ジャン・ワンのドボコン

以前からず~っと探していたのですが、音源がなかった。
でも今日やっと見つけました。

ジャン・ワンのドボコン。

1楽章の後半はこちらで
2楽章の後半はこちらで

いままでジャン・ワンのドボコンは聞いたことがなかったのですが
予想したとおり、素晴らしい音。
ホール中に響き渡る重厚な低音から
艶やかな高音まで、ほんとうに美しくてダイナミック。

昨年9月の来日時、名古屋でドボコン弾かれているんです。

ところで、この映像をアップされているかた。
かなりジャン・ワンがお好きなようです。

ドボコンだけでなく
エルガーのチェロコン、バッハ無伴奏2番4番それに6番など
一気に18も映像をアップされています。

このバッハは自分が聴きに行った王子ホール(2005年5月)の
全曲演奏会のもの。
2日連続で通い、無伴奏の譜面にサイン戴きました。
大事なお宝です。

小柄ですが手はとても大きくてがっちりしていて
暖かかった。いまでもあの感触が忘れられません。

ちなみに、ドボコンとバッハでは楽器が違います。
バッハのチェロがサブの楽器なのかな?
確か王子ホールのパンフにメイン楽器は調整中で
サブの楽器での演奏になるとの記載があったような記憶があります。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-04-18 23:18 | チェロ | Comments(4)  

Commented by ninja at 2008-04-20 13:06 x
ジャン・ワンさん、一度生で聴いてみたいチェリストですね。
今年はチャンスあるかな~。
テレビで演奏とお話を聞きましたが、素敵な方でした。
最近、つくずく思うのだけれど、プロは皆さん上手いわけだから、最後は自分が感動する演奏かどうかですね。
チェロの場合、私はハイドンはここ、ドボコンはここ、って自分だけの聴きどころがあったり、バッハのプレリュードはこんな風に、サラバンドは、白鳥は。。。って、自分が感動するポイントがあって、そこの部分を聴いたとき、ア~、そうそう、とか、え~そうくるの?とかいろいろあります。でもなかなか全部が良くはないのも事実です。リスナーは勝手なものです。(笑)
Commented by hideonoshogai at 2008-04-20 22:10
こんばんは。ジャン・ワンの生は自分も連続無伴奏の2日間だけで、まだコンチェルトは生で聴いていません。ほとんど毎年来日されているような気がしますが、今年はどうでしょうか。是非、ドボコンかハイドンを聞いてみたいですね。
「自分が感動する演奏かどうか」って、わかります。
やはりLPやCDなんかでよく聞きこんだ曲は頭の中にどこが聞きどころかインプットされているので、そこをはずされると、ちょっとちがうかなぁとか、物足りないなぁ、とか思ってしまいますね。
でも、普段聞きなれている音楽とは、まったく違う解釈の斬新な演奏だったりするとそれはそれですごく新鮮で感動します。
Commented by ダンベルドア at 2008-04-20 22:15 x
確かメインの楽器は名器アマティ。本当に美しい楽器で素晴らしい音です。
王子ホールのときは借り物のゴフリラーだったと聴いたことがあります。

ジャンワンは本当に聴いてみたいチェリストですね。
Commented by hideonoshogai at 2008-04-20 23:11
こんばんは。引越しどうもお疲れ様でした。そうでした。王子ホールの時は借り物のゴッフリラだったかもしれません(最近記憶力が衰えてダメです)。メイン楽器のアマティは、ほんとに良く鳴りますね。ブラームスのピアノ3重奏のCDでジャンワンのチェロを始めて聞いたとき、あまりの音の凄さにびっくりしました。最近リリースされたセルシェルのギターとのデュエットのジャケ写にチェロ写っていますが、やはりドボコンのチェロと同じ色。あれもアマティの音色なのですね。

<< レッスン(55回目) 練習熱心 >>