ウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団 演奏会

一昨年秋にモーツァルトのロンド・イ短調K511を
昨年6月に「展覧会の絵」の圧倒的名演を聞かせてくれたマリノ・フォルメンティ

フォルメンティらが2007年1月に結成したピアノトリオの演奏会が
来月NBホールで開催されます。

メンバーは

ピアノ:マリノ・フォルメンティ
ヴァイオリン:ダニエル・ゲーデ
チェロ:ラファエル・フリーダー
メンバーの詳細はこちら

ウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団 演奏会
日時:2008年10月18日(土)午後6時開演
場所:NBホール

演奏曲目は
ブラームス:ピアノ三重奏 1番 作品8
グリーグ:ペール・ギュント 第1組曲 より「アニトラの踊り」
クライスラー:ピアノ三重奏のための「愛の喜び」「愛の悲しみ」
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より“卵の殻をつけたひなどりのバレエ”
ブラームス:ハンガリー舞曲集 第2番
ピアソラ:「オブリビオン(忘却)」
ピアソラ:「ブエノスアイレスの秋」

問い合わせはこちら


////////////////////////////////////////////////////////////////

フォルメンティの昨年4月のサンフランシスコでの演奏の映像がありました。

曲はKURTAG's GHOST。まったく初めて聞きますが
これは古典から現代までの作曲家のメロディを組み込んだ現代曲かな?
展覧会の絵の一部はこちらの3:40~5:50で
(不協和音が苦手な方は前半(~3:40まで)のブーレーズはとばしてください。)
スカルラッティはこちらの冒頭~3:40で聞くことができます。


この夜のリサイタルの批評はこちら
[PR]

by hideonoshogai | 2008-09-17 23:33 | 音楽 | Comments(0)  

<< 外科室 ラフソナ >>