスで駅から15分程の目的地に移動。
バスの中には、家庭からでる廃油の回収ボックスが設置されていました。

d0010720_534612.jpg


帯広は環境再生モデル都市に指定されていて
牛の糞や廃材からのバイオマスの生成や廃油の再利用に取り組んでいます。
家庭でのゴミの廃棄についても市役所のHPのPDFはなんと32Pもあり
実に細かく細分化されています。

午前中は、目的地でずっと作業をし8割がた完了。
お昼は、前回帯広に来た時にその美味しさにはまった「たんた家」の
カレーうどんを食べました。

d0010720_5353481.jpg


大エビミニ天丼とカレーうどんのセットです。

d0010720_5361085.jpg


カレーうどんと言ってもカレーの味はそれほど強くなく
和風のダシと十勝の新鮮な牛乳でトロミをつけた
実にクリーミーな味つけで、うどんも自家製でこしがあり喉越しが実に滑らかです。

午後からまた作業を再開し9割まで完了。
夜は十勝川温泉まで彩凛華を見に行きました。
帯広駅ターミナル18時11分発バスで十勝川温泉までは35分ほどです。
バス停を降り約10分程なだらかな雪道を登って会場に到着すると
突然雪上に華やかなイルミネーションが輝いています。

光のトンネルをくぐり

d0010720_5363648.jpg


円錐の光の塔を眺め

d0010720_537457.jpg


一昨年9月に見た花時計も奇麗にライトアップされていました。

d0010720_5372743.jpg


昨夜は幸い風がほとんどなく寒さはそれほど厳しくはないものの
20分も表にいるとやはり下半身が冷えて来ます。
帯広市内よりも相当気温が低いのでしょう。

頭上を眺めると寒空に満月が凛と佇んでいました。
とても静かで美しい月でした。

帰りはもうバスが無いのでタクシーを手配し、
いつも定点観測している十勝川白鳥大橋を
通り、帰路に着きました。

初日ということもあり会場はかなりの賑わいでした。
今日は昼過ぎの便で羽田に戻ります。



追記(2016年1月25日)
1月22日放送のNHK北海道ニュースWEBの「彩凛華」動画がこちらでみられます。

[PR]

by hideonoshogai | 2016-01-24 05:37 | | Comments(2)  

意外と暖かい

とかち帯広空港に定刻通り13時に到着しました。
天気は快晴に近く、襟裳岬が機上から窓越しにはっきり見えました。

前回来たときは右側の窓から景色を眺めていたので
気づかなかったのですが、今回は左側の窓だったので
襟裳岬に続く山々が美しい。

空港から表にでると日差しが暖かく
それほど寒いという感覚はありません。

夜は「かかし」という居酒屋で3人で食事。

味付けが全体に濃いめ。
北国だからこれが普通なのかも。

ホテルの真ん前が帯広駅。
イルミネーションが奇麗です。

d0010720_21215453.jpg


駅北口の寒暖計をみたらちょうど氷点下0度ぐらいでしたから
今夜は暖かです。
でも、目盛りを見たら下は氷点下40度まであるので、寒いときはほんとに
寒いんでしょうね。

d0010720_21231254.jpg


明日は日中は市内で所用があり夜は
彩凛華(さいりんか)
を見に行く予定です。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-01-22 21:25 | | Comments(2)