カテゴリ:音源( 168 )

 

バッハ無伴奏1番プレリュード(take5)

このプレリュードは今まで何度もアップしていますが、どれもかなりゆったりした
テンポで弾いていました。
今回は、これまでよりもかなり早く快活なテンポで弾いてみました。



相変わらず全体にバタバし、傷も多く拙い演奏ですが現時点での記録(take5)としてアップしておきます。

同じ曲でも、テンポによって印象が全然違います。
⬇のライブ版のようにゆっくりとテンポを揺らしてひくと
どちらかというとdepressiveな感じを受けますが、このテンポだと
明るくどんどん前に進んで行く感じを受けます。

以前, 末期のがん患者さんのために、この曲を1時間のセッションの中で
テンポを変え2回弾いたことがあります。
最初はすごくゆっくりとそして最後のアンコールとして、とても速く弾いたのですが、
速いテンポの時に、自分自身がいままで体験したことがないような、
生き生きとした躍動感を感じ深い感動を覚えました。

でも、いまだにその時の演奏を超えられないでいます。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-08-16 20:10 | 音源 | Comments(0)  

主よ人の望みの喜びよ

主よ人の望みの喜びよ、をアップします。



原曲は2台のピアノの為のものですが、通奏低音と主題をチェロで弾いてみました。
実は、これは2012年の暮れに録画した音源ですが、音声の入力レベルが低く過ぎて
音声が全く聞こえずお蔵入り寸前でした。

最近この動画の存在に気付き
imovieで加工し音声のレベルを500%アップし、これを2回繰り返したところやっと普通に聴ける
音声レベルになったのでアップしてみました。
2年半前の演奏をこうして振り返ってみると、
チェロのレベルは、2年半経ってもあまり進歩がないです。

元弓の右手のコントロールが悪すぎます。
それに、楽譜を一瞬見失って2:08で一瞬主題を弾き損ねました。

拙い演奏ですが、2台ピアノとチェロの音源は滅多にないので聴いていただければ幸いです。

ちなみに弦は上からヤーガー、ヤーガー、プリム、スピロコアです。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-07-29 22:47 | 音源 | Comments(0)  

めぐり逢い(アンドレ・ギャニオン)



アンドレ・ギャニオンの「めぐり逢い」をアップします。
おそらく彼の曲の中では、この曲が一番有名で、以前から一度弾いてみたいと思っていました。

来月久しぶりに職場でボランティア演奏するかもしれないので、そのための音合わせ時のものです。
今回は電子ピアノ2台とチェロで、譜面はドレミ出版のピアノ・ソロ譜面を使いました。
30分ほど3人でいろいろどう弾いたらよいか試行錯誤しながら
「じゃ、一度録ってみましょうか」と、いきなり録音したのがこの音源です。

結局、前半は伴奏を、後半で旋律を弾くことにしました。

まだリラックスして弾けていないので音がとても固い、ト音記号の同時変換が不良で音程がぼろぼろ(♭4つ)など(ピアノも)チェロもまだまだ課題が山積なのですが、「めぐり逢い」の記念すべき初録音なので記録としてアップしておきます。

映像は、鏡山展望台から眺めた唐津湾、虹の松原です。
虹の松原は遠浅なので海の色が沖へ向かうに従ってしだいに濃くなっていき
そのグラデーションがとても美しかった!!

私はここを訪れるまで知らなかったのですが、佐用姫伝説で有名な場所なのですね。

いつの日か、この美しい光景にぴったり合うように滑らかに美しく弾ける日がくるのを願いつつ・・。


ちなみに
弦は上から ヤーガースーペリア、プリム、プリム、スピロコア(クロム)です。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-06-19 19:33 | 音源 | Comments(8)  

adagio

以前、アンドレ・ギャニオンの「月の光に抱かれて」を紹介したが
この音源をアップしているbaroqer2010のアンドレ・ギャニオンのチェンネルを
きいていて最近アダージョという曲がとても気に入った。



オリジナルのピアノ譜のコピーを入手して弾いてみたけれど
旋律も伴奏もチェロで行けそう。これをいつかチェロ2重奏で弾いてみたい。
明日、師匠に相談してみよう。

d0010720_23215466.jpg

[PR]

by hideonoshogai | 2015-03-21 23:20 | 音源 | Comments(4)  

星に願いを

阪神大震災から20年の今日、
「星に願いを」をチェロ・ソロで弾いてみたのでアップします。

「願いが叶いますように」
そんな想いを込めて弾きました。



A線はヤーガースーペリア
DG線はプリム
C線はスピロコア(C線は弾いていません)
張り替えてから約2週間経ってやっと音が落ち着いてきました。


以前(2013年8月に)アップした音源(ピアノ伴奏版)は
こちらで聴けます。 
この時はA線はラーセンで、DG線はやはりプリムです。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-01-17 22:50 | 音源 | Comments(2)  

新年を迎えて

明けましておめでとうございます。

新しい年を迎え,
新たな気持ちでチェロを弾いていきたいと思います。

初練習では、まず何を、と思いましたが、「チェロと言えばこの曲」ということでバッハ無伴奏を弾いてみました。



無伴奏はおそらくこれまで一番多く弾いている曲で
You tubeにも何度もアップしてきましたが、どれも弾き方が微妙に違い
一つとして同じ演奏はありません。

そして、何より弾き終えた時に「今回はちゃんと弾けた」と思ったことが一度もありません。

年末に弦を変えたのですが、D線(ヤーガースーペリア)がどうもしっくりきませんでした。
タッチが重く、響きが籠っている感じがするのです。
実際、昨年アップしたアルマンドはヤーガーのD線が響いていません。

なのでD線を古いプリムに戻して弾きました。
自分の楽器ではプリムの方がヤーガーより響きが良いです。
それに、D線が鳴るとチェロの響きも全体的に良くなるように感じます。


ちなみにこれまでアップした無伴奏では、A線はラーセンで弾いていました。

今年も、チェロや音楽、そして時々、健康に関することなど、思い付くままにアップしていきますので
どうぞよろしくお願いします。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-01-04 20:26 | 音源 | Comments(0)  

一年を振り返って

チェロは少しは進歩があったような、なかったような。
凄く緩やかな螺旋階段をすこしだけ進んでは戻り、また進んでは戻り、
時間をかけて一周しても以前より進んでいるのは、ほんとに少しだけ。
そんな感じの一年だったかもしれません。

職場でのボランティア演奏は3月、4月、7月の3回のみ。
10月に予定していた演奏は諸事情により残念ながら中止としました。
来年のボランティ演奏もどうなるか、かなり不透明な状況です。

レッスンは1月5日、2月8日、2月28日、6月22日、8月3日、
11月16日、そして12月21日と7回受けました。
今の師匠についてから今年は一番頻回でした。
3月2日の発表会で、ブルッフのCanzone を弾きましたが
まだまだ課題は沢山あります。

来年も3月に発表会がありますが、今度はソロではなく
師匠との2重奏になります。

下手なりにも自分の演奏の記録としてYou tubeに一つずつ音源をアップできたのは
良かったと思っています。
いつの間にか、今年一年だけで、(本日アップしたバッハ・アルマンドも含め)You tubeに19ヶの音源をアップしました。

このように1年間チェロを弾いてこられたのはとても幸せな事です。
これから先どれぐらいチェロを弾き続けられるか分かりませんが
来年も出来る限りチェロを弾き音源をアップしていきたいと思います。

さて今夜は、バッハ無伴奏1番のアルマンドをアップします。
この優雅な舞曲を、力まず滑らかに弾くのはとても難しいです。
音を繋げながらゆったりとした雰囲気で、なかなか弾く事ができません。
今の時点で自分が精一杯弾けるのはこのレベルです。
弓をたくさん使うと音が粗くなるし、かといってあまり萎縮した
ボーイングでもいけないし、課題はたくさん。
まだまだ歌いきれていないのですが、現時点の記録としてこの演奏で
2014年を締めたいと思います。



ちなみに昨日チェロを弾いていて響きがイマイチであると感じたので
今日急遽弦を張り替え弾いてみました。
上からAD線がヤーガースーペリア、G線がプリム、C線がスピロコア(クロム)です。
本来なら弦がもう少し落ちついてから録音すべきだったのでしょうが
張り替えて1時間ぐらいで撮りました。
なので少々キンキンしているかもしれません。
しばらく経ってからまた録音して音の変化をみるつもりです。

ヤーガーのD線はちょっとこもっていてプリムの方が鳴る感じがします。

それでは、
一年間、この拙いブログを覗いていただきましてどうもありがとうございました。
皆様どうぞ良いお年をお迎えください。
[PR]

by hideonoshogai | 2014-12-29 22:00 | 音源 | Comments(4)  

Amazing grace


今年も、残すところあと10日ほど。

Amazing graceを弾いてみました。
昨年のクリスマス・イブに、職場のボランティア演奏で弾いて以来
ずっと弾いていませんでした。

今年は、ボランティア演奏をしないので、You tube にアップしておくことにします。


[PR]

by hideonoshogai | 2014-12-20 20:14 | 音源 | Comments(2)  

別れの曲

先月、大学時代の友人が亡くなりました。

告別式当日は、体調が悪く会津若松まで日帰りするのを諦めました。

とても好奇心が強く活動的だったS君。
まだ大ヒット前の「アリス」を大学祭によぶのに必死で奔走していました。
そんな彼を想いながら、「別れの曲」を弾きました。


[PR]

by hideonoshogai | 2014-11-09 22:26 | 音源 | Comments(2)  

愛がわたしに語りかけること

「愛が私に語りかける事」は
マーラーの交響曲3番の6楽章の副題です。

マーラーの交響曲3番のCDが数ある中でバルビローリの演奏が一番感動的名演であることを
以前2回ほど紹介しました。

「没後40周年」

「マーラー生誕150周年」

久しぶりにバルビローリの音源検索をしていたら
⬆で紹介したCD音源がアップされていたので紹介します。



6楽章は13:00〜
聴き所はたくさんありますが、自分がいろいろ書くよりも実際に聴いて頂いた方がよいでしょう。
約20分と少々長いですが、秋の夜長、バルビローリの美しい音楽に浸って頂ければと思います。

ちなみにこのCDはすでに絶版で現在入手することができません。

また1〜3楽章はこちらで聴けます。
[PR]

by hideonoshogai | 2014-10-17 20:05 | 音源 | Comments(0)