たった2日間

昨夜は、早めに帰宅できたので夕食後に50分ほどチェロを弾けました。
月曜、火曜とたった2日間楽器に触れていないだけなのに
いざ弾こうと思うと、弓が右手に馴染んできません。
以前紹介したナヴァラのボーイング・テクニックの右手の練習を
D線G線開放弦で全弓、元弓、先弓で繰り返し何度も。
30分ほどやっていると右手首がだいぶ柔らかくなってきます。

チェロの音も日曜に比べ響きがイマイチ。
エレジーをさっと通して弾いてみましたが
6連符が連続するところがちゃんとテンポ通りに弾けません。
3つ目と6つ目の音がキチンと出ないで転ぶような感じになってしまいます。

ゆっくりしたテンポで何度も繰り返し弾いたあと
イン・テンポに戻すと、やはり転ぶ。
う~ん、そうとう弾きこまないとダメなのかも。。。

そのあとはモーツァルトの弦楽四重奏ハ長調のチェロの刻みの練習。
普段オケや室内楽をやっていないので
チェロの基本中の基本の刻みの練習ができていないのです。
冒頭の4小節を繰り返しテンポを変えながら何度も。
きちんとテンポどおりに刻めていない。。刻みが揺れる。。
基本が出来ていない。。。。

ここまでやってFMを聞くと趙静さんのチェロ・リサイタル放送中。
アンコールでオビリビオンをやっていました。楽器を手入れしながら
しばし、聞いていましたが、映像つきで音源を聞く時と音声だけ聞く時では
やはり音源だけのほうがシビアな耳になりますね。
チェロはやはり音程が難しい楽器であることを再認識。
アンコール2曲目のショスタコのチェロ・ソナタの2楽章は
エチュードみたいな曲でした。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-01-31 11:46 | チェロ | Comments(2)  

Commented by mototyo at 2008-01-31 12:31 x
hideo兄おひさしぶりです。
音程の話。 合奏でしごかれていますが、ほんの0.5ミリくらいのずれがピタっとあったときはぜんぜん違いますね。
ソロだと、わかりにくいですが、それでも合ってないときは、なーんか気持ち悪いな~~って感じがたよりかな。
屋外演奏魅かれますね。
青チェロ(いかん、やめなさい)
でもその前に暗譜しないとレパートリーがないからな・・・。
うんと暇があったら、ローカル線に乗って、あ、あそこの河原よさそ!ってんで降りて弾いて、また乗って・・・なんてやってみたい・・・。
Commented by hideonoshogai at 2008-01-31 17:59
チェロの音程は、第1ポジションが一番難しい。。。
ほんとに、ほんの0.数ミリずれただけで音が違いますからね~~。
青チェロ(←こういう言葉ってさらッと出てこないですよね)
良いですよね。ソロも勿論ですが
屋外でチェロ・アンサンブルなんかも気持ちいいでしょうね。
暗譜は自分も苦手なんですよ。きっと楽譜みてどの音かよ~く考えずにすぐに指が反応するからでしょうね。弾く時に音を歌いながら、弾くと暗譜しやすくなるような気がします。それでも暗譜できなきゃ、洗濯ばさみを2,3個、譜面・譜面台と一緒に持っていけば良いですよ。温かくなったら、お弁当もってチェロもって屋外へ。。。。

<< 如月 52回目レッスン >>