ウルフ・キラー

この前の日曜にチェロ弾いてからずっと平日はチェロを弾けず
今夜はひさびさに音だししました。

3月20日に弦を4本交換し、ちょうど9日目。
なんだか楽器が良く鳴ります。プリムではウルフ・サウンドが
あまり気にならないのに、今回はG線4ポジのEのウルフがちょっと目立つ。
それだけ楽器が鳴りすぎるということ。
普段はウルフ・キラーをつけていないのですが
練習バックの中からゴソゴソとウルフ・キラーを取りだしてつけました。

するとD線が全然鳴らない。
A線もこもった音に。G線はおとなしい音になってしまう。
ウルフが消えるというよりもEのウルフがなくなった変わりに
Disにウルフが。

ようするにウルフ・キラーをつけても
ウルフ音がきえるわけではなくて、ウルフの出る場所が
変わるだけ。
それでいて、楽器の音が全体におとなしくなってしまうのでは
ウルフ・キラーをつける意味なし。

そういうわけでウルフ・キラーはまたまた
練習バックの中の備品となったのです。

3月13日に「エレジー」のレッスンを受け
月末にもう一度最終レッスンとのことでしたが
どうも都合がつかず発表会前にレッスンを受ける時間が
ありません。

なのでこれまで何度も指摘されたことを注意しながら個人練習。

譜面を見ずに「エレジー」を5回ぐらい通して弾きました。
なんとか譜面なしでも最後まで行けそうな感じ。
でも、ちょっと不安なところもあります。

明日は花見であまりチェロひけそうもないし
月~水も練習する時間はないし
そうなると3日の発表会前に練習できるのは
あとわずかな時間のみ。。。

もうここまで来たら、なるようにしかなりません。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-03-29 23:48 | チェロ | Comments(2)  

Commented by ninja at 2008-03-31 00:12 x
いよいよなんですね。ずっと弾いてらっしゃるし、きっとご自分のものになってるとおもいます。
それにピアノとあわせるときっと楽しく弾けるのでは?
ご成功祈ってます。
Commented by hideonoshogai at 2008-03-31 08:03
おはようございます。応援メッセージありがとうございます。
何度弾いても、毎回、「ここダメ!」ってところがあって、ちゃんと弾けるのか心配です。
昨日は1時間だけ弾きましたが、右手と左手にかなり疲労がきていて、
痛みがありました。肩こりもすごくて。。
なんとか無事に終わって欲しい(笑)。
ピアノあわせは当日の午前中のみ。それも自分以外にもあわせる人がいるので、2回通して合わせられるかどうかです。
ピアノがはいるとまた感じ変わると思います。

<< 夕張メロンオケ2008 ウェン・シン・ヤンさんの画像 >>