C線かG線か

普段、平日は帰宅してからチェロを弾く時間はないので週末にまとめて練習するしかない。
今週末は土日も仕事がはいっていてチェロを弾けないかも。
週末にチェロを弾けないとすごく辛い。
気分転換ができないというか
一週間分の仕事のストレスを発散させることが出来ないからでしょうか。

ところで
ブラームス・チェロソナタ1番の冒頭の主題。
チェロ弾きなら誰でも知っている憂いを帯びた旋律。
今までは第2ポジションを使い最初の1小節をC線で、
次の2小節目をG線で弾いていた。
でも、ここは旋律なので
やっぱり冒頭3小節は全部C線でひかなきゃならないのでしょうね。
C線で弾くと音程がかなり微妙。
じっくりC線で弾く練習をすることにします。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-05-09 07:36 | チェロ | Comments(3)  

Commented by tomo at 2008-05-09 09:30 x
レッスンでC線を指定されました~。
難しいけれど音の太さはやはりC線がよいですね。
Commented by たこすけ at 2008-05-09 09:37 x
僕は練習したことがありませんが、
以前、何かのドキュメンタリー番組でヨーヨーマが曲の冒頭を弾いている場面がありましたが、C線だけでやっていました。あの音にクラッと来ました。
Commented by hideonoshogai at 2008-05-09 12:40
>tomoさん、やはりC線なんですね。
C線の4ポジより上は線が太いから押さえるが大変。
シ、ド、がピタっと決まらないです(汗)。

>たこすけさん
ブラソナはマ様の音源をいつも聞いています。「ゆったり」、「ふくよか」「哀しげ」、、
何と表現したらいいのか、うまい言葉が見つかりませんが。。
ホントにクラッときますね。

<< 東京フィル第753回サントリー定期 ピッチカート >>