チェロ漬けの日曜

今朝から、家内が友達と一泊旅行にでかけたので
騒音をだしていることを気にすることなくずっと練習ができました。
午前は9時半から正午まで。午後は1時から3時まで。正味4時間ほど。
息子はアマオケの練習に出かけて夕方帰宅するので
夕食の準備をし、洗濯物を取り込みアイロンかけをし
今やっと一段落。

ジョスランの子守唄は前奏のあとAからの主題をたっぷり弾くのが難しいですね。

d0010720_1732694.jpg


特にスラーのついた八分音符の2つ目。
ドラのラ。シドのド。ミドのドがどうしても短くなりがち。ミドは移弦がはいるので特に難しいです。

自分が実際に弾いているテンポよりもすこし遅れ気味に
なるぐらいの感じで弾けばよいのかな。
まだまだ練習必要です。

ドッツアウアーは次回は54番と55番を弾いてくるように前回のレッスンで言われたので、
一番時間をかけて予習。
55番の前半は重音がずっと続くのですが、LOEBの3度のスケールの練習が役立ち以前ほど苦にはならなくなりました。
でも音程はまだまだ微妙です。

ゴルターマン5番は冒頭の主題の2小節目の上げ弓の
ラーレファがどうしても音が弱くなるので1小節目と同じように圧がかかるようにすること

d0010720_175394.jpg


それから下から2段目最後の小節のFis → Es の
Es を一発でとれるようにすることが課題なのです。
どうしても音をさぐりながらグリッサンド気味に弾いていたのですが
それでは駄目だそうです。
なかなか一発でとれません。

La Foi はやはり音程を正確にたっぷり弾くのが難しいです。
まだまだ弾きこまねば。

ところで、C線の開放弦のビリツキとは違う種類のビリツキがまた
気になっています。開放弦のDをピチカートで思い切り鳴らすと

テールピースのあたりから異音がします。
楽器をひざの上にかかえておなじことをすると出ません。

なのでエンドピンのどこかが共鳴して異音が出ているのかも
知れません。
次から次へと、不具合が出てくるので、楽器のメインテナンスも
大変です。
もう少し様子をみて悪化するようならまたG弦楽器で診断してもらわないと。

G弦楽器といえば、今日は毛替えして初めて弾いたのですが
松脂も新しいので毛に松脂をつけるのが大変でした。
昨夜も20分ぐらいこすっていたのですが、全然だめ。
きょうさらに10分ぐらいこすってやっと音が出ました。
やはり毛が新しいと音も全然かわります。
発音も楽です。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-09-02 17:03 | チェロ | Comments(4)  

Commented by mototyo at 2007-09-03 21:25 x
hideo兄、家事にチェロにお励みとのこと、大慶に存じます。

ちょろさんが、ドッツアウアー、アップしてますよ!なんか、真剣さが伝わってくるの。
わたしは、2週間後に発表会ながら、きょうも先生とアップかダウンか検討会する始末。 うう、間にあわん・・・。
それだもんで、楽譜のこと聞くの忘れてます。すみません。
Commented by hideonoshogai at 2007-09-03 23:03
mototyoさん、こんばんは。おお、ちょろさん、36番アップしたのですか!凄いなぁ。あとで見てきます。
昨日はずっと家に篭っていて、全然歩いてないことに気づいたので、夕食後には、チェロ弾きたい気持ちをぐっとこらえて、
散歩に行きました。かなり涼しくなったので夜風が心地よかったです。
2週間後に発表会ですか。頑張ってください。
譜面の件は都合の良いときでいいですよ。
Commented by ninja at 2007-09-04 19:37 x
夕べ投稿したはずなのに今見たら何もないですね。
hideoさん、ジョスランの子守唄の楽譜、手に入ってよかったですね。子守唄っていうのは、美しく聴かせるのはむずかしいですよね。私はまだビブラートもならっていないので、譜面が簡単そうな小品でもだめです。まだ日もあるのでお母様に素敵な演奏を聞かせてあげてくださいね。
新しい毛に松脂つけるって大変なんですね。そんな記憶ないな~と思ったら、私は毛替えしたあと、いつも楽器屋さんにぬってもらって弾くばかりにしたものを受けと取っていたことに気がつきました。
今度自分でやってみますね。
だいぶ涼しくなってきたので、わたしもアイロンかけします。
mototさん、アンサンブルの発表会ですか?楽しそうですね。
私は8日、5週間ぶりのレッスンです。又泥縄式練習しなければ。。。
Commented by hideonoshogai at 2007-09-05 15:56
ninja姉、投稿されたのにコメントアップされてなかったですか?
たまにそういう不具合があるようです。
毛替えのあと新しい毛に松脂を塗るのは結構大変な作業です。
今回は松脂も新品なので、表面がつるつるで、なんどこすってもなかなか粉状態にならず、疲れました。
アンドレアの方がタルティーニよりも粉が少し粗いかも知れません。
ジョスランは美しく弾くのは難しいです。
できたらピアノとあわせてみたいです。こういう曲はピアノの伴奏からインスピレーションをもらいながら弾くと、また弾き方が違ってくるような気がしますね。

<< ボールペンで右手のトレーニング 楽譜入手 >>