2008年 06月 21日 ( 1 )

 

Gustavo Dudamel

ジャンワンとドボコンを演奏していたベネズエラのユースオケと指揮者に興味が
あってちょっと調べてみました。

指揮者のGustavo Dudamel は1981年生まれでまだ27歳なのに
マーラー指揮者コンクールで優勝した実力を持つ逸材。

オケはベネズエラの少年少女オーケストラ(100以上あるそうです)の
頂点にある Simón Bolivar Youth Orchestra of Venezuela。

Dudamel は 8年前からこのユースオケの指揮者で
昨年11月になんとカーネギーホール・デビューしていました。

このデビューコンサートは「100年前のトスカニーニのカーネギー・ホールデビュー以来の興奮」
と絶賛されています。

自分は知らなかったのですが、ドイツ・グラモフォンからすでに
ベートーベン5番、7番もこのユースオケの演奏でリリースしているようです。
演奏とオケ・指揮者については
おやじの部屋
の11月10日掲載分に詳しく解説が書かれています。
まだ聴いていませんが、かなりエキサイティングな演奏のようです。

この Gustavo Dudamel
次世代を担う指揮者になるのは間違いないでしょう。

//////////////////////////////////////////////////////////////////


補足

ベト5,7の終楽章はここで視聴できます。
なかなか熱い演奏でした。

7番の4楽章、疾走感が凄い。
オスモ・ヴァンスカがプロムスで演奏したライブ版の7番も凄かったけど
この演奏もそれ以上の疾走感ですね。

マーラー5番も視聴できます。


追記 H21.1.11
平成20年12月17日 東京芸術劇場での初来日コンサートの
感想はこちらで



追記 H21.2.4

↑の夜のコンサートの模様は2月20日教育テレビ
芸術劇場で放送されます。



追記(2009・10・9)
dudamel の最新動画を追加。
動画はこちらで。

[PR]

by hideonoshogai | 2008-06-21 23:34 | 音楽 | Comments(10)