カテゴリ:音楽療法( 50 )

 

バッハ無伴奏(ライブ版)

先日のボランティア演奏で8曲目に弾いたバッハ無伴奏をアップします。

無伴奏はボランティア演奏の際に毎回必ず弾いてきました。
これまで何回弾いたかはっきり数えていませんが
最初のボランティア演奏から、もう30回以上は弾いていると思います。

しかし、決して同じ演奏にはなりません。
自分の演奏には癖がありますから同じようでも毎回微妙に違います。
そしてどこかで必ずミスっています。そのミスする箇所も全部異なっています。
まだまだ演奏技術が未熟だということです。

また、この曲はテンポがとても重要で、速く軽快に弾くか、ゆっくりと弾くかによって
曲の感じが全く変わります。
いつも速めに弾きたいと思いながら、いざ弾き始めると自分がイメージしているテンポよりも
遅くなってしまいます。

今回演奏している緩和病棟は天井が高いためか響きが良く、
一般病棟よりも気分良く弾けたように思います。




画像は帯広市の十勝大橋ライブカメラからキャプチャ画像です。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-07-03 00:19 | 音楽療法 | Comments(0)  

ジョスランの子守唄(ライブ版)

先日の夏のボランティア演奏から9曲目の「ジョスランの子守唄」をアップします。
元々は長めのイントロ付きピアノ伴奏がある曲ですが、いつもソロで弾いています。

こうして改めて聴くと、付点の付いた音符の長さがいつもいい加減。
僅かに短めに弾いてしまう悪い癖です。

前半はゆったりと。後半は少しテンポをアップしています。

以前にも書きましたが、この曲は母が大好きで、自宅にチェロを持って行けない時には
過去の演奏動画を聴いてもらっています。

最近、だいぶ耳が遠くなり、ヘッドホンでないとはっきり音が聞こえません。
冒頭の旋律が聞こえると
『むごき定め~身にあもりて~ なれとねむる~ のろわれの夜~ 』と母は大声で歌い始めます。




画像は今年6月に訪ねた帯広市の「真鍋庭園」です。

ジョスランの子守歌 近藤朔風詩

 むごきさだめ 身に天降(あも)りて
 汝(なれ)と眠る のろわれの夜(よ)
 胸のうれい ゆめに忘れん
 祈らばや ゆらぐ星のもと
 夢のまきまきに あこがれよ み空へ
 眠れいとし子よ 眠れ今は小夜中(さよなか)
 あゝ夢ぞいのち マリアよ守りませ

 愛のつばさに おおわれつ
 わが来(こ)し方(かた) かえりみれば
 流れたゆとう 波にも似たり
 あわれいく日(ひ) 祈りに泣きぬ
 夢のまきまきに あこがれよ み空へ
 眠れいとし子よ 眠れ今は小夜中
 あゝ夢ぞいのち マリアよ守りませ
[PR]

by hideonoshogai | 2016-07-02 00:03 | 音楽療法 | Comments(0)  

星に願いを(ライブ版)

夏のボランティア演奏の中から、10曲目に弾いた「星に願いを」をアップします。
昨年の7月にもライブ版をアップしていますが、前回はピアノ2台でした。
今回はピアノ1台です。

何度弾いても冒頭のオクターブで上がるところが音程悪いです。
一回目は、スラーをつけて弾いていますが、二回目は全部弓を返して
変化をつけています。できれば2回目はちょっとジャズっぽく弾けたら良いな
とも思いますが、そういう洒落た感じには、まだまだ弾けません。



画像は6月に訪ねた十勝の「六花の森」です。
新緑と九輪草のコントラストが素晴らしかった。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-06-30 21:48 | 音楽療法 | Comments(2)  

春のボランティア演奏 part3

前回の演奏part2が先週火曜にあったばかりなのですが
昨日、急遽、part3のボランティア演奏をしました。

実は、3月にチェロを聴いてくださり、その直後から4月のpart2をとても楽しみにしておられた
患者さんYさんKさんが、お二人とも止むを得ない理由で4月の演奏を聴く事ができませんでした。

お二人はpart2を聴けなかったことをとても残念がっておられましたが、偶然、お二人ともpart2が終了した直後に入院されたので、お二人のために急遽、part 2のプログラムを一部変更しもう一度演奏することにしたのです。

プログラムは

さくらさくら
朧月夜

ロンドンデリーの歌
アヴェ・マリア

ジョスランの子守唄
バッハ無伴奏
家路

見上げてご覧夜の星を
故郷

の9曲で演奏時間は35分程でした。

事前にあまり練習する時間がなかったのも影響しているかも
知れませんが、当日は久々に緊張感が強く、右手が萎縮していました。

右手が萎縮するとやはり音に反映します。

後半すこし持ち直しましたが、どうしたら緊張せずに平常心で弾けるか、が今後の課題です。

当日の演奏から「見上げてご覧夜の星を」をアップします。



Kさんがチェロに合わせ一緒にくちずさんでおられるのがかすかに聞こえます。

映像は、十勝川白鳥大橋のライブカメラから3枚選んでみました。
1枚目に丹頂つるが一羽、写っています。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-04-22 21:16 | 音楽療法 | Comments(6)  

春のボランティア演奏part2


昨日、職場でのボランティア演奏が終了しました。
今回は時間的な制約から一般病棟のみでした。

3月に続き「春の音楽のプレゼント」part2という事で
今回も春にちなんだ曲をはじめに弾き
「そうだ京都へ行こう」 のコマーシャルで馴染みの「私のお気に入り」などの新曲も加えました。

プログラムは

さくらさくら

春が来た
春の小川
朧月夜

私のお気に入り
ロンドンデリーの歌
G線上のアリア

バッハ無伴奏1番
ジョスランの子守唄


花は咲く

故郷

の12曲で時間は40分程でした。

私のお気に入りは3拍子の軽やかなリズム感を出して弾くのが
とても難しく、今後の課題です。

当日の演奏から「さくらさくら」を再度アップします。
前回はイントロが「嬉しいひな祭り」でしたが、今回も、イントロは音楽療法士さんのオリジナル・バージョンです。



映像は近所の桜並木と公園。
たまたま通ったのですが桜吹雪がなんとも見事でした。

3月13日に弦を変えてちょうど1ヶ月なので
前回の「さくらさくら」よりは音に伸びがあるように感じます。
やはり弦は頻回に変えないとだめなようです。

ちなみに弦は上から
A  ラーセンソリスト
D  プリム
G プリム
C スピロコアクロム

といつもの組み合わせです。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-04-13 19:07 | 音楽療法 | Comments(2)  

春の音楽のプレゼント

3月1日に職場(緩和病棟とE病棟)で3ヶ月ぶりにチェロを弾きました。


今回は、ひな祭り、春にちなんだ曲を前半に後半にはいつものバッハなどです。
9月に弦を替えて以来、ずっとそのままなので音が少しキンキンしています。
本当なら弦を替えてから演奏に臨んだほうが良かったのでしょうが
直前に張り替えると調弦で苦労するので替えませんでした。

プログラムは

うれしいひな祭り(さくらさくらのイントロ)
さくらさくら

早春賦
どこかで春が
春が来た
春の小川
朧月夜

バッハ無伴奏1番より前奏曲
家路

星に願いを
花は咲く

アヴェマリア(バッハ・グノー・クンマー)
春が来た(アンコール)

巡り逢い(アンドレギャニオン)
故郷

バッハ無伴奏1番(アンコール)
白鳥(アンコール)

当日の演奏から

冒頭の「さくらさくら」をアップします。



映像は前半が鋸南町佐久間ダムの河津桜、後半が鶴ヶ城のソメイヨシノです。
最初だったこともあってチェロは少し力みすぎ。
オクターブ上がってからの音程が冷や汗ものです。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-03-02 17:43 | 音楽療法 | Comments(4)  

アヴェ・マリア(バッハ・グノー・ライブ版)

昨年12月22日の職場のボランティア演奏から
アヴェ・マリア(バッハ・グノー・クンマー)をアップします。
以前アップした音源よりも、かなりテンポが速くなっています。



以前ほどは緊張せずに弾けるようにはなってきているのですが
一番高い音は未だに力んで萎縮した音がします。これじゃ、ダメですね。

師匠からいつも「大きくたっぷりした音を出したい時こそ、右手の力を抜いて力まずに弾かなきゃ
ならない」と言われていますが、なかなか実践できません。

当日はアヴェ・マリア4曲をメドレーで弾いたので
冒頭、曲のあい間の拍手が入っています。
また、17秒ぐらいからある男性患者さんがメロディにあわせて
ハミングしている声が入っています。
当日はこの曲の次にカッチーニを続けて弾きました。
そしてその後に無伴奏家路とソロが続きます。

拙い演奏ですが職場でのボランティア演奏の雰囲気を感じて頂ければ嬉しいです。

G開放線が室温上昇ですこし低くなってしまっていました。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-01-10 23:30 | 音楽療法 | Comments(2)  

新年を迎えて

明けましておめでございます。

チェロを弾ける時間は、今年も限られていますが
昨年に引き続き、多重録音、個人レッスンそして
職場でのボランティア演奏と、この一年も今まで同様チェロをできるだけ多く
弾きたいと考えています。

昨年同様、懲りずに無伴奏をアップします。
2015年12月22日、職場ボランティアで弾いた無伴奏です。
冒頭も、最後も、相変わらず音程が悪いですね。



画像は、一昨年9月に旅した十勝川白鳥大橋のライブカメラの映像*を本日4時頃に
12枚連続してキャプチャーしてみました。

拙いブログですが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。



十勝川白鳥大橋のライブカメラ
2016年1月3日、午後4時前後15分間(15:54-16:11)の連続キャプチャー画像です。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-01-03 18:15 | 音楽療法 | Comments(13)  

今年のチェロのまとめ

個人レッスンは、2月28日、6月17日、9月17日の3回のみ。
ずっとセバスチャン・リーのチェロ2重奏、作品60の5番6番を見ていただいた。
3月22日の発表会でも作品60の5番を師匠と一緒に弾いた。

セバスチャン・リーのチェロ2重奏は終了とし
9月のレッスンの際に,次からロンベルグのGrand Duo 作品36の1ではどうか、と師匠に提案していただき早速譜面を注文したが船便で約1ヶ月かかり10月に譜面到着。

しかし、譜面を開いてびっくり。
このロンベルグのGrand Duoはとてもレベルが高い曲で
簡単には弾けない。それにかなりの大作で1楽章だけでも5p、274小節もある。
難易度が高くて実はまだ2ページ目までしかさらえていない。

このままこの曲でいくかそれとも別の曲にするか、来年早々に師匠と相談しなくては。

9月からは、たまたま多重録音の世界にはまり込み、土日は部屋に籠もり、各パートを何度も何度も
収録しつづけるという地味で忍耐強い作業が続いた。

しかし、多重録音も始めて見ると、なかなか奥が深い世界で、自分一人でチェロアンサンブルの曲を
思うように作り込んでいける、という面白さがある。

チェロアンサンブルには、多くの名曲があるけれど、中でもクレンゲルの「賛歌」という12人のチェエリスの為の曲はチェロ弾き憧れの作品だ。
来年は、「賛歌」の各パートについて個人レッスンをうけながら時間をかけて多重録音を仕上げるというのも面白いかも知れない、と最近思い付いた。

というのも、この賛歌の冒頭は12番チェロから始まり、次は11番10番と順に音が受け継がれ
1番チェロへ向かって響きが右から左へ移動しステレオ効果が抜群の曲なのだ。

モノラル録音ではまったく面白みがないけれど、ステレオ録音ではかなりの音響効果が期待できる。
でも果たしてちゃんと弾けるかそして12声もの曲の多重録音がうまくいくかどうか。。。

職場でのボランティア演奏は、
7月7日(2回)、10月6日(2回)、10月20日(1回)そして12月22日(2回)の計7回弾く機会に恵まれた。

毎回患者さんとの一期一会がありそれぞれ思い出深いけれど
10月6日の演奏で「フィンランディア賛歌」を気に入ってくださり
最期までずっと私のチェロ音源を聴き続けてくださったSさんとSさんのご家族に改めて感謝したい。

そういう訳で、今年最後の音源アップは多重録音ではなく
先週の職場ボランティ演奏から、カッチーニのアヴェ・マリアです。
この演奏当日、私が10年程前から治療に関わっていたMさんがたまたま入院され
最前列で車椅子に腰掛けながら熱心に聴いて下さった。





来年は、7月に夕張メロンオケの第10回が開催されてから10周年になります。
オケでは久しく弾いていないので、参加できるなら参加してみたい。



この一年間、拙いブログを覗いてくださってありがとうございました。
それではみなさま, どうぞよい年をお迎えください。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-12-29 09:01 | 音楽療法 | Comments(4)  

クリスマスのボランティア演奏

先週、職場で今年最後のボランティア演奏をしました。
今回はクリスマスにちなんだ曲ということで以下の11曲です。

主よ人の望みの喜びよ(Vn, Vc, piano)

アヴェマリアメドレー
 ピアソラ(Vc, piano)
  バッハ・グノー(Vn,piano)
  バッハ・グノー・クンマー(Vc, piano)
   カッチーニ(Vn,Vc, piano)

バッハ無伴奏より( Vc,solo)
家路(Vc,solo)

アメイジング・グレイス(Vn,piano)
G線上のアリア(Vn,Vc,piano)
アヴェ・ヴェルム・コルプス(Vn,Vc,piano)

故郷 (Vn, Vc, piano)

以上の11曲を緩和病棟とE病棟で続けて演奏しました。
一回の演奏時間は45分程ですが、
移動を挟んで連続での演奏は結構、体に堪えます。
弾き終えてから何とも言えぬ疲労感を感じます。

今回はVnにも入っていただいたので響きに厚みが増し、チェロ単独の時よりも力まず楽に弾けました。
患者さんの反応も良かったです。

E病棟では、チェロのソロ演奏の頃には夕日を背に浴び、映像が逆光になってしまいました。
当日の演奏から家路をアップします。



しかし、相変わらず音程が悪い演奏ですね。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-12-28 19:28 | 音楽療法 | Comments(2)