忘年会

昨夜は都内で仕事がらみの忘年会。

実は忘年会へ行こうかどうか随分迷ってました。
というのも昨夜は習志野文化ホールでルトヴィート・カンタさんの
リサイタル(150席限定)があり、
午後ホールへ電話したら、150席のうちまだ20~30席は
空席があるとのこと。。
「忘年会やめてリサイタルへ行ってしまいたい」という
思いがかなり強くなってました。

ただ、忘年会で知人と相談する要件があり
そちらをドタキャンするわけにも行かず、仕方なく忘年会会場へ向かいました。
忘年会といっても立食パーティで、午後7時開始、8時半には中締めとすごくあっさり
した会でした。
知人と仕事の打ち合わせも済んで、空腹も満たされたので早々に帰路につきました。

習志野文化センターには、チェロ・アンサンブルを2年間ずっと一緒にやってきた
仲間2人が聞きにきていて終演時刻と
自分が最寄駅に到着する時間がちょうど一緒になりそうだったので
車中からメールしたところ、
自分が最寄り駅に到着する寸前に「今終わった」と返信がありました。
改札で2人と合流し
そのあと11時近くまで3人でずっとチェロ談義。

カンタさんのことは2人とも全く知らなかったのですが、
昨夜のリサイタルを聞いて「すごくよかった~~!!」と言ってました。

やはり忘年会やめて、要件はメールで済ませて、
カンタさんのチェロを聞くべきだった、と残念がっても、もう後の祭り。

ピアソラの「天使のミロンガ」、ポッパーの「ハンガリア狂詩曲」聴きたかったです。
一番最後が「鳥の歌」だったそうですが、響きが独特だったそうです。

来年2月18日にまた東京文化会館でカンタさんの演奏会があります。
昨夜と同じ演目が多く小品が中心になるようです。

翌日の趙靜さんのブラームス・ピアノ4重奏も面白そう。。。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-12-11 22:09 | チェロ | Comments(0)  

<< 弦張替え 元町って? >>