カテゴリ:その他( 73 )

 

皮下腫瘍

d0010720_9434642.jpg

2、3年前に右腕の皮下に小さなしこりがあるのに気づいた。痛みは全然ない。徐々に大きくなってきて8mmぐらいにまで育って来ているので、昨日、形成外科の日帰り手術で切除してもらった。経過からは良性腫瘍と思われるけれど、悪性でもすごくゆっくり育つ腫瘍もあるので病理診断が出るまではちょっと心配だ。幸い術後の痛みもなく、術前とほぼおなじように腕をうごかすことができるけれどチェロはあと2、3日は弾かないでおこう。
[PR]

by hideonoshogai | 2017-11-16 09:43 | その他 | Comments(0)  

十勝毎日花火

今夜、十勝大橋の河川敷で十勝毎日新聞主催の
勝毎花火大会が開催されます。

⬇でライブ中継がみられるようです。
360度カメラに対応しているようです。



ちなみに現在の河川敷は人で埋め尽くされています。


d0010720_1811227.png

[PR]

by hideonoshogai | 2016-08-13 18:11 | その他 | Comments(0)  

録音した過去の音源を編集する(備忘録)

60分ぐらい続けて録音した過去の音源ファイルを編集する際に
これまでは録音に用いたrecorderで編集していましたが、音源ファイルを一度
Mac Book Proに移動してしまうとファイルをrecorder に戻すことが出来ず
困っていました。

いろいろ方法を検索したら特に音楽編集ソフトをダウンロードしなくても
Mac Book Proに標準のソフトGarage Band を使って過去の音源から1曲だけカットすることができたのでまとめておきます。

1Garage Band を立ち上げる
2新規プロジェクトを選択する(楽器はピアノでよい、プロジェクトの名前を入れる)
3キーボードを消去する
4不要なトラックを削除する
5メトロノームをオフにする
6小節表示を時間表示にする
7編集したい過去の音源ファイルをトラックにドラッグする
8音源を再生しカットしたい時間に△マークをセットする
9編集からファイルを分割する
10不要なファイルを削除する
11これを繰り返す
12残ったファイルを左端に移動し先端を合わせる
13一旦保存する
14共有からディスクに音源を書き出す
15作成した音源をi-tune で再生しi-tuneに取り込む

詳しくはこちらの記述を参照しました。
入力レベルが低かった音源もレベルを上げて保存し直す事が出来ます。
⬇の「鳥の歌」、「アヴェマリア」、「無伴奏」もGarage Band で編集しました。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-08-16 14:32 | その他 | Comments(0)  

Macの動作が遅い

d0010720_15222254.png



2013年1月からMacBookProを使っています。

とても快適に動いてくれるのでこれまで特に定期的なメインテナンスはほとんどおこなっていませんでした。
起動、終了の際の僅かな時間も、待ちきれずスリープでの使用がほとんどでした。

それがいけなかったのかどうかわかりませんが
5月下旬頃より動作が遅くなってきてしまい、
6月初めには、状態がこれまでの中では一番悪くなりました

文字入力の際、変換にとてつもなく時間がかかるのです。
例えば「がん」と変換したくて「gann」とローマ字入力すると
レインボーカーソルが回り続け、1分ほどしてから
まず「a」が表示され、またレインボーカーソルが回り続け、
「gん」みたいに変換されてしまいます。
修正しようと「delete key」を押すとまたレインボーカーソルが回り続け、
たった二文字の入力に5分以上時間がかかってしまいまったく仕事になりません。

「Macの動作が遅い」で検索し
1)セーフブートでの起動
2)リカバリーモードで起動した上で
  ディスクの検証と修復
3)PRAMクリア
4)デスクトップの整理
5)apple Hardware test

を行ったところ


5)apple Hardware test

apple Hardware testがエラーを検出しました。

4HD/11/40000000:SATA(0,0)


のメッセージがでてしまいました。

これはHDの交換が必要なレベルの障害なのかと半ばHD交換を覚悟の上で
最寄りの「smart Aid」に持ち込んだところ翌日昼に電話連絡をもらい
HDではなく「ハードディスクケーブル」の故障とのことでした。
幸い在庫があるので、すぐにケーブルを新品に交換してもらい入院の翌日の夕方には退院できました。

退院後は、あれほど酷かった症状は改善しサクサク快適に動いています。

修理担当の方のお話では、「MacBook Pro 13 Mid 2012 では、この
ハードディスクケーブルの破損の頻度が高い印象がある」との事です。

HDの損傷でなくて良かったです。

今回の症状で検索しても、ハードディスクケーブルの破損、についての記事は
ほとんどなかったので
同じような症状でお困りの方の参考になればと、今回エントリーにまとめました。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-06-08 15:23 | その他 | Comments(0)  

関節痛

以前、右手のDIP関節が痛み、整形外科を受診したが、リウマチではなく
単なる老化と言われたことがあった。

10月はじめぐらいから今度は左手示指のMP関節に結構な痛みが常にあり、再度リウマチ専門の整形外科を受診した。単純レントゲン写真をとり、リウマチの血液検査をしてもらったが
今回も結果は陰性。リウマチではないと言う。
(DIP関節、MP関節についてはこちらを参照ください。)

レントゲンでは骨にもまったく所見がなく、痛みの原因は不明だった。
五十肩と同じような関節周囲炎がMP関節に起こることはないですか?
と質問してみたが、運動制限がないのでそれはないだろう、とのこと。

通常のポジションでチェロを弾くのにはそれほど問題はないけれど親指ポジションでは少し痛みが増強する時がありそんな時はチェロを弾くのをやめて様子をみている。

リウマチではないからあまり心配はしていないが、痛みがこれからも長引くとチェロをしっかり弾けなくなるのがちょっと辛い。
[PR]

by hideonoshogai | 2013-11-10 06:06 | その他 | Comments(2)  

糖質制限ダイエットーその後ー

ここでは主にチェロの練習、動画に関する話題をアップすることがほとんどですが
アクセス数の解析では、「糖質制限ダイエットと糖負荷試験」で検索し、ここを訪れる方がダントツ1位であり
「その後、血糖値はどうなったでしょうか?」とのコメントを昨日いただいたので
経過を簡単にまとめておきたいと思います。

糖質制限食はゆる〜い感じで今でも継続中です。
朝はパンはできるだけ食べない。夕食も主食はできるだけ食べない。
ビールはできるだけ飲まないようする。
ずっと気をつけているのはそれぐらいです。
(アルコールは週に2、3日ハイボールを1杯だけ飲む)


体重はさらに減少し、1月よりも3Kg減りました(昨年10月よりも9Kg減)。
空腹時血糖は測定していませんが
6月はじめに(一番体重が減った時期)測定したHbA1c値は5.5(JDS), 5.9(NGSP)となり昨年12月の健康診断時よりもさらに0.2減少し
ほぼ正常値になっています。
昼食2時間後の血糖値も何回か測定しています。
例えば2月某日。
ヨーグルト、オニオングラタンスープ、ごぼうサラダ、チーズ(糖質:約40gr、総カロリー:464Kcal)を摂取後2時間では86mg/dl
でありもうほとんど心配ない値です。

ただ最近、大好物の浪速屋の柿の種、千葉県産の落花生を結構つまんでいるので
体重が一番少なかった時よりも2Kg増えました。
これ以上体重が増えないよう、食べ過ぎに注意しなくてはなりません。


ところで「隠れ糖尿病」という言葉を良く耳にします。
空腹時血糖もHbA1c値も正常であるのに、75gr糖負荷試験で1時間、2時間値に異常がでる
所謂「境界型」(正常でも、糖尿病でもない)の事を「隠れ糖尿病」と呼び
隠れ糖尿病」は糖尿病予備群とされています。

私も2010年、2011年の検査結果はいずれも「境界型」でこれは過食による体重増に
よるものである事を否定しません。
しかし、2012年12月の検診での「糖尿病型」はこれまでの経過から、糖質制限ダイエットを行っていたため(検査前に糖質を十分摂取しなかったことに起因する)の「誤った判定」であったと結論することが出来ると思います。
[PR]

by hideonoshogai | 2013-07-09 13:36 | その他 | Comments(4)  

糖質制限ダイエットと糖負荷試験


毎年12月中旬に職場の成人病検診を受けている。
2010年12月の時点では体重が標準体重を16Kgもオーバーし、
空腹時血糖は113mg、ヘモグロビンA1Cが5.8と高めであり
75gr経口糖負荷試験(OGTT)でも境界型を示し糖尿病の一歩手前。

1年後の2011年12月には体重がさらに1kg増え空腹時血糖114mg
ヘモグロビンA1Cが5.9と上昇した。
勿論、75gr経口糖負荷試験(OGTT)では境界型だった。
さすがに、これでは危険ということで
2012年10月末から12月の検診に向け減量のための食事療法を開始した。

私が選んだのは、今、糖尿病の食事療法として何かと話題になったいる、糖質制限ダイエット。

一日に摂取する糖質だけをできるだけ少なくし、あとは普通に食べてよい、というのが簡便で魅力的だったからだ。
自分の場合、朝食はいつもトーストにマーガリン・ジャムをつけて食べるというのが習慣だったが
朝のトーストをやめ、チーズとヨーグルト、ゆで卵のみにした。
夕飯もご飯をやめおかずだけを普通に食べた。
昼は、日によっては主食を抜いたり食べたり(主食を食べる場合にはハムサンドが多いが)。
野菜サラダとヨーグルト、野菜ジュースだけ、そんな食事を約60日続けた。

この食事療法で、体重は6Kg減り、12月中旬の検診に臨んだ。
結果は空腹時血糖 105mg 正常値。ヘモグロビンA1C 5.7 高めだが一応正常値。
糖質制限ダイエットの効果は凄いと実感した。

ところがである、75gr経口糖負荷試験のデータをみてびっくりした。
糖負荷試験では2時間値がなんと206mgもあり、完全に糖尿病型を示していた。
過去の糖負荷試験2時間値は2011年が113mg、2010年が134mg。
今年に限ってすごい高値に跳ね上ってしまっていた。

食事に気をつけ体重も落し、体脂肪率も落ち、空腹時血糖、ヘモグロビンA1Cもともに正常化したのに糖負荷試験だけが極端な異常値を示し、糖尿病型。

そして検診の結果についてのコメントは、「糖尿について医療機関または主治医にて治療を受けてください」だった。

自分は昨年10月から糖尿病の治療に準じた食事療法をすでに行っており
空腹時血糖、ヘモグロビンA1Cもともに正常化したにも拘わらず
糖負荷試験だけが、異常値を示すのはどうしても解せない。

それからというもの、何故こんな結果になったのかいろいろ調べてみてある事実に気づいた。

それは75gr糖負荷試験は、ある一定の条件で行なわれなければ精確なデータを示さない
ことがあるということである。

そして、その条件というのが
「75gr経口糖負荷試験(OGTT)の実施にあたって正確な判定をうるには次の条件を守ることが必要である。糖質150gr以上を含む食事を3日以上摂取した後・・・」
である。

糖尿病の専門家が2010年10月に糖尿病の分類と診断基準に関する報告書を作成したが

(糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告PDF

http://www.jds.or.jp/uploads/photos/946.pdf  )

その中に(495p右段に記載)

「糖質150gr以上含む食事を3日以上摂取した後、早朝空腹時にグルコース75grを経口負荷し・・・略・・・
飢餓時や食事からの糖質摂取が少ない場合には耐糖能は低下する。」
との記載がある。
このことはまだあまり知られていないのではないか。

2時間値が異常に高かった原因はこれだ、と胸のつかえがとれた。

自分の場合、検診の直前ほど糖質制限を厳しくし糖質摂取が極めて少ない状態で検査に臨んだ。

一日に摂取する糖質が少なければ、体はこの糖質に見合ったインシュリンしか分泌しない。
インシュリン値を測定していないのでこれは推測でしかないが
ずっと糖質が少ない状態であった体にいきなり75grもの糖質を2,3分で一気に飲んだため
インシュリンの分泌が充分行なわれず、206mgもの高血糖になってしまったのではないか。

そもそも糖尿病の治療で一番大事なことは「高血糖にしないこと」である。

ヘモグロビンA1cは過去1,2箇月の血糖値を反映しているので糖尿病治療でよい指標になる。
これが低ければ血糖はよくコントロールされていると考えられる。

従来は血糖値(空腹時血糖126mg以上、随時血糖200mg以上、75g糖負荷試験2時間後血糖値200mg)の
いずれかが異常を示せば糖尿病と診断していたが

これらに加えヘモグロビンA1C値を用いた糖尿病の新たな診断基準が昨年から使われている。

国際医療センターの基準参照
http://ncgm-dm.jp/center/info_06.html

この規準によれば自分は糖尿病の治療をすぐに受けるのではなく一箇月以内に再検査
を受け、再度、75g糖負荷試験2時間後の血糖値が200mg以上であった場合に
糖尿病と診断が確定される。

しかし、もし再検査の際にも、糖質制限をして臨んだら、そう考えると、ぞっとする。
いやむしろ糖尿病型と判定されたことで過剰に反応し
むしろもっと糖質制限を厳しくして、再検査に臨み
またもや糖負荷試験で2時間後の血糖値が異常値(200mg/ml)を示してしまったとしたら、
再検査でも糖尿病型であることから、今の診断基準では残念ながら
糖尿病と診断が確定されてしまう。

こんなこと、あってはならないことではないか!

実際に職場の検診でも、試験をうける際の注意書きにこの糖質制限が検査に与える影響に関する記載は一切なかった。

例えば
「糖質制限ダイエットをされている場合には、少なくとも検査前は3日以上、一日150gr以上の糖質を含む食事をされてください。
もし、糖質摂取が不足していると、糖負荷試験で正しい値が得られない可能性があります」
ぐらいの注意書きをしたほうが良いだろう。

で、糖質150grってどれぐらいなのか改めて調べて見ると
これが結構すごい分量だ。

http://toushitsu.nobody.jp/list.html

ごはんなら茶碗で約3杯。
6枚切り食パンなら約6枚に相当する、

これはかなりの分量だ。
糖質制限ダイエットをしていなくても、肥満対策で糖質や炭水化物を
日常的にあまり摂取しない人がもし糖負荷試験をうけると
私の場合と同じ結果になる可能性があるということだ。

まして糖質制限ダイエットとしている人は夕飯で主食を抜く、または朝食、昼食でも主食を抜く場合がほとんどなので
糖質150gr以上を摂取することはないだろう。

結論というか今回の教訓として
糖質制限ダイエットを行っている時に糖負荷試験を受けると異常値を示す場合がある。
しかしこれは糖質を十分摂取しないで検査をうけたために偽陽性である可能性がある。
したがって、糖質制限ダイエット中に糖負荷試験を受ける際には適量(一日150gr)の糖質を最低でも3日以上は摂取してから
糖負荷試験を受けることをお勧めする。

ちなみに、私はまだ再検査は受けていないが、先週のある日の昼食後2時間半の血糖(
随時血糖)が92mgだったのであまり心配はしていない。

しかし、恐らくは、まだ、糖尿病境界型であることに変わりはなく、もうしばらくは(少なくとも
半年ぐらい)糖質制限食を続けていこうと思っている。
[PR]

by hideonoshogai | 2013-01-24 20:28 | その他 | Comments(34)  

雲のパン

今年3月にチェジュドを旅行した際、朝食後ホテルでたまたま猫の兄弟(姉弟)が主人公のア
ニメを見ました。
幼児向け番組なので韓国語の発音がすごく明瞭で韓国語が苦手な自分にもとても聞きやすい。
二人の表情・セリフがとても可愛らしくて、二人と母親のやりとりだけでなく
祖母が母親に「そんなに子供を怒ってはだめ」と躾のありかたついてもさりげなく触
れていたり実に心温まるアニメでした。

実は先月の京都旅行でホテルに(韓国旅行客向けに?)KBSチェンネルがあり
それを朝みていたらチェジュドで見たアニメを放送していたのでびっくりしました。
「雲のパン」という名のアニメだということもその時知りました。

「雲のパン」で検索しましたがまったく見当たらず
ハングル語のタイトルで検索したところ↓のようにこの「雲のパン」の動画がたくさんみつかりました。

第一話があったのでアップしておきます。
猫の兄弟が雲のパンを母親に作ってもらうというストーリー。
この雲のパンを食べるとなんと体が浮遊してしまうのです。


韓国語オリジナル





英語版



ちなみに主題歌はこちら。




追記(2012・5・25)
家族の温かさ・思いやりを楽しく描いた人気アニメ。
韓国版「さざえさん」みたいな感じか・・・。
KBS world に5・22に詳しい紹介記事がアップされました。
こちらで見られます。

[PR]

by hideonoshogai | 2012-05-12 00:11 | その他 | Comments(2)  

福ちゃん、可愛い!

昨日、TVで見た福ちゃんの新コマーシャル。

最近つまらないCMばかりだったけど、
これはすごくほのぼのするなぁ。
久しぶりに大笑いしてしまった。



福ちゃん笑顔がほんとに可愛い!!
アップされてまだ1週間でもうこのアクセス数にびっくり。

なんだか「元気メラメラ」は大ヒットの予感。




チャルメラをうまく鳴らせない福ちゃんを見て


「福ちゃん、おじさんのチェロもまだまだ、だよ」 

とつぶやいてしまった。
[PR]

by hideonoshogai | 2011-09-09 21:30 | その他 | Comments(2)  

ログインできない

先週火曜日の夕方からパソコンではブログにログインできません。この不具合について1週の間に三度問い合わせのメールをエキサイトまで送りましたが、まだ直っていません。
自分の場合アクセスできるパソコンは三台。自分のブログ画面からログインを試みるとwindows Xp では「システムエラー、アクセスが集中し処理に時間がかかっている」のメッセージがでて画面が固まりそれ以上先に進めません。
windows 7 とビスタでは、「ブログトップへ戻る」のメッセージがでてしまいます。ただ、ここをクリックすると
不思議な事にログインできますが、直接のログインはできません。
エキサイトユーザーの皆様にお尋ねします。この不具合は私のブログだけでしょうか。他のエキサイトユーザーでも同様の現象が出ているのであれば、エキサイトさんには迅速に対応して頂きたい、と思います。
[PR]

by hideonoshogai | 2011-07-19 23:10 | その他 | Comments(1)