カテゴリ:家庭( 15 )

 

秋の鶴ヶ城

先週末、会津若松の実家にチェロを持って行って来ました。
来年90歳になる母は、このところだいぶ耳が遠くなったので、しっかり聞こえるうちに
生チェロの音を聞いてもらいたかったからです。

実家について簡単な昼食を済ませ
すぐにチェロを弾きました。

うさぎ
十五夜お月様
荒城の月
小さい秋みつけた
ジョスランの子守唄
故郷
見上げてごらん夜の星を
遠くへ行きたい
バッハ無伴奏

母はジョスランの子守唄が大好きで
最初はいきなり弾いたので「一緒に歌えなかった」と叱られました。
2度目と3度目は母に合図し、母の歌に合わせて弾きました。
すぐに機嫌が直り、喜んでくれました。
兄夫婦も一緒に聞いてくれ
兄には「無伴奏が一番良かった」ようです。

翌日、朝食後に鶴ヶ城を散策しました。
風が強くとても寒い日でした。お堀の水面が風に揺れ、まるで緩やかな川の流れのようです。
西出丸南側の内堀沿いをぐるっと東へ周り桜の広場、廊下橋を抜け本丸へ。
そして最後は荒城の月の歌碑まで。歩いた順に動画を繋げてみました。

今年の紅葉はあまり奇麗ではない気がします。

この動画に以前紹介したフカチョーバさんのチェロをBGMでつけてみました。
ブラジル風バッハは、この秋の寂しい風景にぴったりです。

こんな音が出せるようになるのは何時だろう。
いや、そんな日は永遠にこない気がします。



[PR]

by hideonoshogai | 2016-11-02 21:41 | 家庭 | Comments(2)  

鶴ヶ城の桜

d0010720_14163954.jpg

水曜日に日帰りで会津若松へ行って来ました。鶴ヶ城の桜は満開を過ぎ散り始め。先週末も天気が悪く、ずっと雨が続き今日は一番の花見日和、とタクシーの運転手が言ってました。7月に米寿になる母もとても元気で安心しました。
今度帰る時は、チェロ持参でジョスランの子守唄を弾いてやりたいと思います。    
[PR]

by hideonoshogai | 2015-04-24 14:16 | 未分類 | Comments(0)  

不思議!


利息

定期が満期となったので今週火曜は一日夏休みをとり銀行へ行ってきました。
夫婦でまったく同じ金額を10年前一緒に定期にし、これまで二人で、ずっと同じ日に同じ窓口で同時に更新手続きしてきのですから、利息も含め残高はまったく同額なはず。
なのに、自分の残高のほうがカミサンよりも32円だけ多かった。
窓口の担当者は、「最初の預け入れ額が違うからでしょう」と訳の分からない事いってたけど最初に預けた金額はまったく同じ。
どうして利息に差がでるのか、不思議です。
次の更新時(←といっても2年後ですが)詳しく調べてもらうことにしました。

・・・・・・・・・・・・・

ワン切

銀行へ行った夜、携帯に不在通知のメッセージ。
アドレス帳に登録した番号以外からの電話には
出ないようにしているのですが、その番号は
86で始まりこれまで一度もみたこともない数字が並んでいました。
86は中国の国番号なので
どうやら中国からかかってきたようです。
中国には一度も行ったことないし中国に知り合いもいないし
可能性としてあるのは自分の携帯番号を知っている人が中国からかけてくる・・
いやそんな人はいない。
中国からはそれ一回のみで、その後はまったくかかってこないので、
どうやら国際電話を利用したワン切のようです。
でもどうして自分の携帯に中国から電話がくるのか?
コンピュータを使い乱数表でやたら電話をかけまくるとしても手間と時間がかかりすぎるし、第一その番号が国際電話できる携帯じゃないとワン切の意味がない。
勝手な推測ですが、5月に済州島へ行く前に韓国、中国、ハワイ、カナダでもそのまま使える機種に変更しているのですが、自分の番号がどういう経緯かしらないけど
ワン切やってる連中に漏れているとしか思えません。
携帯会社から番号が漏れているんだろうか・・。

・・・・・・・

カウンタ

このところカキコミ更新の回数が減っているので、ここを覗いてくださる訪問者も少なくなっているのですが、
水曜日はいつもの2倍の訪問者がありました(←エキサイトブログのカウンタ)。でも、貼り付けている外部(WHOCARES)のカウンタではいつもどおりの訪問者数。
どうしてこういう数の乖離がでるのか・・・?

火曜の訪問者数がリセットされず、水曜にも重複してカウントされたとしか思えないのですが・・・
エキサイトブログを書いていらっしゃる方、水曜日の訪問者数いつもの2倍になっていなかったでしょうか?
[PR]

by hideonoshogai | 2009-08-14 18:03 | 家庭 | Comments(8)  

週末のこと



先週金曜は家内が日帰りで手術を受けることになり、その付き添いのため一日休暇をとりました。局所麻酔で正味1時間ほどの簡単な手術ですが、手術部位が足だったことや、術後はずっと安静を要するため、ほとんど歩けません。病院から帰宅後も、家内を介助しながら夕食をつくり、洗濯物をとりこみ、食器洗い・風呂掃除・アイロン掛けなど家事に終われ、一日休みを取ったにも関わらず、チェロどころではありません。

土曜は、昼からどうしてもはずせない会議があったため、早起きして40分程発表の準備。その後、朝食・洗濯・掃除・食器洗い・洗濯物干し・ゴミ出し。
一通り終わると、思わずフッ~~とため息。
家事には終わりが無いですね。
昼過ぎに会議に出かけ帰宅したのは午後9時半。
というわけで土曜もチェロは弾けず。

実は、金曜夜は東京フィルのサントリー定期でしたが、コンサートには行けないことがわかっていたので、事前に日曜のオーチャード定期に席を振り替えてもらいました。
東京フィル会員の特典として、サントリー定期当日どうしても都合が悪い時には、同一月のオペラシティ定期かオーチャード定期への振り替えが可能なのです。これはとても便利なシステムです。
でも日曜もいろいろ家事・介助していて、結局オーチャードへは行けなかった(涙)・・。
3日間のうち、チェロは日曜の午後、たった1時間弾いただけ。
GWにあれだけ練習したのに、なんかもうレベルダウンしている感じがします。

でも、もし、オーチャードに行けば移動時間も含め5時間はかかるのでチェロを弾く時間は確保できなかった。それに日曜のメインの演目はチャイコフスキーの5番。
チャイコフスキーの5番は昨年12月のDudamelとSBYOVの衝撃的な名演の感動がいまだにインプットされたまま。
なので、今、チャイコフスキーの5番を聴いても感動しなかったかも知れません。
だから、コンサートよりもチェロを弾いていたのが正解だったかも。(←と自分に言い聞かせる。)

(とはいうものの結局、チケットが一枚無駄になってしまいました。
東京フィル・チケット担当の方、せっかく振り替え手続きしてくださったのに、申し訳ありません。)

休日はいつも家内と家事を分担しているけれど、今回のような事があると、家事はすべて自分ひとりでしなくちゃならない。普段、土・日にはいつも最低2時間はチェロを弾いているけど、そういう事ができるのも、家内が元気でいてくれ、自分の重篤なチェロ病に理解を示してくれるからこそ。

何を今更ですが・・
家族が元気でいてくれるって、本当にありがたいことです。
[PR]

by hideonoshogai | 2009-05-11 16:02 | 家庭 | Comments(12)  

3連休

年明けからずっと業務多忙により、なかなかチェロをまとめて弾く時間がなかったのですが
この3連休は久々にチェロをたくさん弾けました。

20日は自分の誕生日(11日は息子の誕生日)。
一日中、チェロを弾きまくりたいところでしたが
休日恒例の買出しのあと
午前中は手作りのイチゴショートのスポンジ焼きのお手伝い。
泡立て器が故障してしまったので、途中で
ホームセンターまで出かけ泡立て器を購入。

午後からは2時間ほどラフソナ1楽章を練習。
練習のあいだにイチゴショートが完成。

夕食は自分のリクエストで天ぷら。
揚げたての天ぷらはあつあつでカリッとしておいしいですね。
ついつい食べ過ぎてしまいお腹がいっぱいになってしまったので
イチゴショートは翌日の楽しみに。
夜は2004年5月のアテネでのベルリンフィルの野外コンサートの
DVDを鑑賞。
曲はブラームスのピアノ4重奏のオケ版。
やはりベルリンフィルいい音がしています。

21日午後から雨になるというので
午前中散歩へ。
いつものコースではなく近所の桜の見どころまで、
足をのばしたのはいいのですが、遠い・・・。
往復で2時間もかかりました。
で、肝心の桜はまだ全然開花しておらず、蕾のまま。
来週の土日に見ごろになるのでしょう。

午後からチェロをしっかり2時間練習。
曲はラフソナ1楽章。

22日
午前中買出しのあと
チェロ1時間練習。
午後から、昨年10月に「チェロの温泉」のアドヴァイスをしてくださった方を
再度訪問。ラフソナ1楽章をみてもらう。

最初に通して弾いて、聞いてもらい。
そのあといろいろアドヴァイスをいただいた。

ここ数カ月大きな音がでるボーイングをずっと練習してきたが
その練習の成果はあったようで
音が前回とはだいぶ変わって「音量がでてきた」とのコメントはうれしかった。

でもまだまだ課題がたくさんある。また
数か月かけてじっくりさらうことにする。

夕食後にさっそく1時間チェロを復習。
この3日間毎日チェロを弾いたのでだいぶ楽器が体に馴染んできた。


ここから私信です。

fu さん、誕生日メッセージどうもありがとうございました。
20日含め3連休は久々に音楽三昧してしまいました。
誕生日のイチゴショートの食べ過ぎでちょっと体重リバウンドして
しまいましたけど(笑)。
ところで、記憶違いでなければ、fuさんも3月生まれでしたっけ?


ninja姉、素敵な動画を教えていただきありがとうございます。
あの映画、記憶喪失したヴァイオリニストへの老婦人のほのかな恋心が
なんとも切ないですね。そういう気持ちがよくわかるようになったのは
自分が老いてきたということ。
それにしても美しいお庭と曲が見事にマッチしていましたね。


ogosyuさん、お祝いメッセージありがとうございます。
こちらこそ、そちらへなかなかうかがえなくてすみません。

先日NHKの「世界ふれいあい街あるき」という番組で
ロンドンのシティ(BANK stationとか)を紹介していました。
ああ、ここでogosyuさん働いているのかな?としっかりチェックしましたよ。
PICCOLO BAR というイタリアンレストランの前の客待ちタクシーとか
アーケード街で昼休みにビールを立ち飲みする証券マンとか面白かったです。

7月日本へいらっしゃるのですね。お会いできるのを楽しみにしています。
「英雄」の演奏会がんばってください!

[PR]

by hideonoshogai | 2009-03-22 23:28 | 家庭 | Comments(12)  

23回忌

週末は父の23回忌で田舎へ帰ってきました。
いつもは東北道を使うのですが、首都高速の渋滞と堀切の合流がとても嫌なので
前回から市川―松戸―三郷経由で常磐道、磐越道を使っています。
常磐道の方がカーブが緩やかで、車も少なく、渋滞もなく快適です。
土曜の朝5時に自宅を出て途中で朝食+休憩1時間とり
10時過ぎに実家へ到着。
会津若松は最高気温が20度もなく半そでの上に何か羽織るものがないと寒いぐらい。

母も81歳になりすっかり腰が曲がってしまいました。
兄弟3人+子供ら、全員が久しぶりに集まったので母は大喜び。
お寺でお経をあげてもらい、その後お墓へ。
お墓は会津盆地を見下ろす小高い山にあり、眺めが見事です。

実家は、鶴ヶ城のすぐ近く。数分でお堀端へでるので
帰省すると必ず城址を散歩します。
土曜日は夏休み中ということもあり観光客がたくさんいました。
一年ぶりで行ってみるとあちこち様変わりしています。
子供の頃スキーをしてあそんだ坂(北出丸から本丸へ向かう椿坂)には
石段の上になだらかなスロープが造られていました。
車椅子で見学にくる人たちの為らしいです。

石垣の上を歩きながら昔遊びまわった石垣下の斜面を上から覗いてみました。
あんな斜面、まちがって転んだら、そのままお堀に落ちて溺れてしまう。
そんな危ないところで毎日良く遊んでいたものです。
もし自分の子供があんなところを遊んでいたら
「危ないから絶対にあそこへ行っちゃダメ」と厳重に注意するでしょう。

夜は、中ノ沢温泉に一泊しました。
久しぶりに兄弟や甥姪を囲んでの大宴会。
アルコールを飲みすぎてしまい、右肩が疼きました。

母は今回チェロを持っていかなかった事を残念がっていました。
五十肩だから仕方がありません。
肩が治ったらまたチェロをもって帰ると約束し、会津を後にしました。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-08-25 17:19 | 家庭 | Comments(4)  

観劇

今日は一日休みをとって雪の舞う中、新橋演舞場へ。

毎年2月公演は、藤山直美、中村勘三郎の爆笑コンビが笑いと涙の人生劇を
演じるのですが、これを見るのが、我が家では恒例行事化してます(笑)。
観劇後には平日の銀座をぶらぶらし、リフレッシュしてきました。

コンサートは普段自分ひとりで行くことがほとんどですが
藤山直美・中村勘三郎コンビの観劇だけは必ずカミサンと一緒。
年に一度の夫婦の休日ってところです。

一昨年の「ぽんぽこ狸御殿」昨年の「殿のちょんまげを切る」に
続き今年は「わらしべ夫婦双六旅」。

藤山直美の存在感はすごいですね。舞台に登場しただけでもう
舞台の雰囲気が、がらっと変わる。
それに目の表現力が素晴らしい。
いや~~ほんとに面白かった。そして、泣かせてくれます。
3時間、仕事やチェロを忘れ、お腹かかえて笑ってきました。

観劇の前に銀座三越地下2階の弁当売り場で升本
お弁当を買っていくのも秘かな楽しみなのです。
自分は「すみだ川(あさり飯)」を、カミサンは「香取」を食べました。
ここのお弁当はかなりお薦めです。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-06 23:56 | 家庭 | Comments(0)  

明日は実家へ

毎年、実家には9月の最初の連休で帰るのですが
今年は15日に仕事がはいっていて帰れなかったので
明日の朝、新幹線で帰ります。

ライトグリーンのハードケース背負って
明日の朝8時から8時半ぐらいに東北新幹線のホームをうろついて
いるのが私です。

2004年8月に新しいチェロを買ってから、まだ一度も母親にチェロの音を聞かせた
ことがないので、今回は大変ですが、チェロ背負っていくことにしました。

実家ではジョスランの子守唄その他を聞いてもらう予定。
先日電話で話したら母はだいぶ耳が遠くなっていて
難聴が進行しているようです。

聞いてもらえるときに聞いてもらわないと。
後で後悔したくありません。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-21 23:55 | 家庭 | Comments(4)  

明日から旅行

昨日のイヴェントも無事終了しほっとして日曜を迎えました。
この半年、昨日のイヴェントの準備を自分がほとんど独りで
やってきたので、とても忙しく、
何かアクシデントがないか会が終了するまで、ハラハラでしたが
大きなトラブルもなくよかったです。

そんなわけで夏休みをとらずにいたので
明日から小旅行へ出かけます。
琵琶湖周遊のたび。

米原で下車。
彦根
近江八幡を観光して
長浜泊

明後日は
比叡山延暦寺
三井寺
膳所城跡公園
京都から帰京

の予定です。
では行ってきます。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-16 23:23 | 家庭 | Comments(6)  

不良品

今年はパソコン、テレビ、と立て続けに家電製品が
壊れ、5月には電気掃除器まで壊れました。ここまで続くともう仕方がないと諦め
早速5月に新しい掃除器を購入しました。

従来の掃除器は紙パックが必要なタイプがほとんでですが
今回購入したのは大手家電メーカT社の
紙パック不要という代物。
ごみ捨て簡単というのがうりです。

で、購入当初は快調に動いていたのですが
購入してたった2ヶ月で、掃除器が突然動かなくなりました。

早速お店に保証書つけてもっていって
修理してもらったら1週間で返ってきました。

修理のコメントは
故障ではなくフィルタがつまってしまっていただけ、とのこと。
フィルタがめづまりすると自動的に動かなくなるらしく
こまめにフィルターのごみを歯ブラシなどで
とってやってくださいとのこと。

そんなのおかしいんじゃない??
だってこの掃除器を購入したのは
紙パック不要、お手入れ不要ということで
購入したのに。
掃除器の電源をコンセントに差し込むと
「カタカタカタカタ」とけたたましい音を発するのです。
でスイッチオンにするとまた「カタカタカタカタ」
オフにするとまたしつこく「カタカタカタカタ」
これはフィルタを自動で掃除する音と説明うけました。
手入れ不要だからこのぐらいのけたたましい
音はがまんがまんと思っていましたが。

フィルタの掃除を定期的にやらなければならないなんて

広告に偽りあり
誇大広告じゃないか?
不良品じゃないか?

確かに取り扱い説明書をみると
フィルタの掃除を定期的に行ってください
と書いてあります。

とても釈然としない思いで
掃除器を引き取ってきたのがつい2週間前。

夕張メロンオケにでかける直前に
修理が終わった掃除器を引き取ってきたのですが

さきほどカミサンからメールがあり
「また、掃除器がまったく動かなくなった」
だそうです。

これは不良品ですね。
日本のメーカーでも製品を組み立てて
いるのは中国や東南アジアがほとんど。

その国の人々を非難するつもりはないですが
購入した掃除器が3ヶ月以内に
2度も故障するなんて、
以前の「made in Japan」の家電製品では考えられなかったことです。

修理じゃまたおなじことの繰り返しなので
新品に換えてもらうか返品してもらうように交渉してきます。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-07-26 17:01 | 家庭 | Comments(2)