チェロ弾き達のオーケストラ



昨年11月の第1回公演がとても衝撃的なデビューだったチェロ弾き4人組みの2回目のコンサート。

渡邉辰紀さん、山本裕康さん、三宅 進さん、古川展生さん、
それぞれが〇〇オケの首席奏者だ。
皆さん、大変忙しい中、たまたま4人そろって
一日だけ空いていたのが6月15日(月)。
しかし、あいにくこの日は白寿ホールが休館日だった。
にもかかわらず、4人のみなさんの「どうしても白寿で開催したい」という熱意により
開催可能になったそうです。

チケットは発売初日に完売してしまう(チケットぴあ扱い)ほどの人気(自分はかなり後で買えましたが・・)
会場もほぼ満席で空席は数えるほどしかありませんでした。

始まりは前回と同様モーツァルト。
誰でも知っているあの有名なディヴェルティメントK136の旋律が軽快にそして流れる様に始まった。
「さあ、これから2時間、私たちのチェロを楽しんでください」と言わんばかりの心地よい響き。
やっぱりモーツァルトは美しい。
2楽章はややゆったりめのテンポで各パートがたっぷり歌っていた。
3楽章は2ndヴァイオリンの難所がある。
ヴァイオリンでも息切れしそうなあの16分音符をチェロで弾くのは、ものすごく大変だろうと思ったけれど、
そんな心配をまったく感じさせない軽やかな刻み。
さすがです。

ディヴェルティメント終了後は三宅さんによるトーク。
冒頭に書いた日程の事など、とても面白く紹介され会場の雰囲気が和む。

2番目はドローヌのチェロ3重奏。
はじめて聞く曲だが、いかにもフランスらしい優雅な響き。
これはまた次回もまたじっくり聞いてみたい・・と思った。

3曲目はポッパー。藤森さんが以前「ポッパー弾ければプロ」とおっしゃっていましたが、
ほんとに難所だらけの曲。これを古川さん山本さんが実に楽しげに弾いていらっしゃる。
2重奏になるとこれはもうほんとに「室内楽!」って感じで
とても贅沢な気持ちになりました。

休憩後は古川さんのソロで
バッハ無伴奏2番。
古川さんの無伴奏は初めて聞きました。
とても速い。速いけれど、全然違和感なく自然に聞こえる。

このバッハ無伴奏は毎回、4人の中のどなたかが順番で1曲ずつ弾かれるのだそうです。
次はどなたが何番を弾かれるのだろう・・・?

バッハのあとは池辺晋一郎さんが作曲されたチェロ2重奏のための曲。
これはあまりよく分からなかった。
技巧的にはすごいのだろうけれど、音そのもはすごく美しいのだけれど
あまり心に残らない(←池辺さんスミマセン)。

最後はバッハ・シャコンヌ。
これはもう・・圧倒されました。
前回にもこのシャコンヌを聞いているのですが
今回の方がテンポが全体にややゆっくりで自分には良かった。

アンコールはカザルスの鳥の歌。
渡邉辰紀さんのソロはとてもやわらかいけど芯のある音でジーンとくる。
自分はこの曲にものすごく弱く。
イントロ聞いただけで涙腺が緩んでしまう。

次回は横浜リリスホールで10月16日(金)午後7時開演とのこと。
詳細は こちらで。

平日夜の横浜はかなりきついけど・・・どうしよかな。
無伴奏も聞きたいし、シャコンヌもまた聞きたい・・・

おまけ:当日はプロのチェロ奏者が何人もいらっしゃいました。
     ブログ仲間の皆さんにもお会いしましたが、
     今回は皆さんとゆっくりお話できず失礼しました。


追記2009・6・18

このコンサートは当日配布されるプログラム解説が
凄く面白いのです。
第1回は4人の学生時代の逸話がメインで紹介されていました。
今回はコンサート自体をディナー・フルコースに見立てて
プログラムが紹介されていました。
山本さんの書き下ろしによるものです。
こちらで一部をごらんになれます。

[PR]

by hideonoshogai | 2009-06-17 23:04 | チェロ | Comments(8)  

Commented at 2009-06-19 17:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hideonoshogai at 2009-06-19 18:16
鍵コメさん、了解です。ありがとうございます。
Commented by keba at 2009-06-21 12:49 x
こんにちは
男性チェリスト4人のユニットって珍しいですね。
しかも皆さんのホームページやブログを見ていると、演奏会前に他のメンバーとかぶらないような主張できるシャツを探しに行く人あり、補正予算に怒っている人あり、なんか楽しいです。

平日の横浜はきつそうですけど、いけるといいですね。
Commented by hideonoshogai at 2009-06-22 17:14
kebaさん、こんにちは。国内では男性だけのチェロ四重奏は、ラカルティ-ナとチェロリパブリカだけだと思います。三宅さんと山本さんのブログご覧になりましたか?お二人とも凄くお忙しいのにコメントに丁寧に返事書かれていて凄いなぁ、と思います。横浜も聴きに行きたいですね~。
Commented by ひぐま at 2009-06-22 23:40 x
はじめまして!私も当日行ってました!シャコンヌ、圧倒でした。ラ・カルティーナのCDを持っているので、四重奏の音は知っていましたが、生の迫力は違いますね。プログラムも面白くて…。また行きたいと思っています。
Commented by hideonoshogai at 2009-06-23 22:24
ひぐまさん、こんばんは。いらっしゃいませ!シャコンヌは本当に圧巻でしたね。次の横浜も聴きたいです。ひぐまさんのブログ、以前から時々覗いてました。オケやってらっしゃるんですね。フィンランディアもカレリアも大好きです。フィンランディアはあのテーマ弾きながらうるうるしちゃいそうですね。そちらへも遊びに行きますのでよろしくお願いします。
Commented by ひぐま at 2009-06-23 23:09 x
こんばんは!ぜひぜひ!こちらこそよろしく御願いいたしますv(*^-^*)
横浜も行きたいなぁ。(地元だし…)
Commented by hideonoshogai at 2009-06-24 20:35
こんばんは。横浜にお住まいでしたら、リリスは是非行かないと・・。
28日は電話受付の前にリリスで直接前売券買えるようですね。

<< マリノ・フォルメンティ チェロ4重奏 >>