2009年 05月 06日 ( 1 )

 

初心者向け?

GWも本日で終了。
今年は5日間どこにも出かけず、ずっと家でチェロを弾いておりました。
といてっても一日2時間が限度。
普段、土日しか弾いていないのに
休みだからといって凄い勢いで弾いたら腕を痛めてしまいます。
案の定、月曜は弾いたあと、前腕が痛み、触ってみると少し熱感が・・。
すぐに氷で冷やしたので、火曜には弾いてもなんとか大丈夫でした。

いろいろ弾いたのですが、以前購入した初心者のための
2重奏曲集
は、これが結構、難しい。

モーツァルトのディベルティメント。
譜面は一見簡単に見えますが、実際に弾いてみると
なんでもないフレーズがとてもぎこちない音だったり
音に躍動感がなかったり
とにかくモーツァルトらしく弾くのが大変。
短い音は歯切れよく、
スラーはたっぷりと、
そしてスピード感のある音。
ボーイングにスピード感がないと、モーツァルトの音はとうまく出せない。

ドンジョヴァンニの変奏曲はこれがまた
すごく難易度が高い。
これって、ほんとに初心者のための曲か?と疑ってしまうほどです。
でも、なかなかいい曲でドッツアウアが編曲しているので
さりげなくいろんな練習ができるような箇所が盛りだくさん。

今回はちゃんと弾けなかったけど、この変奏曲は
いずれ時間かけて弾けるようにします。

モーツァルトの弦楽四重奏のチェロパートも結構さらいました。
今回はK387の3楽章にすっかり、はまってしまいました。



チェロは3:28あたりからが聞かせどころ。
5:08からの1st のsol G、とにかくかっこよい。
ここは一番好きなとこです。

やはりモーツァルトって、いいですね。
[PR]

by hideonoshogai | 2009-05-06 21:14 | チェロ | Comments(3)