そろそろ毛替え

これまで、弓の毛替えは6ヶ月に1回、だいたい1月と7月に張り替えていました。
3月に購入した新しい弓ベルナルドは、購入して5ヶ月ですが、
そろそろ毛替えの時期かもしれません。

今夜、夕食後にチェロを弾いたら、弓の引っかかりが悪いというか
発音がなんだかすごく悪かったです。
すごく力をいれないとちゃんと音がでません。

ここんとこ、ずっとそう感じてはいたのですが、
まだ5ヶ月なので、時期が早すぎるかなとも思っていました。
松脂多めにつけてなんとか弾いていました。

考えてみたら、今年は7月に夕張で3日間、相当弓を酷使しました。
きっと、これがいつもより毛替えの時期が早まった原因でしょう。

夕張では少なめに時間を計っても
1日目が5時間
2日目が10時間
3日目が5時間で合計20時間は弾いていました。

普段は土日で、多くても実質5時間ほどしか弾いていませんから、20時間というのは
通常の1ヶ月分の練習時間です。なので、いつもよりも1ヶ月早く、購入して5ヶ月で
もう音が出にくくなってきたのでしょう。

明後日は一日夏休みなので、もし時間があったらG弦楽器で毛替えをしてもらう予定です。

ところで、C線開放弦のビリツキですが、梅雨の後半には、またすこし現象がでて
修理前の20~30%ぐらいのビリツキ音がでていました。でも梅雨明けしたら
ビリツキなくなりました。やはり膠は相当湿度の影響を受けるのですね。
梅雨が終ったので来年の梅雨の時期までは、ビリツキが酷くなることはないと思います。

こうしてみると楽器や弓のメインテナンスも結構大変です。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-08-20 23:25 | チェロ | Comments(5)  

Commented by ninja at 2007-08-21 01:22 x
今頃気がついたのですが、あたしの弓もベルナルドみたいですわ。
hideoさんのブログ読んでいて聞いたことあるな~、なんてのんきな事思っていたのですが、どこにも名前が彫ってないし、これは無名だと(それはありえませんよね)。。。
いつだったかレッスン中に師匠が私の弓で弾いてくださり、<これ、いい弓ですね~>って。
それは弾き手がいいからだわ、ってしらけていたの。
いま、虫眼鏡で(悲しい)よ~く見たら、Bernardって。
プラスチックのチューブをつけていたので見えなかったのです。
ほんとにのんきなものです。自分の弓のメーカーも知らなかったなんて。どうぞお笑い下さい。
弓はhideoさんと兄弟ですね!よろしく。
Commented by hideonoshogai at 2007-08-21 10:11
ninjaさま、えっ~~!! ninja さんも弓Bernard だったんですか?
いやぁ~、びっくりです。虫眼鏡で見ないと解らないってことは、
Bernardでもかなり古い弓なのでしょうか。
ほんと弓兄弟ですね。
Bernardにしてから、これまで使っていたMorizot では
ほとんど弾かず、Bernardばかり使っていました。購入したときは
MorizotよりもBernardの方が断然歯切れがよく音量もありシャープな音がしていたのですが、昨夜、久々にMorizot 弓と弾き比べたら、Morizot の方がいい音がしたので、「ああ、これはもう毛替えしなきゃダメだ」となった訳です。
Commented by ninja at 2007-08-21 22:22 x
同じBernardでもhideoさんのとは格が違うと思いますよ。
だって、4年間も気にせず弾いてきたくらいの弓なんですから。
最初に買ったもので何にもわからなかった頃です。
でも右手はあまり注意されないからbowingはやりやすいのかな?
弓って、100万を越すのは全く別だけれど、50万くらいまでは値段だけでは判断できないと楽器屋さんが言ってました。
同じ値段でも私のは当たった方です。
Commented by hideonoshogai at 2007-08-22 09:39
ninjaさま、おはようございます。確かに、弓の性能は値段とは比例しないですよ。師匠も20万ぐらいでもすごく良い弓がある場合があるって言ってました。
Bernard の弓は、単に Bernard のスタンプだけの弓と
J.P. Bernard のスタンプの弓の2種類があって、後者のほうが
ランクが上です。値段も2倍ぐらいすると思います。
Commented by ninja at 2007-08-22 13:29 x
やっぱりね。。。
いま、また虫眼鏡で。。。だって、すごい小さな刻印なんですよ。
え~、全部大文字で、BERNARDって。文字は2mm足らず、 7文字で1cmくらいです。
J.P.は見当たりませんです、当然ですが。。。

<< 夏休み チェロ二重奏のよろこび >>