カテゴリ:人生( 8 )

 

春分の日

春到来を感じさせる暖かな日々が続いています。
さて本日は3月1日の職場でのボランティア演奏から「朧月夜」をアップします。
前回「朧月夜」をアップしたのも2年前の3月20日でした。



「今回も前回同様、春分の日にアップ」と思い先ほどYou tubeに投稿したのですが
アップしてみたら、日付が3月20日ではなく、3月19日。
You tubeの基準時刻は米国時間なのでしょうか?

春の歌を5曲メドレーで弾きこれは一番最後に弾きました。
今回はしっかりイントロが入っています。

演奏途中でバックにはっている「ピ〜」というノイズは、患者さんの輸液ポンプの
警告音です。たまたま冒頭の「ファファレ〜」の「レ〜」の音にうまく重なってしまいました。
ライブ版なので他にもノイズがたくさん入っており、お聞き苦しくて恐縮です。


話はまったく変わりますが、実は、私もとうとう「がん患者」に仲間入りしました。
5年前から、年一回、大腸がんの便潜血検査を必ず受けていましたが
今年1月の検査で初めて陽性(2日法の2日目のみ異常あり)。

2月に大腸の内視鏡検査を受けたところポリープが4ヶありました。
3月にその中の一番大きな(9mm)ほどのポリープを摘出していただいたのですが
良性腺腫の中に早期の大腸がんが隠れていました。

幸い粘膜内に限局する「上皮内がん」で、リンパ管にも静脈にも浸潤がなく
切除断端にもがん細胞はいなかったので、今回の治療でほぼ「完治」です。

いわゆる「ステージ0」の早期大腸がんです。

勿論、自覚症状などはまったくなく、今年の便潜血検査で異常を指摘されていなければ
発見が一年以上は遅れ、確実にステージも進んだ状態で見つかったかも知れません。
今回は、たまたま、運が良かっただけです。

残りのポリープは半年後に予防的切除の予定です。

今回、大腸がんになったということは、自分もそういう年齢に達したということ。
次の、がんもまた必ずやってくるということなので、検診は今後も受けていかなければ
なりません。

当たり前過ぎますが、がんは早期発見、早期治療が第一です。
50歳過ぎたら、大腸がん検診を是非受けられるよう強くおすすめします。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-03-20 15:41 | 人生 | Comments(6)  

義手のヴァイオリニスト

3月31日にNHKスペシャルで放映された佐村河内守さんの特集の中で
小学生の女の子が右手に義手をつけてヴァイオリンを弾く姿を
見てとても驚いた。

2週間程前に丸善をぶらぶらしていたら、児童書の
コーナーに、この女の子のことを書いた本
「みっくん、光のヴァイオリン」があるのを偶然見つけた。

図書館にリクエストしていたが、昨日、本が届いたと連絡があった。
生まれつき右手がない女の子が小学5年時のクリスマスにヴァイオリンリサイタルを開くまでの
ドキュメンタリー。
彼女を見守って来た祖父母、ご両親、そしてヴァイオリンの先生の深い愛情と
佐村河内守さんとみっくんとの絆、それに彼女のヴァイオリンへのひたむきさに心打たれる。

小学校中〜高学年向けの児童書だが、我々大人が読んでも
とても感動的な本だった。

みっくんの夢は将来ヴァイオリンの先生になること。
がんばりやの彼女ならきっとその夢をかなえられるに違いない。
[PR]

by hideonoshogai | 2013-07-13 23:58 | 人生 | Comments(0)  

奈良

第36回わたぼうし音楽祭に入選した「ありがとうオパール」を応援しに
奈良まで行ってきた。

京都までは結構行く機会が多いけど奈良は10年ぶりぐらい。
奈良駅にはちょうどお昼に到着。
梁山泊でランチをゆっくりいただき(私は天丼、カミサンは定食昼御膳)
奈良県民文化会館へ移動。

d0010720_1915529.jpg


奈良はものすごい暑さだった。

演奏順は「ありがとうオパール」が8組のエントリー曲中トップ。
そのせいか女性ヴォーカルがかなり緊張していたようで、音程不安定、発音不明瞭でひやひやしながら
ステージを見守る。中盤でギターソロが盛り上がり大きな事故もなくなんとか終了。

チェロでも緊張すると音程は崩れ、右手が萎縮し音が貧弱になるけど
歌でも同じなんだと、変なところに納得。

今回、わたぼうし大賞には縁がなかったけれど
とても親しみやすいメロディーで、いい曲だと、なかなか気に入っている。

主催者が昨日音源をアップしているので
こちらからどうぞ。
ちなみに作曲者はドラムを担当。


椅子に座っているのが作詞の藤田芳雄さん。
盲導犬は2代目のウリエル君。
ウリエル君、目が可愛い。


5時過ぎに終演し
作詞の藤田芳雄さんご夫妻(盲導犬ウリエルにも)にあいさつし
一旦ホテルで一休みしてから燈火会を見に出かけた。

d0010720_19163163.jpg


しかし、人は多いし暑いの何のって
あまりの暑さにまいり、浮身堂まで行って引き返してきた。


翌早朝興福寺を散歩していたら、
遠くから何やら悲しげな音が
そちらへ行ってみると尺八の早朝練習だった。

d0010720_1918285.jpg


奈良には尺八がよく似合う。

他に観光する余裕もなかったので昼前には京都駅から帰京した。
[PR]

by hideonoshogai | 2011-08-11 19:03 | 人生 | Comments(0)  

チェロを弾けなくなる日


4月に左上腕の筋肉に痛み覚えた時「もしかしたら、これって左の五十肩のはじまりか?」と不安を感じた。
僅かな痛みがあってもチェロを弾くにはなんら支障はなかったし、個人的な発表に向けて課題が山積みだったので、いつもの土日の練習に加え、平日の夜にもチェロをできるだけ弾いていた。

7月になってから急激に左肩の運動制限と痛みが出現。
今となっては、左手で指板をおさえるのも無理だ。
ならば右手だけでも、と開放弦のボーイングを先日やってみたが
古傷が痛みだしたのか、こんどは練習中に右肩に痛みを感じ、
慌ててボーイングをやめた。

悪いことは重なるものである。

以前から時々痛みがあった左手人差し指の第一関節もこのごろ痛みが激しい。
角度と力加減によっては痛くて弦を抑えられない時すらある。
肩といい、指といい、すべてが一度におかしくなってきている。

加齢とともに顔の皺が増え、白髪が増えるように
あちこちの関節の動きが一度に悪くなり、痛みが出る。
これは老化なのでどうしようもない。

抗炎症薬で炎症を抑え、リハビリで肩の運動の可動域を広げ、チェロが弾けるようになってもその状態をいったいどれぐらいの期間保てるのか。
今から最低でも5年
いや10年は弾きたい。
最近そんなことばかり考えてしまう。

チェロを弾き始めてからの7年間。
練習すればするほど、あれもやりたいこれもやりたと欲が出て、すっかりチェロという楽器の深みにはまりこんでしまった。

でもいつか必ずチェロを弾けなくなる時がやってくる。
その日に備えて、今から心の準備をしておかなければならない。
そして、チェロを弾けるかけがえのない時間をもっと大切にしなければならない。
[PR]

by hideonoshogai | 2010-07-16 15:54 | 人生 | Comments(2)  

ある手紙


先日の岡谷市での「夢コンサート」で亡母への想いを込め
チェロを弾いた青年のシベリウス「アンダンティーノ ハ長調」を
録画し、毎晩何度も繰り返し見ています。

彼のチェロはチェロの技量とかを超越して、魂の篭った音がします。
とにかく感動的でした。
これが音楽の持つ不思議な力なのでしょう。
冒頭を聞いていると、ほんとに切なくて必ず涙腺が緩んでしまう。

この番組で読まれたお爺さんの手紙。
とても感動的なので、全文を紹介します。

16歳になる〇〇へ

火災事故以降この1年あまり
君は思いもかけない辛い思いをした事でしょう。
母を目の前で亡くした君の心情は察するに余りあります。

よく悲しみに耐え立ち直ってくれました。
世の中にはもっと大きな災害や不幸にあう人もたくさんいます。
自分だけが不幸などとは思わず16歳を踏み出してください。

セロを
繰り返し繰り返し
激しく弾く君を見て
悲しみをぶつけるものを与えて良かったと思いました。

今日はお母さんに届くよう
思い切りいい演奏をして
お母さんへの最後の贈り物としなさい。

祖父より


お爺さまにも一日も早く回復されますことを祈っています。
[PR]

by hideonoshogai | 2009-02-26 09:34 | 人生 | Comments(0)  

マーラー9番 (思い出1)

先日東京フィル定期でマーラー6番の圧倒的名演を聴いて以来、
マーラー9番を初めて聴いた時の感動を思い出しています。

マーラーは若い頃はまったく聞くことができなかったのですが
35歳過ぎてから、だんだん聴き始め、
しだいにその麻薬のような響きの虜になりました。

9番を最初に聴いたのは勿論CDで
バーンスタイン指揮ベルリン・フィルとの一期一会の名演。
終楽章がもう圧倒的な演奏で聞き終えたあと
すごくショックを受けました。

それ以来一度機会があったら「マーラー9番を生で聴いてみたい」
と思っていました。

そんな時1996年にケント・ナガノがHalle管を率いて来日し
マーラー9番を演奏することを知りました。
コンサートのチケットを予約したのも学生時代以来のことで、このコンサートへ行った
ことでライブの演奏に触れる喜びを味わい、それ以来ずっと
またコンサート通いが始まったのです。

忘れもしない1996年6月9日のサントリー・ホールでの一夜。

演目はハイドン1番とマーラー9番。
指揮はケント・ナガノ。
オケはハレ管弦楽団。

ハレ管弦楽団はイギリスで最も歴史のあるオケですが初来日は意外に最近の出来事だったのです。

ハレ管弦楽団はバルビローリが手塩にかけて育てたオケで、黄金時代の名録音が多数残されています。第二次世界大戦で男性はほとんど戦地にいって団員不足となったため、バルビローリは女性奏者を積極的に入団させたらしいです。

これからお話しする2nd violin の女性奏者もきっと
バルビローリが採用した団員に違いありません。

2nd violin の女性奏者とは
こちらの映像の4:16から5:38までデュプレのすぐ左後方でヴァイオリンを
弾いている女性がその人です。
今からもう40年ぐらい前の映像でしょうか?

実はマーラー9番のコンサートの模様が後日NHKで放映され、その演奏を見てから気がついたのですが
多くの団員が演奏後涙を流していました。

中でも、セカンド・バイオリンのトップサイドの女性(仮にSさんと呼びます)は指揮者のすぐ後ろに写りますから
表情がアップで写り、大泣きしているのが解りました。

髪型・風貌とめがね、それに全体の雰囲気から
TVの中で涙を流している女性が約40年前?ビデオの中の女性であることが後日
判りました。

どうしてSさんがあれほど涙を流したのか。
それは謎ですが、自分にはそのわけがわかるような気がしました。



次へつづく
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-20 12:31 | 人生 | Comments(0)  

マーラー9番 (思い出2)

デュプレの画像は、もうかなり前にNHKで放映されたことがあります。

恩師との2重奏、ダヴィドフとの出会いなどお宝映像満載なのですが
私にとってはデュプレ以上に興味のある人物が写っていたのです。

デュプレがバルビローリ指揮でコルニドライを弾いている
すぐ内側でセカンドヴァイオリンを弾いている眼鏡をかけた女性。
映像の中でオケの名前は紹介されていませんが、

ずっと後でオケはハレ管だということが
その女性バイオリストを通じて分かったのです。

1996年6月9日。
繰り返しになりますが
この日は生涯忘れることができない一夜でした。
ハレ管弦楽団の初来日コンサートがサントリーで行われたのです。
指揮はケント・ナガノ。
曲目はハイドンの交響曲1番とマーラー9番。
私はマーラー9番をライブで聴くのは初めてだったので大変期待していました。

ハレ管はバルビローリと20年以上も良好な信関係を保ちハレ管の黄金時代を築きあ
げ、ことにマーラー演奏に関しては、あの時代にハレ管の演奏レベルは
ものすごく高く、マーラー3番ではベルリンフィルよりも素晴らしい演奏が
BBC legend シリーズからリリースされています。

バルビローリは1970年の大阪万博の際にフィルハーモニー管と初来日する
予定でしたが、日本公演のためのリハーサル中に心筋梗塞で急死し
来日することができず幻の指揮者となりました。

ケント・ナガノはハレ管の初来日に際して、マーラー9番を選曲したのは
そんなバルビローリのエピソードを知っていたからかどうかは、わかりませんが
とにかく素晴らしい演奏でした。

一楽章の冒頭から、もう涙があふれてきて
4楽章などはもうずっと目がうるんでしまって、舞台がかすんで見えました。

後日この日のコンサートの模様がNHKで放映されましたが
演奏が終わって団員が立ち上がりケントナガノが拍手を浴びアップで写っている
すぐ後ろに、涙をながしながら必死にこらえているセカンドバイオリンの女性
奏者がいました。その女性が、デュプレのコルニドライの伴奏をしていた
セカンドバイオリン奏者(Sさん)の30年(+α)後の姿だったのです。

Sさんが何故あんなに涙を流していたのか思いをめぐらせました。

バルビローリの指揮で数々のマーラーの名演奏をしてきた過去。
初来日の直前に急死して日本へくることがかなわなかったバルビローリ。
バルビローリが果たせなかった夢をその夜サントリーで実現できたこと。
あるいはSさんは、定年で退団が決まっていたのかもしれません。
そうするとSさんにとってこのサントリーでのマーラー9番がラストコンサート。
きっと、さまざまな思いが交錯し、涙が溢れ出たのでしょう。

とにかく演奏後にあれだけ涙を流している奏者を見たのは始めてで
ライブの時には舞台右側のRAブロックで聴いていたのでその女性バイオリニストの
後ろ姿しか見えず後日のNHKの放映で初めてSさんの存在を知ったのです。

マーラー9番を聴くと、ハレ管の初ライブの感動と
Sさんの涙を今でも鮮明に思い出してしまうのです。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-20 12:28 | 人生 | Comments(0)  

PTSD


外傷後ストレス障害(PTSD:Post traumatic stress disorder)
ではなくて、

自分の場合

Post         ~の後の
Treasure      宝物、重要なもの、かけがえのないもの
Sympathetic   感応する、共鳴する
Depression   気分的な落ち込み

のPTSD。(←かなり無理して造語している)

何を言いたいかというと
東京チェロの感動のあとの一抹の寂しさというか、虚脱感というか
そんな状態が月曜から続いています。

自分達が演奏したアヴァ・マリアの音源聞いてから
特にこのPTSDの症状が強くなってしまって。。。。

東京チェロは自分の心の中でとても
大切な「宝物」になってしまいました。

いったいいつまで続くんだろう PTSD
どうやって治療したら良いんだろう PTSD
[PR]

by hideonoshogai | 2007-10-31 23:03 | 人生 | Comments(24)