フランクのチェロ・ソナタ


d0010720_2224464.jpg


今日は午後から都内で会議。
↓で話題になったフランクのチェロソナタ、勿論、演奏はデュプレ。
さっそくipodに入れ会議に向かう車内でずっと聞いていました。
二楽章の速い動きと緊迫感。
三楽章の堂々としたテーマ。
そして、この主題が最後に朗々と歌われる終楽章。
凄い緊迫感のある演奏です。
解説を改めて読んで、なぜこの演奏がこんなに怖いくらい悲痛で凄いのか、ちょっとだけ分かった様な気がしました。
この演奏が録音されたのは1971年12月ですが、実は1971年はデュプレはもう多発性硬化症に侵されていて一年間ステージを休んでいました。12月にたまたま体調が良かったので4日間でフランクとショパンのチェロ・ソナタを録音したそうです。

そして、この録音がデュプレにとって最後のスタジオ録音でした。
そういう想いで聴き直すと、確かに、四楽章の最後の緊迫感には、
ただただ圧倒されるばかりです。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-11-14 15:20 | チェロ | Comments(4)  

Commented by ローズ at 2008-11-14 23:10 x
私の持っているCDとジャケットの写真が違います。だいぶ昔に買ったからなのでしょうね。私の方はデュ・プレが横向きでひとりで写っています。二人で写っている方がいいですね。
ライナーノートは同じだと思われます。読んだとき動悸がしたほどです。まとまりのない文章ですが、以前感想を書きました。

2008年5月2日と2008年5月4日の記事です。

(アドレスをこのコメント欄内に入れるとスパムとみなされてしまうみたいです)
Commented by hideonoshogai at 2008-11-14 23:29
ローズさん、こんばんは。5月の記事読んできました。ほんとに痛々しいくらい真摯な演奏ですね。このCDは10年ぐらい前に買って聴きましたが当時はそういう悲痛さをあまり感じませんでした。
自分が老いてきたことと、自分もチェロを弾くようになって、はじめてそういう風に感じるようになったのかも知れません。
Commented by チェロ右衛門 at 2008-11-16 10:12 x
お久しぶりです。私もデュ プレが好きで映像やLP,CDを持ってましたが、引越を機に彼女のLPも泣く泣く全部中古屋に出してしまいました。幸いCDの中にこの曲があったので早速聴いてみます。
Commented by hideonoshogai at 2008-11-16 11:13
チェロ右衛門さん、どうも!私もデュプレは結構好きでCDを一時期買い集めたことがあります。最近ぜんぜん聞いてなくて・・というよりもCDの整理が悪くて探し出すのが面倒で全然聴いてなかったのですが、久しぶりに聞いてみたらやはり凄く良かったです。

<< 埼玉県警音楽隊 赤とんぼーオンエアー >>