アントニオ・メネセスのエルガー


5月30日仕事が終わらなくて紀尾井ホールでのリサイタルを聞き逃したメネセス。

明日午前BSでエルガーチェロ・コンチェルトの放送があります。
アンコールはバッハ無伴奏1番からサラバンド。

BSが受信できない場合は
今度の日曜のN響アワーでエルガーのチェロ・コンチェルトのみ放送します。

NHKさん、やけに親切。
メネセスは確かカザルスのゴッフリラを譲りうけたと記憶していたけど
Wikipedia には楽器はガリアーノと書かれています。
エルガーはどちらの楽器で弾くのでしょうか。

これは録画しなくちゃ。(←楽しみです)
[PR]

by hideonoshogai | 2008-07-03 15:34 | チェロ | Comments(6)  

Commented by ダンベルドア at 2008-07-03 22:44 x
カザルスのゴフリラーはバッハのCDではメネセスが使用していました。その後フランスの女流チェリストのアンネ・ガスティネルのハイドンではカザルスの遺族から許可されたということで使用しています。メネセスはカザルスのゴフリラーの後→別のゴフリラー→ビヨーム→現在はガリアーノだそうです。(vcyoyoさんのブログによる)
Commented by hideonoshogai at 2008-07-03 23:36
こんばんは。情報ありがとうございます。
今はカザルスのゴフリラー弾いてないんですね。
メネセスはまだ音源を聞いたことがないのでどんな風にエルガー弾くのか楽しみです。
ところで、関西でのチェロ生活すごく充実されていて、いいですね。
Commented by ninja at 2008-07-04 00:14 x
名器とはすごいものですね。人は亡くなっても楽器は時代を越えて生きている。
最近アンヌ・ガスティネルのベートーヴェンを聴き続けているのですが、彼女はカザルスの弟子なんですね。カザルスが60年も愛用した楽器の使用許可が遺族からだされるとは並大抵の実力ではないのでしょうね。、魅力的なチェリストです。
決して派手ではないけれど、心に響く存在感があります。
ちなみにこのcdの楽器は1690年のテストリーノですって。
2004年の録音です。
Commented by hideonoshogai at 2008-07-04 08:03
おはようございます。ほんとに名器は何百年もずっと引継がれて鳴り続けている。凄いことですね。アンヌ・ガスティネルは、まだ音源を聞いたことがありません。You Tube にアップされてないかな?ぜひ一度聞いてみたいですね。
Commented by ninja at 2008-07-04 10:20 x
you tubeにバッハのプロモーションヴィデオのようなものはあります。引っ張れないのでAnne Gastinelでご覧下さい。フィンガリング、すばらしいです。今年国内版も出たんですね。
あとショスタコのソナタもあった。もっとあるかもしれませんが。。。
おかげさまでいまメネゼス聴いてます。
Commented by hideonoshogai at 2008-07-04 17:02
ありがとうございます。動画、見つけました。

<< 緑のチェロ 温めてはいけない >>