2009年 05月 27日 ( 1 )

 

済州島の旅

5月20日から2泊3日で韓国・済州島(チェジュド)へ行ってきました。

ソウルとプサンは行ったことがあるのですが済州島は初めて。
とても海が美しく、食べ物は美味しく
島の人はとても親切で、素敵な3日間でした。

済州国際空港までは成田から2時間半。
空港に到着すると検疫がきびしく全員体温をチェックされ
サーモグラフィで監視されました。

自分たちの前日に大阪から到着したグループの一人が38度台の発熱があり
新型インフルエンザを疑われ検査結果がシロとでるまで入国できなかったらしいです。

空港は島の北の済州市にありホテルは南にあり車で約1時間。
ホテルの入り口は、ツツジがとても綺麗で南国の雰囲気。

d0010720_19645100.jpg


ホテルの中庭を通り抜けると
海水浴場があり、夏場は観光客で混雑するのだそうです。

d0010720_1985561.jpg



午後3時ぐらいにチェックインし免税店で
韓国製のスプーン・ストラップなどをゲット。
コンビニでお菓子・水・お茶・ヨーグルトを購入してホテルに戻るときに
雨が降り出しました。

なので夕食は近場で済まし、鮑フルコース(粥・バター焼き・さしみ・てんぷら・しゃぶしゃぶ・ビビンバ)
をいただきました。

翌日は朝から土砂降りの雨。
なので予約していたタクシーをキャンセルし
急遽買い物ツアーに変更。
ホテルから済州市まで空港ゆきのリムジンバスで移動し
ロッテマートで買い物。
キムチ・コチジャン・のり・チョコレートなどをゲット。

昼食はヌルボンで骨付きカルビと石焼ビビンバ。

3時過ぎにホテルに戻ると雨もあがって晴れ間がみえてきたので
観光へ行くことにしました。
済州島はエリアが広くすべてみるには最低でも3日必要なのだそうですが
とりあえず近場の西帰浦へリムジンバスで移動。
約15分ほどですが、途中、ワールドカップ競技場や国際会議場など近代的な建物が
車窓から見えました。

最初に見たのは正房瀑布
川が海に直接流れ落ちる滝で、これは東洋では唯一ここしかないそうです。

近くで見るとかなりの迫力で水しぶきがすごかったです。

d0010720_19212856.jpg


その後は修学旅行生がわんさか溢れていた天地淵滝をたづね
早めの夕食。

アマダイの焼き魚定食とウニ・わかめスープ定食をいただきました。
サンボ食堂という地元では評判の定食屋さん。

うにが惜しげもなくたくさん入っているスープは食べ応えがありました。

3日目は低気圧が通りすぎすっきりと晴れ。
タクシーを半日貸切で↓の4箇所を観光。移動距離は240kmほどです。

ウェドルゲ
民族村
ソプチコジ
城山日出峰

ウェドルゲも

d0010720_19375144.jpg


ソプチコジも

d0010720_19382052.jpg



城山日出峰も

d0010720_1939339.jpg


海がとても綺麗でした。

昼食は(これが済州島最後の食事でした)タクシーの運転手さん一押しの
城山日出峰近くの定食屋さんで、海鮮トゥッペギとイカのチジミ。
チジミはゴマ油が香ばしくパリッとし、海鮮トゥッペギはアワビ、カニ、ハマグリ、えびなどが辛い味噌味で煮込んであり、ほんとに美味でした。

済州島は大阪府ぐらいの広さに50万人しか住んでいないとのこと。
それなのに道路がすごく整備されていて高速道路と思えるような
3車線の立派な路がずっとどこまでも続き渋滞はほとんどありません。
島の人もすごく親切で、日本ではほとんどありえないような
ことも体験しました。

また機会があったら是非たずねてみたいです。


追記(2012・4・12)
2012年3月に再びチェジュへいった。
その時の印象記はこちら


[PR]

by hideonoshogai | 2009-05-27 19:04 | | Comments(4)