京の旅(2日目:梅宮大社)

前日とは打って変わって朝からどんよりした空模様。
京都駅市バスD3乗り場から「28系統」のバスに乗車し
約30分で梅宮大社に到着。
月曜の午前中ということで観光客は我々と
もう一組のみ。

お酒の神さまとして有名で灘の酒ダルがたくさん奉納されている。
音楽・芸能の神様でもあるらしく、お守りを購入。

お庭はそれほど広くはないが
まず入り口正面に咲耶池(さくやいけ)があり、その中央に趣のある池中亭がある。

d0010720_11594338.jpg


その右側へ池がひろがっているが
花ショウブ、平戸つつじそれに松のコントラストが美しい。

d0010720_1222418.jpg


d0010720_122453.jpg


睡蓮も咲いていた。

d0010720_1233684.jpg


裏にまわると勾玉池があり、花ショウブが一面に咲いていた。

d0010720_1395457.jpg


池の反対側には
山アジサイがほぼ満開だった。
普通のアジサイよりも色や形にバリエーションがあって、とても可憐だ。

d0010720_1251221.jpg


d0010720_1252636.jpg


d0010720_1253945.jpg


d0010720_12554100.jpg


↓は「マイコ」という名前の山アジサイ。
舞妓さんと関連あるのかどうかは不明

d0010720_1261032.jpg


ここのお庭もこじんまりとしていたが、花ショウブ、つつじ、睡蓮、山つつじが
美しく、1時間以上のんびりしてしまった。
桜、もみじは勿論植えてあるので、春秋も楽しめそう。
梅の宮なので、梅苑もある。
また違う季節に是非もう一度訪れてみたいと思った。

////////////////////////////////////////////////////////////////

追加:梅宮大社のHP(http://www.umenomiya.or.jp/hanadayori.html)
    によると、花菖蒲は今週末がピークのようです。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-06-05 12:11 | | Comments(4)  

Commented by ninja at 2008-06-05 22:28 x
雨にたたられた日もあったようでしたがのんびりと京都旅行を楽しまれて良かったですね。コメントや写真を拝見していると、今回はお庭、花巡りの旅だったみたいですね。ちょうどお花の季節ですものね。どこに行っても、つつじ、花菖蒲、山紫陽花、睡蓮など美しかったことでしょう。勧修寺の池の睡蓮もさぞかし、と想像しております。私も合唱の合宿で蔵王に行ってきました。緑の中でレフレッシュしました。
Commented by hideonoshogai at 2008-06-06 11:30
今回は、3日間あったので、もったいない気もしましたが、見るのは一日2箇所にしました。2箇所だけとはいえ、移動も含め半日以上かかり普段よりもかなり歩くので、結構疲れました。見に行ったところはどこも全く初めてだったのですが、美しいお庭、花々などほんとに見事で、凄く良かったです。
蔵王は懐かしいですね。大学時代によく日帰りでスキーに行きました。ああいうところで歌えたら、清清しくてとても気持ちがいいでしょうね。
Commented by pearblossom at 2009-01-11 10:00
記事拝見しました。お庭の花々見事ですね。京都はほんとに日々季節を感じ
その季節が変わっていくさまを日々の生活で感じる事が出来て素敵です。
舞妓さんという紫陽花かわいいです。息子が6月生まれで紫陽花がたくさん咲いていた時期で、紫陽花は特別な思い入れがあります。
梅宮大社是非一度訪ねてみたいです。ありがとうございました。
Commented by hideonoshogai at 2009-01-11 23:30
Pearblossomさん、こんばんは。
桜や紅葉の時期の京都はどこへ行っても人人人で、ゆっくり観光することができないので、梅雨いりまえで新緑も綺麗な時期を選びました。梅宮大社はこじんまりとしていてとても家庭的な雰囲気のあるお庭でしたよ。山紫陽花は、神社のご主人がわざわざ新種を探してきてお庭で育てているそうです。紫陽花は色や形が多彩で楽しめますね。息子さん6月生まれなのですね。
ぜひ紫陽花を見に行ってみてください。可愛い猫ちゃんもいますよ。

<< 京の旅(3日目:随心院、勧修寺) 京の旅(一日目:善峰寺) >>