ウェン・シン・ヤンさんの画像

ヤンさんの動画検索したら2つありました。

バッハ無伴奏1番プレリュード

DVDの映像と同じ教会かもしれません。
ゆっくりめのテンポで重厚な響きです。

あと

ドボコンから1楽章の冒頭

かなりノイズがはいっているのが残念。
でもやっぱりすごく上手いなぁ。
このあとも聞きたかった。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-03-27 13:35 | チェロ | Comments(8)  

Commented by ninja at 2008-03-27 23:23 x
この画像はdvdのものです。はじめウェンシンさんがチェロを背負って丘を登ってこの小さな教会に入ります。
演奏の前に曲の解説を本人がされて、2番ヘ移り、また解説、そして3番と進んでいきます。
私のは2005年に出た輸入版なので、そんなにしなかったと思う。だから日本語のsubtitleはありません。
そして解説無しの演奏だけのcdも二枚ついているのですから、お得だと思います。すごく背の高い方ですね。190cmはあるかしら?とっても丁寧なバッハです。
Commented by hideonoshogai at 2008-03-27 23:45
ウェン・シン・ヤンさんは、かなり背が高かったです。185ぐらいかなと思いましたが、もっとあるかも。
DVD本人の解説がついているんですか。どんな解説なのか興味があります。  先日のリサイタルのパンフでもヤンさんご自身が解説書かれたいました(ご自身で解説するのが好きなのかも)。楽器は、「バッハの時代に作られた」とありました。この動画で聞いても豊かなチェロの音ですね。
Commented by ninja at 2008-03-28 23:00 x
hideoさんに刺激されて、今夜しばらくぶりでヤンさんのバッハ、じっくり聴きました。ついつい全曲聴いてしまい、ご飯のあとかた付けもしないまま。
買った時は部屋でも車の中でも聴きまくっていましたが、そのあとペレーニ先生のバッハのdvdが出て、今度はそちらにはまってしまい、ヤンさんのはしまわれていました。
ヤンさんは教育にもたずさわっいるようで、解説もとても丁寧です。
見ごたえ、きき応えがあります。
まるで素敵な映画を見た後のように、何もしたくない感じ。。。
そうも言ってられません。明日は早いのでした。
Commented by hideonoshogai at 2008-03-28 23:27
こんばんは。ヤンさんのDVD一気に全部見てしまったのですか!やはりかなり魅力的な映像と音なのですね。ヤンさんは1995年から1997年はザールブルッヘン音楽院で2004年10月からはミュンヘン大学でチェロを教えているそうです(←パンフからの情報)。
なんだか自分も映像じっくりみたくなりました。
ところで、この教会とても美しいところにありますね。ドイツのどの辺りなんでしょうね。
Commented by ninja at 2008-03-28 23:44 x
南ドイツのアルプス山中の村のロマネスク様式の教会、ということです。
見た感じはとても質素な教会です。
ブルネロもアルプスに登ったり、富士山に登ったり、サハラ砂漠に行ったり、バッハってそういう場所で弾きたくなるものらしいですね。
Commented by hideonoshogai at 2008-03-28 23:53
南ドイツですか。ほんとに美しいところですね。アルプスや富士山に登ってチェロ弾くのは無理なので、桜吹雪の中でバッハなんていいかも。これは日本人じゃないと体験できないから、一度やってみたいですね。
Commented by まっしゅ at 2008-03-29 12:18 x
はじめまして、私も趣味でちょこっとチェロをやっているものです♪
先日(25日)、ヤンさんの演奏を聴いて関心をもち、こちらの映像なども見させていただきました。
なんかこのバッハのプレリュードの映像より、実物のほうがずっと若々しい感じがしました(苦笑)。(この間は笑顔が多かったせいでしょうか~)
Commented by hideonoshogai at 2008-03-29 23:19
まっしゅさん、いらっしゃいませ。自分も実物のヤンさんの方が若々しくて素敵だなぁ、と思いました。演奏は勿論ですが、ほんとに笑顔が良かったですね。
まっしゅさんもチェロ弾かれるのですね。これからもよろしくお願いします。

<< ウルフ・キラー kamさまへ(私信失礼) >>