並か上か?-続き-

昨日、恵比寿のG弦楽器へ弓を引き取りに行きました。
毛替えしていただいた時は、毛の長さがOKかどうか、受け取る前に必ずチェックします。
いつもながら、G弦楽器の職人さんの毛替えは見事です。
顔を弓に近づけて、フロッグから弓先まで毛の面を眺めると
毛がほとんど乱れておらず綺麗な平面になっています。
これが、いい加減なところだと、毛の長さが不ぞろいなので、綺麗な平面にはなりません。

標準毛は4000円、上質毛は6000円なので、
2本で計12000円。
メイン弓は年2,3回、サブ弓は年1回ぐらいで張替えていこうと思います。

ここで、ふと疑問が。。。
上質毛を年2回替えると12000円。
12000円あれば、標準毛は年3回毛替できます。

お店の方に
「標準毛で年2回毛替えする値段で、標準だと3回替えられますが
どっちがいいんでしょうね?」

そしたら、お店の方が毛のサンプルを見せてくださって
「これ標準と上質の毛のサンプルなんです。
見た目は差はないですが、1本試しにひっぱって切ってみてください」

標準か上質がわからないけど、両端から引っ張ってみると「プツッ」と簡単に切れました。

「じゃ今度はこちらを切ってみてください」

もう一方の毛を切ってみると
さっきの毛に比べ、切れるまで少しだけ力が余分にいるように思いました。

「あっ、こっちの毛の方が力が要りますね」
「そうなんです。そちらが上質毛になります。」
「標準と上質では、毛の強さが違うんですよ」
「なるほど、そういう違いがあるんですか!」
ということで、毛のランクは毛の強さの違いだそうで、
標準と上質では馬の種類も全然違うとのこと。
やはり上質毛の方が毛の腰が強くて良いのですね。

昨夜は帰宅してから、音出し出来なかったので、
今夜は松脂をたっぷりつけて3本の弓を弾き比べてみます。

今月はまだ時間がなくてレッスンの予約をとれずにいましたが
明日の午後、今年最初(通算52回目)のレッスンです。
さあ、ドッツアウア58番はOKでるかどうか。。。
[PR]

by hideonoshogai | 2008-01-25 17:41 | チェロ | Comments(4)  

Commented by ninja at 2008-01-25 21:22 x
hideoさまも明日レッスン?
私もです、奇遇ですね。最近めっきりエチュードがいやになって、ついつい後回し。曲の方からばかり練習するものだから、悪循環。
だんだん難しくなってくるとエチュードも時間がかかって億劫ですね。ともかく明日はお互いがんばりましょう。
Commented by hideonoshogai at 2008-01-25 22:23
ninja姉も「26日にレッスン!」っておっしゃってましたね。今回は毛替えがあったのであんまりさらえてないんですよ。エチュードは、大変だけどあんまり嫌いじゃなくて、曲よりもエチュード弾く時間のほうが多いかも知れません。明日は朝一で週末の買出しにいって、帰ってきたらすぐに練習。頑張りましょうね!!
Commented by ninja at 2008-01-25 22:31 x
ハイ、今心を入れ替えてドッツァウアー弾いてます。上手く弾けるときれいですからがんばります。美味しいものいっぱいお買い下さい。
Commented by hideonoshogai at 2008-01-25 23:44
ドッツアウアは奥が深いですね。最初の方の曲も、いろんな弾き方で弾いてみると難易度が全然違ってきて。左手の形つくるにもすごくいいし、あなどれないエチュードです。うちの師匠の口癖は「バッハ弾くなら、まずドッツアウアから!!」です(笑)。

<< 52回目レッスン チケット届く >>