エルガー節―その2-

昨年3月5日の日記
エルガーの「ため息」の譜面を紹介しましたが
その時は動画がまだ見つかりませんでした。

昨夜、Elgar sospiri で検索したら一つだけ、動画が。

↑この動画はいつの間にか見られなくなりましたが
最近また新しくアップされたので
画像をはりつけておきます。2009.3.3追記






このナタリー・クラインというチェロ弾きはまったく知りません。

ひさし振りに「ため息」の譜面を音源聞きながらみてみると
やはり八分音符をたっぷりためて弾くところがあります。

d0010720_02126.jpg


5小節3拍め、9小節3拍目。
エルガー節は八分音符で動く所がポイントのようです。
譜面の主題は音源で2:05からです。

ここでナタリー・クラインのエルガー
チェロコンチェルト視聴できます。
チェロコン以外にもエルガーの小品をチェロ+オケにアレンジして
ますね。

↑で視聴できる「in Moonlight」の旋律 は「南国にて」でも出てきますが
やはりエルガー節ですね。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-02-09 23:54 | チェロ | Comments(4)  

Commented by ninja at 2008-02-10 01:29 x
3月5日の日記に行って見ましたが、だいぶブルネロで盛り上がっていましたね。何だかみんな若いような。。。気のせいかな?いや、一年と言えないですから。
ナタリー・クライン、まだ20代?
昨年エルガーyearでオールエルガーのcdを出したのは知ってましたが、買ってはいません。確かにどこかデュプレに似ているかもしれませんね。ボウイングかしら?
Commented by hideonoshogai at 2008-02-10 23:54
ほんとに、随分ブルネロでもり上がっていましたね。
ナタリー・クラインはイギリスのチェリストなんですね。だからデュプレと比較されるのでしょうか。sospiri、個人的にはアレンジでなくて、クレンゲルの譜面で録音して欲しかったです。
Commented by ダンベルドア at 2008-02-11 15:19 x
この曲は弦楽合奏では良く聴きますがチェロでは初めて。
ナタリークラインのため息。
ソット・ヴォーチェとヴィブラートがため息を表現しているのでしょうか。
この音って二胡みたい。
個性はありますね。
Commented by hideonoshogai at 2008-02-11 22:41
確かに最初のほうは、二胡みたいな音ですね。この曲だけ、そういう音にしているのかもしれませんね。チェロでこの曲はおそらく初めてじゃないでしょうか?オケ版では、結構CDありますが、エルガー2番と一緒にバルビローリが録音している演奏が一番気に入っています。

<< 3連休 エルガー節 >>