ベルリンフィル12人のチェロ

昨日と同様、首都圏は今日も凄まじい暑さでした。
ちょっと歩くだけで汗が吹き出てきます。
こんな暑さの中、サントリーまで出かけるのはちょっと大変だけど
今日の演奏会、聞き逃す訳にはいきません。

ベルリンフィル12人のチェロ。
会場のサントリーはほぼ満席。
なんだか女性客がすごく多かった。

自分はチケットを取り損ねて
最初、今回の公演を諦めていたのですが、5月に主催者にキャンセル待ちを
依頼し、幸運にもチケットをゲットできました。

席はLA3-16。
1stチェロは背中向きになりますが、12nd cello はばっちり見えます。
向かいのRBブロックは青いリボンをつけたスーツ姿の男性や女性ばかりで
なにやら異様な雰囲気

(↑この集団の真相は休憩後に判明)

今回の公演にはトップの
ゲオルグ・ファウストさんが参加されていませんでした。
プログラムによると健康上の理由で今回は来日を断念とのこと。
先日のモルクも心配ですが、ファウストさんも大したことで
なければ良いのですが。

ファウストさんいらしてなかったこと、定年でトイチュさんが退団されたこと
などがあって、前回に比べ3名が新しいメンバーでした。
うち一人は昨年入団した紅一点。

(↑ 修正: 3人ではなく、5人だったようです。
 By フィスママ さまのブログ情報より)


さらに追記(2008.7.20)
(3+5)/2=4 ではないけど
正確には下記の4名が今回の新メンバーでした。

ダヴィッド・ドラクロワ
シュテファン・コンツ
ダーヴィッド・エイドリヤン
ソレーヌ・ケーマレック

2006.7.17のサントリー公演でのパンフと今回のパンフを比較し
上記4名であることが分かりました。



前半後半とも堅苦しいクラシック曲は少なく
アレンジものが多かった。

でもさすがにベルリンフィルのチェロセクション。
一人一人のソロがもう1番とか5番とか座る位置にまったく関係なく
すごい音がする。
12名のチェロの音が一体になるとこれはもうたとえようがない響き。

最初のクレンゲルの賛歌はもう定番だけれど
これは何度聞いてもシビレマス。
5番チェロが美味しいパートなのですが
イーゲンブリンクさんの音が素晴らしかった。

ピアゾラのリベルタンゴも、もうノリノリでした。

休憩時にTVカメラがRAブロックはいり
あちこち撮影を開始。報道カメラマンの姿も。
あれ?何か変?と思っていたら

なんと

天皇皇后両陛下がおいでになられました。
ここで場内全員がびっくり。
全員起立し拍手で両陛下をお迎えしました。
RBブロックの最前列に両陛下は着席されました。

後半は12名のメンバーもすごくリラックスし
楽しみながら弾いていました。

ショスタコのリリックワルツもちょっと哀しげな旋律がとても美しかった
けど、
一番良かったのは
プレスリーのラブミーテンダー。
クワントのソロ聞いてて涙腺が緩んできました。

アンコールは3曲
1曲目は定番のピンクパンサー
2曲目は初めて聞いたけど
Hクネフ作曲の
私に赤いバラの雨がふるはずなのに
そして
3曲目が
荒城の月

天皇陛下はじっと身を身を乗り出して聞いておられ
3曲目の荒城の月では起立されて拍手されていらっしゃいました。

アンコールが終わって12名のメンバーが立ち去ると
両陛下もご退席になられ
会場内はまたもや起立して拍手でお見送り。

前回と3名もメンバーが入れ替わっていたとはいえ
今回も質が高く、洗練されたアンサンブルを聞かせて
くれたベルリンフィル12名のチェロ。

両陛下もきっと満足されてお帰りになられたことでしょう。

///////////////////////////////////////////////////////////

追記

こちらで両陛下の動画が見られます。

アンコール2曲目は皇后陛下
アンコール3曲目は天皇陛下
に捧げ、それぞれ演奏されました。


今回の来日公演を断念された
ゲオルグ・ファウストさんが1st チェロを
弾いた
ラブミー・テンダーはこちらで見られます。


追記(2012・3・19)
2010年7月来日の際のコンサートはこちら
[PR]

by hideonoshogai | 2008-07-13 22:52 | チェロ | Comments(17)  

Commented by mototot at 2008-07-14 00:14
レポートお待ちしてました。
あーすばらしかったでしょうね!行きたかった!
Commented by かげみ at 2008-07-14 01:58 x
私は、RAにいました。

休憩時にビールを飲んで帰ってきたら、ものものしい雰囲気になっていて、何かと思っていたら、、でした。
特に誰がそうしてくださいと言った訳ではないのに、起立して拍手してしまうものなのですね。

帰りに間違えて裏門から出てしまったら、演奏後のチェリスト達とご歓談らしく、出発なさらないお二人を待つSP達に、またもや出くわしてしまいました。
Commented by hideonoshogai at 2008-07-14 13:01
mototyoさん、いや~良かった!動画2つ追加しました。
昨日の雰囲気を少しだけでも味わってくださいませ。
結局キャンセルは出なかったんですね。残念でした。
次回は一緒に聞きに行きましょう。
Commented by hideonoshogai at 2008-07-14 13:07
かげみさん、こんにちは。昨日はお互いあのコンサート聴けて良かったですね。これでまたまたチェロの魅力にノックアオウトされてしまいましたね(笑)。
RAで聞いておられたんですか。そうすると自分の真向かいの席でした。かげみさんには気がつかなかったです。

両陛下がいらしてからは、とても貴重な時間を会場内のみんなが共有している幸せというか、
なんとも贅沢な1時間でした。両陛下もほんとに喜んで聞いておられましたね。自分の席からはお二人の表情がすごく良く見えましたよ。
Commented by まっしゅ at 2008-07-14 17:55 x
こんにちは。
昨日のコンサート、ホント素敵な音色でした。
初めて聴きに行ったのでちょっと感激でした。
「ラブミーテンダー」良かったですね~。(音色にうっとり)
曲によっては、楽器のいろんなところで音を出していたのが面白いですね。
あと、12人のうち、ほとんど?が比較的若い方だったのでなんか意外でした。

~私は1階席の後ろ端にいたので、両陛下はちらっとしか拝見できなかったのですが、退場されるときは、気がついたら自然と私も起立して拍手してました(苦笑)。
Commented by hideonoshogai at 2008-07-14 18:18
まっしゅさん、こんにちは。
昨日は、ほんとに彼らの演奏をライブで聴けて良かったですね。
あんなに多彩な音が出せるのにびっくりしました。

自分の席からは12番チェロのレーアさんの音がばっちりだったのですが、ほんとに彼も上手くてうっとりでしたよ。

両陛下がいらしてことで会場の雰囲気がいっそう和やかになり
とても満ち足りた時間でしたね。
Commented by かげみ at 2008-07-14 18:28 x
ドリンクバー?の所で、知った顔にお会い出来る事が多いのですが、昨日は人が多く、探すのをあきらめていましたが、hideoさんはほとんど真向かいの席にいらしたのですね。

私の位置からは、両陛下のご様子はほとんど見えませんでした。
Commented by hideonoshogai at 2008-07-14 18:43
かげみさん、どうも。昨日は休憩時にドリンクバーのところを2回ゆっくり通過しましたが、ホントに人が多くて、通るのが大変でした。
じゃあ、あのあたりでビール片手にリラックスされていらしたのですね。確実に近くを素通りしていました(笑)。

今回キャンセル待ちチケット3枚でて
LA3、RA5、あと一回の最前列の中からLA3を選んだのですが
実はRAにするかLAにするかずいぶん悩んだんです。

いつも東京フィル定期ではRAなので、たまには
LAにしてみようという単純な理由でLA選んだのですが
コンサートのあいだずっと両陛下の様子が見えて
ラッキーでした。
Commented by ダンベルドア at 2008-07-15 22:27 x
これ陛下がこられたということでテレビのニュースで何度も見ましたが聴きたいチェロの音がナレーションで邪魔されてよくきけないのがフラストレーションでした。
Commented by hideonoshogai at 2008-07-15 23:45
何度もTVで見られましたか!実は一度もTVでは見ていなくて、ネットで検索したら、動画があったのでアップしました。各局で放映している映像はまったく同じですね。会場でTVは一台で収録していましたから、その原画を各放送局がアレンジして放映しているんですね。最初はANNの動画をアップしましたが、チェロの音声がないのでチェロの音が聞けるFNNの映像に替えました。
Commented by jadegreen_garden at 2008-07-16 23:50
こんばんは。はじめまして^^
Blogへの書き込みありがとうございました!
とても楽しいコンサートでしたね!
hideoさんがリンクをされていたニュースサイトを見て
自分がごまつぶくらいに写ってるのを目撃してしまいました^^;
(本人しか分からないくらい小さいですが)

チェロ奏者の方からお声かけ頂けるなんて、
とっても嬉しくて興奮ぎみです!
私は音楽は聴く専門で、どちらかというと美術系というか、
シルクスクリーンと写真の創作活動をしています。
もしよろしければ、今後もチェロの良い情報を
教えて頂けるととっても嬉しいです!
どうぞよろしくお願いします!
こちらのBlogとリンクさせて頂きました。
併せて宜しくお願い致します!!
Commented by hideonoshogai at 2008-07-17 16:18
緑碧さん、(←このHNでよろしいですか?)
いらっしゃいませ!
カキコミどうもありがとうございます。

あのニュースに写っているんですか!?
そうするとかなり下の列にお座りだったんですね。
私の席からもかなり近くでした。
もっとしっかり見ておけば良かった(笑)。

あの、チェロ奏者って呼ばれるのは、なんだか面映いです。
自分はプロではないし、週末にちょっと弾くだけの
アマチュア・チェロ弾きですから。。

チェロやコンサートの情報はできるだけアップしていきますので
(かなり個人的好みに偏っていますが)
これからも時々覗きに来てくださいませ。

こちらこそ、どうぞ宜しくお願いします。
Commented by キャロ at 2008-07-17 23:15 x
はじめまして。ブログへの書き込みありがとうございました。
コンサートから早くも4日が経ちましたが、私もまだ興奮気味ですよ。

先日のコンサートへ行ってから、12人のチェリスト+2名のコントラバスのアンサンブルをますます生で聴きたくなりました。
ですが、ドヴォルザークホールまでは遠いです…。
Commented by hideonoshogai at 2008-07-17 23:33
キャロさん、いらっしゃいませ!コメントありがとうございます。
えっ、12人のチェロ+2名のコンバスっていうアンサンブルもあるんですか?ドヴォルザークホールってことはチェコフィルのメンバーが演奏するんですね。
コンバス入ると音にもっと厚みがでますね。
低弦が好きな人にはたまりませんね。
Commented by キャロ at 2008-07-19 10:07 x
再びおじゃま致します。
チェコフィルメンバーによる低音アンサンブルは
Virtuosi Di Basso(ヴィルトゥオージ・バッソ)
といいます。ご参考までに…。
Commented by hideonoshogai at 2008-07-20 00:40
キャロさん、情報ありがとうございます。
こんど、そのVirtuosi Di Basso(ヴィルトゥオージ・バッソ)
チェックしてみます。
Commented by hideonoshogai at 2008-07-20 22:04
今回の新メンバーは4名でした。追記で修正しました。

<< 除湿器の威力 Morkのブラームス2番 >>